海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:Iphone

2015-12-06-21-34-49
飛行機の中のテーブルで暇つぶしに撮った写真。

気が付けば普段常に持って歩いてるものが革製品になってきている。
Iphoneのケースも革の奴をつけている。

当初はうすい茶色だったのだけれど、しばらく使っていると手あかで結局みんな同じような色になってしまうな。
財布代わりに使っているカード入れ、Iphone のケース、30年ほど使っている革のブックカバーに最近買ったトラベラーズノートというやつ。

全部で4点普段使っているものだけれど、ほとんどみんな同じような色になっている。
やはり耐久性という点において革製品は最高ではないかと思う。

古くなって小汚くなっていくのさえ気にならなければね。

最近半ば衝動買いしてしまったトラベラーズノートは本来2種類あって、もう少し大きい奴もある。
大きいほうがよく見かけるのだけれど、私の場合は30年使っているブックカバーに大きめのメモ帳は入れているので、小さいほうのパスポートサイズにした。

今回出張にもっていったのだけれど、パスポートサイズというだけにパスポートもはさんでおける。
2015-12-06-21-37-00


もともとが一枚革でできていて、ゴム紐みたいなので止めているだけだからなんでもはさんでおけるのがいい。

2015-12-06-21-36-12

こういうきっちりとしていないゆるさが合う人はフィリピンになじむのかもね。

2015-12-06-21-38-02

中のメモ帳の部分もゴムひもで止めているだけ。
最後のページはパスポートみたいになんかいろいろ記入するようになっている。
万年筆はこぞーが入学祝にもらった中古品だけれど、奴は使わないので私が借りっぱなし。

2015-12-06-21-41-41

Iphone のケースとほぼ同じ大きさ。
ちなみに私のIphoneは6Plusのほう。

困窮邦人のくせに生意気と言われそうだけれど、
自分のパソコンを家にも会社にも持っていないので、パソコンの代用になるようにPlusのほうにした。

旅行に行くのにも荷物が少なくできるのはこのおかげもあるな。

2015-12-06-21-42-17

トラベラーズノートのほうはまさしくただの一枚革に穴が開いていて、こういったゴムひもで止められているだけ。

来年のスケジュール手帳とかいう時期になっているけれど、きちんと日付が入ったものはいまだに使ったことがない。

いつも罫線なしの白紙の奴か方眼紙みたいなマス目が入ったやつしか使わない。

こういうところにきちんとしてない性格が出てるんだろうね。

フィリピン移住に無理に話をこじつけるわけじゃないけれど、
きちんとした日付にきちんとスケジュールを書き込んでいくような方は、フィリピンに住むとストレスたまるのかも。

でも私の場合必要なスケジュールはIphoneのほうに入れています。


 

今では原始的といってもいい携帯電話を長く使ってきた。
こちらでテキストとかテックスというけれど、日本ではショートメールというんだっけか?ほとんどそれでしかこちらからは使わないし、あとはかかってくるのを受けるだけ。

基本的な使い方は今でも電話の部分に関しては変わらないのだけれど、だんだんと日本語でテキストのやり取りをする必要が出てきた。

いままではローマ字表示でしのいでいたが、やはり読みにくいよね。

相手から返ってくるテキストが日本語だと、なぜかこちらの携帯電話でも日本語で表示される。でも日本語入力の設定はない。

さらに外国に、といってもほとんどの場合日本にだけれど、電話をする必要がある。

最近はインターネット電話というのかSkypeやViber、Lineなど便利なものもあるし、昔国際電話で何万も払っていたのは何だったんだろうね。

そういえばパソコンというものも、最後に買ったのはもう10数年以上になろうか、こちらでは会社のものを使ったり、貸してもらったりして使っていた。

最後まで使っていたノートパソコンも以前のボスにもらったものだった。

これがとうとうダウン。
でとうとう思い切ってiPhoneを購入した。

困窮邦人一歩手前のくせして、といわれそうだが現在の仕事と並行してやっている仕事についてどうしてもデジカメとパソコンが必要だったのだ。

ついでにどこにいてもネットにつなげられる環境と、日本語と英語でテキストを送れるデバイスも必要となればIphoneが最良の選択肢だろう。アンドロイドはしばらくいじってみたけどどうしてもなじめないのと、以前にItouchを使っていた時に購入したアプリが無駄にならないようにという思いもあった。

画面の大きさこそパソコンにはかなわないけれど、そのほかの仕事はほぼまかなえるのでやはりIphoneで正解だった。

その後画像編集用にスタイラスを吟味に吟味を重ねこれを購入した。 【日本正規代理店品】 Adonit Jot Pro 2.0 ブラック ADJP3B
2015-06-22-11-31-27

電池を使わない割に普通に使えるのでこれも正解だった。
先っちょの円盤が気になるのではと思ったけれど、特にそんなこともなく金属を削りだしたようなソリッド感のある本体もいざとなれば護身用にでもなりそうな勢いだ。


ケースは息子にジジくさいといわれながらも本革にこだわってこれにした。 サンワダイレクト iPhone6 Plus レザーケース 手帳型 本革 カード収納 ブラウン 200-SPC004BR
2015-06-22-11-33-08


手垢でやれてきたところがちといいのではと気に入っている。
2015-06-22-11-33-54

 



以前に書いたけれども、長らくガラケーを使ってきた。周りは今やスマホ全盛で、会社のスタッフも含めて私の携帯電話が一番みすぼらしかった。

電池のもちはいいし、落としても壊れない安心感はなかなか捨てがたい。
新品で買っても1000ペソだったしね。
これでデュアルシムのおまけにシムフリー。

ただし日本に持って行ったときには一応連絡が取れるようにローミングしたのだが、使えなかった。
シンガポールでは使えたのに、調べたら通信方法みたいなものが違うからだめなのだとか。

息子に貧乏くさいと言われながらも長年使ってきたのだけれど、これまた古いパソコンがとうとう使い物にならなくなったこと、日本語でショートメッセージやメールのやりとりを頻繁にする必要が出てきたことなどなど、ついにスマホデビューをしてしまった。

パソコンも世に出始めた頃からいろいろといじり倒してきた経緯もあり、年の割にはこういったデバイスでもヘビーユーザーに近い使い方をしている。

今まではWifi頼みだったインターネットでの連絡も常時接続できるし、いつの間にかフィリピンでもナビゲーションとして十分使えるようになっている。

せっかくなのでこちらの携帯電話事情を少し。

Iphoneなどもかなりみかけるし、値段も日本と大差ないか、むしろ今のレートで円に換算すると高いのだけれど、こういう高価なデバイスは日本のように2年縛りの契約で持つことが多いようだ。

基本的なプランがいくつかあり、月々の支払い額によってはデバイスの値段が割り引かれたり、ただになったりする。

要は通話やテキスト、インターネット接続などのプランがおまけで付いてくる分割払いといったところか。

Iphoneだとデバイス代がただになるくらいのプランだと月々の支払いがやはり高額だし、安いプランだとそれなりのキャッシュアウトが必要。

ちと今調べてみたので参考までに。
Iphone6の16Gの場合。
月々のプラン額が799ペソだとキャッシュアウトが21700ペソ。

デバイス代がただになるプランだと月々の支払いが2499ペソから。

今の日本の携帯事情は知らないのでこれが安いのか高いのかよくわからないのだけれど、だいたいの参考になれば・・

フィリピンに時々遊びに来て、現地のおねーちゃんなんかと連絡取るだけだったら、安いガラケーが500ペソくらいからあるので、それを買ってこちらでは一般的なプリペイドシムを入れるのが一番安上がりな方法だと思う。

シムは40ペソくらいだし、ロードは5ペソとか10ペソみたいな少額でも可能。

日本に帰国して3ヶ月くらい使わないと使えなくなるけれど、また来たときに別のシムを買えばいい。
番号が変わるだけだしね。

それにしても今のスマホは便利。
VPNでネットに接続すれば日本のラジオも聴けるじゃないか。

こちらに来た当初は短波ラジオで何とか聞けないか悪戦苦闘したのにね。

日本の本も読めるし、ニュースも聞ける。

長年連れ添ったこのガラケーは息子が引き継いでくれた。

Iphone6が発表されたのだとか。

ここフィリピンでも周りにIphoneを持ってる人が多い。
Iphone 以外でもいわゆるスマートフォンが大多数のように思う。

Iphoneはこちらで端末を買うとSimフリーのやつで3万ペソ以上したのではないか?

どうしてそういう値段の携帯電話を買えるのだろうと、不思議に思って回りに聞いたらこちらのキャリアのプランで購入しているのがほとんどだと。

日本で言う2年しばりというやつかな?月々1800ペソでどうとか・・・・
詳しいことは知らないけど。

photo

これは私がもう3年ほど使っている携帯電話。
もちろんSimフリーでしかもデュアルシム。
プリペイド式のシムと固定電話のシムを入れている。

固定電話のシムというのも不思議な響きだけれど、自宅に固定電話とインターネットの契約をしているのだがそれにシムカードが付いてきて固定電話の番号がもうひとつ割り振られている。

こちらの固定電話は定額制で、市内通話であれば何時間使っても基本料金だけである。
私の携帯電話に入れているのも同じで、これを使えば固定電話には基本無料で通話できるし、なんとテキストメッセージも送れるのだ。

60だか70テキスト分が毎月ついてくるので、普段使っているプリペイドのロードがなくなったり、別のキャリアにテキストするときなんかにはこの固定電話シムを使っている。

うちの息子に言わせれば私の携帯電話は貧乏くさいのだとか・・・
日本で携帯電話が出回りだした頃なんかはバッテリーがやたら分厚かったり、アンテナがあったりとその頃からすればこの携帯電話なんかスマートでしかもデュアルシムなんである。

バッテリーも3日くらい充電しなくても普通に使えるし、さらにはなんとこの外側のケースは交換可能なのである。

写真のものでもう3つ目のケースになる。よく落とすもんで画面の部分が割れたり、キーの文字がはげてきたりしたら交換している。

ケースもチャイナ製なんか100ペソ(約250円)で買えるし、交換すると一気に新品のようになる。

おかげでうちの職場では私が一番貧乏くさい携帯電話を使っている。
ほかはほとんどスマートフォンで昼食時なんかみんな一生懸命なんか画面を見ながら食事してる。

はたから見るといいもんじゃないんだけど、それを言うとじじくさいのかな?

この携帯電話のほかに息子からのお下がり?の中古のItouchというものもずっと使っているけどね。
Wifiがある環境だとネットもできてメールもチェックできて、写真や動画を撮ってすぐメールで送れるとか、やはり便利だね。

Iphone買えば全部一台で済むじゃんといわれそうだが、仕事中とかは手が汚れたまま電話受けたり、何よりよく落とすんでやはりこの2台使用が最強と思ってる。

Iphone 高いしね・・・

Itouchとこの携帯電話でもままだまだおつりが来る。

↑このページのトップヘ