海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:運転免許

朝イチででかけた運転免許の更新。
LTOという運転免許センターみたいなところの、メインオフィスに行ってきた。

すでに更新期限を3ヶ月すぎてしまっているけれど、フィリピンの免許は普通に更新することができる。

いままでは有効期間が3年だったのが最近5年に変更になったらしい。

LTOの近くにいくと、ひとがわさわさ集まっているにぎやかなところがある。

更新手続きにはメディカルチェックが必要で、その施設?と代書屋的なところが何件も入っているビル。

前に車を止めて降りると客引きの汚いピーノが集まってくる。

「リニューアル?リニューアル?」と聞いてくるんで、適当なのをみつくろって「そうだ」といえば建物の中に案内してくれる。

相手がこ汚いピーノなんで知らないと怪しさ満点かもしれないが、特に実害はない。

建物の中にはそういうメディカルチェックとかしてくれる部屋が何軒も入っており、客を連れて行くと一人に付きいくらかもらえる仕組みになってるんだろう。

梯子段のような急な外階段を3階までのぼって部屋に入ると、「オハヨーゴザイマス−」と怪しげな日本語でねーちゃんが紙をくれた。

「タガログウマイネ−、ピュアジャパニーズ?」と聞いてくるんで
「そうよ。お前は?」

「ワタシフィリピンジン」とかなんとか無駄な会話を交わしつつ

それに免許証に記載の事柄を書き込んであとは順番待ち。

次の部屋に通されると、白衣を着たピーナが座っていて机の向こうに座った相手にいろいろ質問している。

ここで簡単な問診と、視力検査、色盲検査、血圧測定をされる。

むかし尿検査もした覚えがあるけれど、あれは新規のときだけだったのかな?

「血圧たかいねー」と言われて数値を見ると140と出てる。
いままで計って出たことのない数値。

急な梯子段を3階まで登ってきたのがどうやらきいているみたい。
「普段はもっと低いんだけど、階段登ってまだ息切れしてるせいだろう」といえば、

「そうみたいね、心拍数も高いし」
「一応形式として測定するだけだから普段の血圧はいくら?」

「110の80くらい」といえばどうやらそれを記入してる。いい加減やね。

視力検査も問題なく、「更新には問題のないコンディションね」と女医さんのお墨付きをもらう。

お金を払うだんになって例の怪しい日本語のねーちゃんが
「ゴハクペソネ」となんといってるかわからない・・・
無理して日本語しゃべんなよと思いつつ「アァ?」と聞き返せば

「ジョダン、ジョダン ヨンハクペソダケ」だと

私の聞き返し方がちょっと威圧的だったのか、そうでなければここで100ペソちょろまかそうとしてたのか?

なんだかんだで書類に記入してもらい、女医さんのサインを貰っていよいよLTO本拠地に乗り込む・・・

ちょっと今回もいろいろ出来事が多かったのでまた続きます・・・

B360651A-2626-4678-878F-0B16768A02A9


ひとと知り合いになるのがときどき怖くて・・・

急に親しくなったひとは、急にまた離れていきそうな気もするし・・・

失いたくない付き合いほどそのへんが意識されるんよね。

長い付き合いの友人がいるのだけれど、やはり仕事上のパートナーとかになると難しいものがあるな。

最近いろいろ面倒なことがあり、お互いを傷つけあい憎しみあうような関係にはなりたくなかったのでビジネス上の関係は少し距離を置くことにした。

そういうことでちょっと急に、一年ほど勤めたところをやめたのが昨日。

失業といえば言葉に悲壮感がただようけれど、家族の誰もそのような悲壮感を持たないのはいいことか。一匹イヌが混じってるけど・・・

・・というのはやることが他にあるのと、歳食っとるとはいえいまだ引く手あまたなんでその気になれば仕事には不自由しないせいもあろう。つくづく手に職のありがたさやね。

そういうことで退職した翌日の今日はかねてからの懸案、運転免許の更新に行ってきた。

更新の期間を忘れていて昨年の11月に行っとかな行かんかったのね。

日本だと一ヶ月の猶予があるんだっけか?それでも12月だからもうすでに猶予期間も2ヶ月すぎたことになる。

フィリピンは失効してもまた普通に更新ができるのが便利なところ。
今日は朝からその更新に行ってきた。

わたしの場合外国人になるのでLTOというところの本局に行かないといけない。

これがケソンシティというところでうちからちょっと遠いんよね。

あまり遅く行くとひとが一杯で待たされるのはわかりきっているので、今日は朝いちで出発。

前回のときはLTOのパソコンが壊れて即日発行が出来ないとかで、後日取りに行く羽目になった覚えが・・・

しかもねーちゃんのタイプミスで住所も微妙に間違えていたり、身長が縮んで体重は逆に10kg増えたことになっていたりと・・・そうコチラの運転免許証には身長体重も記載されている。

今回は何をかましてくれるのやらと思いつつの更新だったけど、やはりやってくれました・・・
しかもけっこうとびきりのやつを。

詳細はまた次に・・・待て緊迫の次号!



こちらに来てから現地の免許に書き換えた。
もうだいぶ以前のことだけれど、当時しばらくは勝手もわからないのでほったらかしにしていた。

マニラの交通事情を見ると当初はなかなか自分で運転しようという気にもならなかったけれど、
慣れてくると行動範囲が広がりドライバーさんに運転してもらうと、まずい場面もだんだんと出てくるものだ。

交通事情にも目が慣れてくると自分でも運転するようになり、そうすっとたまになんかで捕まったりすると具合が悪い。

一度はしょうがないので日本の運転免許証を見せたら、「韓国語はよめねー」といって結局いくらかの袖の下で開放してもらった。

こちらの人には日本語も韓国語も中国語も区別はつかないらしい。

「交通巡視員レベルだったらいいですけど、PNP 警察官に捕まると袖の下は通用しませんよ」
とうちのドライバーさんに言われていたが、 夜中の検問で引っかかってしまったこともある。

確か拙著「海外逃亡してしまいました」にこの辺の下りは書いたかもしれないけれど、
この時は5人くらいの警官に車の中隅々まで調べられて、留置所に連れていかれる寸前までいった。

結局この時も袖の下がきいたんだけれどね。

そんなこんなでいよいよギブアップして現地のライセンスを取りに行った。
といっても日本の免許を持っているので、試験も何も必要なく結局当日交付してもらった。

こんなことならもっと早くやっておくんだった、と思ったっけ。

今日は明け方無免許で捕まる夢を見て目が覚めた。

実は更新の期限がひと月ほど過ぎているんだよね。
忙しさにかまけてついつい延び延びになっていたのだけれど、この夢が正夢にならないように
とうとう今日朝からLTOという陸運局みたいなところに行ってきた。
2015-12-18-11-05-01

多分これで更新も2度目か3度目のはず。
外国人ということで支署では取り扱ってもらえないので、ケソンシティの本部まで行く。

以前はメディカルチェックとして、医師らしき人の問診と尿検査があったと思うのだけれど、
今回は視力検査と色盲検査、それにズボンをまくって両足を見せるだけで終わった。

あとは受付に書類を出して、順番待ち。
カウンターに呼ばれてモニターに映し出された住所や名前の個人情報を確認させられる。
住所のSが5になっていたので指摘すると、「修正するには追加料金と書類が必要になるよ」とおばちゃん。

「お前のミスタイプじゃないのかよ」と言いたくなったけれど、人を待たせていたので余計な時間をかけたくないし「そのままでいいよ」ということにした。

そのあと顔写真撮られて、エレクトリックサインをしてお金を払う。
418ペソだから1000円ちょいかな?

更新期限が過ぎているのは何のお咎めもなし。
よっぽど過ぎない限りはそんなもんだそうな。

そのあとまた40分ほど待たされたけれど、無事新しい免許証をもらって開放。

古いほうの免許証もくれたので例のタイプミスを見比べると、やはり古いほうのはSになっている。

身長体重も免許証には記載されているのだけれど、いつの間にか3cm背が縮んで、体重が10kg増えていた。

もちろん事前検査で身長体重なんて計ってないので、これもミスタイプなんだろうな。

なんかミスタイプとはいえ背が縮むと年寄りになったみたいでいやな気がするね。
体型も小太りかぁ?

いろいろとゆるーいフィリピンだけれど、日本みたく即日交付できるのはやはり進歩したとほめてあげないといかんのかな?


 

↑このページのトップヘ