海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:生足

ひさしぶりの生足シリーズだけれど、多分期待されるような写真は出てこない・・・

日本からのお客さんを迎えに空港まで行ってきた。

フィリピンの空港は国際線の場合、おもにターミナルが1、2、3とあり、それぞれが微妙に離れている。

最近は各ターミナル間を移動するシャトルバスがあるんだとか、でも渋滞する時間にはその移動に時間がかかるので、もしこちらにきてターミナルを移動しての乗り継ぎとかある方はご用心のほど。

迎えに出向いたのはターミナル3、一番新しいターミナルで建設には日本の会社が関わったらしく、一番日本の空港にイメージが近い。

しかも、出迎えの人がターミナル内に入れるのはこのターミナルだけ。

他は建物の外で待たないといけないので、ちょっと、というかかなりめんどくさい。

こちらにこられる方で、出迎えがいる方はターミナル3につく航空会社を選ばれた方が無難。

ターミナル内にはレストランやコーヒーショップもあるので、隣の駐車場にとめて中でコーヒーでも飲んで到着を待つことができる。

悪評高いターミナル1だと、相手が出てくるまで車でぐるぐるまわっとかないといけなかったり、路上で待機してるとすぐに切符切りがやってくる。

ちなみにターミナル3の中には到着ゲート出てすぐのところに両替の窓口もあり、市中の両替所とあまり変わらないレートだ。

ペソへの両替が必要ならここで済ませといた方が無難かも。
ついでにチェックしたら、このターミナル内でも微妙にレートが違うので、窓口に貼ってるレートを見比べてお得なところで両替しましょう。

 今回はちょっと早めについたのでコーヒーでもと、4階まであがっていったが、いつものコーヒーショップがなくなっておみやげ屋さんになっていた。

しょうがないので別のコーヒーショップを探す。

マニラホテルの出店的なコーヒーショップがあったのでここで待つことにした。

ここの椅子は二人がけのソファーが2脚置いてあって、ちょっとくつろげる。

タニタのハカリによれば体脂肪13%のわたし、余計な肉がついていないので硬い椅子に座ると骨がいたい。

つとめてクッションの効いた椅子を探す習慣が身についている。

ここのショップのソファーは申し分なし。他に客もいないのはパッと見高級そうに見えるからだろうな。

しばらくコーヒー飲みながらお客さんの飛行機が到着するのを待っていたら、カートに荷物を乗せた金髪のおねえさんが通りかかり私の近くで立ち止まった。

2脚並んだそのソファーの隣の奴に腰掛け、さらにサンダルも脱いでのびのびと自宅にいるようなくつろぎ体制。

なんか注文するわけでもないんで、そのうち店のにーちゃんに注意されるんだろうな、とおもっていたら、にーちゃんも金髪には弱いのか見て見ぬ振り。

しばらくしたら連れがいたらしく、しかもこちらも金髪のねーちゃん、さらには二人ともホットパンツ。

今はホットパンツと言わないんだっけか?ちなみにフィリピンでは別名ペックペックショーツというらしい。

ペックペックは女性のあの部分の別称で、そのペックペック(具)が見えそうなのでそういうよぶらしい。

もちろん短ければ短いほど、そのぺックペック度は高いということになる。

その連れはなんと私の隣にボスっと座ってきた。

同じソファーのすぐ隣と、またその隣にのびのびと伸びた4本の生足たち・・・・

全世界3万5千人の生足ファンのためにも写真を撮りたかったのだけれど、さすがにこの距離じゃ変質者だしな・・・と思っていたら

「ハロー」

といきなり話しかけてきた。

まあ日本人なら
「ここ空いてますか?」とかきいてから座っってくるんだろうけど、このねーちゃん達のスタイルは違うのな。

「おっさん あんたどこにいくの?」とかきいてくるし・・・

「いや、お客さんの出迎え待ち。ねーちゃん達はどこにいくの?ゲヘッゲヘッ」と聞けば

プエルトプリンセサという結構なリゾート地に行く途中らしい。

まだ多分20歳そこそこなんだろうけど、ドイツ人だそうな。

それからひとしきり会話があったのだけれど、仲良くなってどさくさにまぎれて生足の写真でも、とおもいつつ、やはり隣に座るただの社交辞令の延長でしかない。そういうスタイルなんだな・・・

あとはなんかイヤホン突っ込んで、音楽聴きながら自分の世界に入っていった。


お客さんの飛行機もついたようなので、おさだまりの挨拶をしてあとはバイバイ。

5974CABD-B2B8-4B88-B761-2B4AF4E3DAC2

こちらが出迎えの人たち。
到着ゲートからお目当ての人が出てくるのを待ち構えている。









昨日自宅でニート仕事をしていたらゆさゆさと揺れた。

火事とかと違って地震はやはり不気味なところがあるね。
うちは築40年以上たった集合住宅だし、それなりに高さがあるので揺れも余計感じられたのか。

嫁さんは外に買い物に出て行っていて不在。
コゾーは下に降りて行ったら、上に上がって来られなくなったらしい。

どうやら外にみんな避難させられたらしく、しばらくすると非常ベルがずーと鳴りっぱなし。

廊下では誰か大声でなんかいって回っていたが、どうやら建物内に人が残っていないかみて回っていたらしい。

買い物から帰ってきた嫁さんとコゾーは合流し、外の駐車場で付近住民と一緒に待機。

私はとうと、ちょうど夕日がきれいな時間帯だったんで、いつものニートとしての撮影。

そのうちこのブログもまめ吉まめこさんに対抗して「いも吉いもじ ニートの日常」というタイトルに変えようか・・・

毎日のマニラ湾の夕日を記録して淡々とアップしていくだけみたいな。
それがいつまで続けられるのかという、ある困窮邦人没落日記みたいな・・・どうやろ?

その使命に燃えて夕日の撮影・・・というほどの大げさなものではなく、昨日はタイムラプスに挑戦!

9CA7CFF7-646E-4447-89D2-E8DE93E68921

このようなスタイルでただボーっと沈みゆく夕日を見ながら、今日1日のニート生活を振り返る。

しかしそこは大自然の脅威で、コゾーのカメラを借りて同じところから夕日を撮ると、それなりに劇的な絵になったりする。


655A0A1D-92BA-4EDA-AA85-F73629C31C4F

ただ後からニュースで知ったんだけれど、その地震の震源がちょうどこの太陽が沈むあたりになるみたい。

フィリピンの建築物を見ていて常々感じるんだけれど、結構な高さの建物でも鉄骨じゃなくて鉄筋で建てていく。

こういうのって強度的にどうなんだろう?
被害がなければいいんだけれど、今朝からのニュースを見ると以前勤めていた大学の建物が傾いたとかで映像が出ているし。

「そういえばあそこの建物はたいがい古かったもんな」と嫁さんと話していたら、なんと一番新しいビルの方が傾いているらしい。

54F73E82-7ADB-4B34-800B-35252A1F730C

写真はその地震後、夕日の撮影中に下を見たときのもの。
駐車場にみんな避難してたのね。

コゾーと嫁さんの姿も見えるじゃないか。

後で嫁さんの話によると、この避難待機時にミニスカートだかホットパンツのおネイさんの生足を、スマホでおっさんが撮影したとかどうとかで悶着があったらしい。

撮られたおネイさんは、おっさんの胸ぐらを掴んで引き摺り回し、ガードマンさん達がとんでくる騒ぎになっていたらしい。ピーナおそるべし・・・

結局スマホの中身を見せろ見せないでらちがあかず、警察に引き渡されてしまったげな。

そろそろ私も生足の撮影はやめんとね。こういうのって感覚が麻痺してエスカレートするかもしれんしね。

くわばらくわばら・・・

そんなわけで全世界3万5千人余の根強い生足ファンのみなさま、今後は生足シリーズは復活することはないと思うのでご勘弁を。


久しぶりの生足はインドネシアはジャカルタから・・・

先月は真冬の日本で生足は望むべくもなく・・
フィリピンに戻ってくるとやはりここは生足天国かと再認識する。

・・・で今月はインドネシアはジャカルタに来ている。
フィリピンよりさらに南寄り赤道に近いのでさぞや、と思えばさにあらず。

ムスリムの割合がフィリピンより格段に多いようで、生足どころかあの忍者のような格好の女性もよく見かける。

ジャカルタには仕事の用事で来ているのだけれど、私の作業を動画と写真でずーと撮られている。

私がなんか手を動かすたびに、近くに待機させられているジャカルタ娘が忍び寄ってきてカメラをまわす。

まだ20そこそこと見えるそのジャカルタ娘は、そのオフィスでメイドさんなのかなんなのかいまいちわからないけれど、丸一日つきっきりで動画撮るのも大変だろう。
時には椅子に登って真上からの撮影とかしているし・・・

んで、このジャカルタ娘が生足なんだな。

183D5FB8-0F23-473D-86A7-77356420B5F3

ふふ・・・・ここまで引っ張っておいてこの生足だぜ。

ピーナと違ってこちらの子はシャイな子が多いような気がするけど、それはそれで・・

あと一週間ほどこちらに滞在するけど、多分生足の続きはあるのかないのか・・・・

待て緊迫の次号!

毎朝通勤時にいろいろな屋台、というかなんというか路上販売を見かける。

前に紹介したフルーツ屋台もそうだし、今朝見かけたのがビルの前にそう言えば毎日来ているタホ売りのおっさん。

タホというのは柔らかい絹ごし豆腐みたいなもので、原材料からいくとまんま豆腐なんかな?

これをステンレスのバケツに入れて天秤棒でかついで売りに来る。

朝の味噌汁の具ということではなく、こちらではカップに入れてあんみつみたいなものをかけたおやつ。

タンパク質でもあるし、ちょっとした朝食代わりにもなるんであろう、ビル内のOLさんが毎日買っている。

889091C6-CB20-4D43-B830-64A73768BCD8

このぐらいの距離からの撮影であれば迷惑防止条例には引っかからない?

毎朝こういったムチムチ生足のOLさんが買っている。

今の仕事が立ち行かなくなったらタホ屋もいいな。
フルーツ屋台よりOLさん購買率が高いような気がする。

5D9AB58F-C709-406A-BFA9-C73352748FDF

開店資金も安く済みそうだな。

携帯電話がかわって日本のものになった。

今まで使っていたものはフィリピンでかったものなので、日本のモデルとちょっと違うところがある。

私の携帯電話はパソコンとカメラという認識でつかっているので、あらゆる音と通知を極力出ない設定にしてある。

もちろんシャッター音なんてなるはずもなく、一部熱烈なファンが居る「生足シリーズ」には好都合でもあった。

ご周知の通り日本のスマホはシャッター音が消せない。

これからは「生足シリーズ」の続きは期待できませんのであしからず。

最後の生足シリーズでOLさんの生足。

朝の通勤時に見かけたOLサンはなぜかゴムゾーリで通勤。

後をつけるつもりはないのにずっと私の前を歩いているので、音の出ないスマホで最後の撮影。

49DD81AD-FC09-42AB-BFB1-00B7F6443D6A

これぐらいの距離だとギリギリ通報されないレベル?

結局エレベーターも一緒で、なんとこのゴムゾーリのおねえさんは隣のオフィスに入っていった。



↑このページのトップヘ