海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:五島うどん

嫁さんの機嫌が悪くここのところ弁当のない日が続いている。

コゾーが夏休みなんでそれもあるんだけどね。

働いているのは俺なんだぞと言いたいところではあるけれど、世のおとーさんの立場なんてそんなもんなんだろうか。

まあいいや、こんな時は職場に置いてある自炊キットが活躍。

以前に「スウェーデンとマルタイ棒ラーメン」の記事にもこの自炊キットがのことを書いたけれど、
このときにアルタイ棒ラーメンにフィットするサイズのものは、トランギアというナベの大きいほう。

最近日本から購入した思い出の味 五島うどん はトランギアの小さいほうのナベにフィットする。
2016-04-13-13-05-23
アウトドアズマンとしては荷物が小さく済むのでこれはなかなかいいのでは?

なべ一杯のお湯でゆでた後は、あごだしスープを入れると出来上がりだけれど、
さらにこの粉末スープも1パックを半分にしてちょうどいいくらいの味になる。

わがゆかりの地、五島のうどんを応援するためにもこれは書いておかねば。 

image

2016-04-13-13-17-05
 

また最近アマゾンでメスティンを買ってしまった。

これまでに都合、小さいメスティンを3個、大きい方を1個買ったことになる。
小さいほうはこぞーが弁当箱にしていたけれど、学校に忘れてきてそのまま紛失。

一番長く使ってきたメスティンで、ふたの部分をフライパン代わりにしていた時に強火で溶かしてしまった痕が残っていたし、見た目汚いので多分ゴミとして捨てられたんだろうな。

大きいほうはわたしの弁当箱として現役バリバリ。

今回アマゾンで買ったのは小さいほうだけれども、同時期に購入した例の五島うどんのサイズにぴったり合う。

以前にもマルタイ棒ラーメンがぴったりということを書いたような気がするけれども、この五島うどんもアウトドアに持っていけるではないか。

多分当たり前のサイズの五島うどんだと怪しいかもしれないけれど、私が購入したのはサイズ合わせで切り落とされたほうのちょっと短くて不揃いなほう。

これだと値段もお得で普通に3食分入っているし、袋にはチャックまで付いている親切さ。

これにアゴだしの粉末スープがあれば、いつでもどこでも熱々の五島うどんを食べることができる。 

アウトドアズマン御用達になれるんじゃね?とアマゾンのレビューにでも書いて販売促進に貢献してみようか。

image
 

私にとってすごく縁のある場所のひとつに、長崎県のさらにまた離島の五島列島というところがあるのだけれど、
ここでむかーしむかし食べた特産のうどんが忘れられない。

アゴとは現地の方言でとびうおのことらしいのだけれどこれを使った出汁も薄味でとてもおいしい。

マニラにも日本食材店はたくさんあってほとんどの食材も不自由なく購入することができる。

ただこの五島うどんだけはマイナーな存在なのだろう、期待もしていないけれどこちらで見かけることもなかった。

思いついてアマゾンで検索してみたらちゃんと出てくる。

ためしに取り寄せてみた。

アマゾンから運び屋さん宅に送られ、運び屋さんがマニラまで持ってきてくれたのだけれど、
それ以前にあの長崎の離れ小島からアマゾンの倉庫に配達されているのか、もしくはそこから運び屋さんところまで直送なのか・・・とにかくパッケージの住所を見ても、五島のあの場所にあったあの店が出所なのは間違いない。

早速届いた日に家族で涙流さんばかりに味わった。

このうどんは熱いのももちろんざるでもいけるし、この麺を使って以前スパゲッティーを作ったことがある。
普通のスパゲティーの麺を使うよりもはるかにおいしい料理になってくれた。

フィリピンみたく一杯分がサシェになったアゴだしスープも化学調味料や保存料が入っておらず、
あの懐かしい味そのままだった。

取り扱いも簡単なんでアウトドアにもいけるで。

おためしあれ

image


 

↑このページのトップヘ