海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:ロレックス

なんか日本からのお客さんや仕事の問い合わせが結構ひっきりなしで、日本の歯科界はなんとなく瀬戸際に来ているのか大転換期に来ているのかと感じるこの頃。

先日来られたお客さんは時計も好きだとのことだったので、フィリピン観光のついでにパチモン屋さんにもお連れした。

結構おねいちゃん目的の日本人が手軽にいくマニラの場所、というとエルミタ地区かな?

やりたい目的ならちょっと遠いアンへレスまで近頃は行くのだとか。

まだそういうところに時間かけて行くうちはやはり観光客なんだな。

近場でディープなところはいくらでもあるような気がするけど、やはりある程度こちらに住まないとわからんよね。

・・・で、そのエルミタ地区にあるロビンソンというモール。

そういえば私が最初にフィリピンに来た時に泊まったホテルがこのモールのすぐそばだったっけ。

今ではそのホテルは取り壊されて、モールの一部になっている。

ホテル跡に新しくできた部分はそれなりにきれいだけれど、一部には怪しげなところも残っていて、普通の小ぎれいなだけのモールに行くよりは面白いかもね。

この一角にパチモン屋さんばかり集まったところがある。

だいぶ以前は一階にごちゃごちゃチャンゲといわれる小さいお店がひしめいていたけど、さすがにおおっぴらにパチモノを並べるのは如何なものか、ということなのかちょっとわかり辛いところに追いやられている。

わかり辛いところにあるだけに、客引きのおかまさんなんかがもう少し目立つところに出て来て声をかけるのがうざい。

近づくと「トモダチアルー?」とか「トケイサガシテルー?」とか日本語で声をかけてくる。

やはり日本人は得意客(カモ?)なのか・・・

何を隠そう私はそのトモダチがいるクチなので、向こうから見つけてお出迎えしてくれる。

ずっと気に入って使っていたロレックスのサブマリーナのパチモンは壊れて放置したまま。

外装を自分好みに改造していたので、同じものがあったら買って中身だけ移植しようかと常々考えていた。

でも、パチモンもそれなりに流行りを追わないといけないのだろう、サブマリーナでも多分新作?のものばかり。

自分のものより大ぶりのようで中身が移植できるかどうかわからない。

あまりキラキラしているとお金持ちに見られて困るので、以前のものは外装をちょっとヤレタ感じに改造していた。

また新しいものを買って改造するのも面倒だし、と思っていたら黒く塗装されたパチロレが・・・・

持ってみると筋トレができそうなくらいに重い・・・

でも本来はダイバーズらしく、ウェットスーツ着用時にブレスの長さを簡単に変えられるようになっているのが気に入って結局購入。

本来これに該当するモデルがあるのかわからんけど、まあそういうことはどうでもいい。

IMG_4863

6時位置の指標が微妙に曲がっているのもパチをさりげなく主張していて好ましい。

黒の塗装がちょっと側面でムラになっているのも、すでにヤレた感じで好都合。

ちょっと気に入っている・・・


時々ネタになるもちろんぱちもんのロレ。
 
昨日汚れが目に付いたので洗った。

ベゼルの動きもなんとなくざらついてきたようなので、食器洗いの洗剤をつけて流水下でじゃーじゃー。

今朝になってみたらガラスが内側から曇っていた。
パッキンが付いていたとはいえやはり防水は当てにならないな、と思いながら裏蓋をひねってみたら手で簡単に開いてしまった。

前にあけたときにしっかり閉めるのを忘れていたらしい。どうりで・・・

裏蓋をあけたままにしてしばらく干していたら曇りもなくなった。
もちろん元気に動いている。

本来の意味でヘビーデューティーじゃなかろうか。

干されているロレ。

2016-12-07-11-51-16

こちらは本物のほう。
最近知恵が付いて、アマゾンのアフィリエイトのリンクにしている。
まあ、この記事読んで本物買おうかっちゅう人もいないだろうけど・・

しかし、本物はびっくりするような値段ね。
もっと目玉が飛び出るような値段の時計はあるみたいだけど、
そんな高いもの身に着けるときになってしょうがないだろな。




 [ロレックス]Rolex サブマリーナ デイト 116610 メンズ 【並行輸入品】

またしつこくロレックスねた。
もちろんしつこくお断りするけれど、偽モノのロレックス。

20年以上使ってきたもうひとつの時計が、まだ調子悪く入退院のくりかえしで現在は手元にない。

しょうがないのもあるし、この2000ペソで買った偽モノのロレックスのほうが視認性がいいので使っている。

まあ、元ねたのデザインがいいんだろうな、結構進んだ老眼なのに、しかも薄暗いところでも時間がわかるのは やっぱ楽だわ。

時間も気になるほど狂わないし、なんだかんだで1年以上使っているんじゃなかろうか。

本物は300m防水だかのれっきとしたダイバーズウォッチなんだけど、
さすがにこの偽モノに防水性があるとは思えなかったので、一応水にはつけないようにして使ってきた。

それでも仕事柄、水で洗えれば文句なしだったんだけどね。

先日裏フタをはずしてばらしてみたら、ちゃんとパッキンが入っている。
ねじ込み式竜頭も何ちゃってなのかなとおもっていたら、こちらもOリングが入っている。

まあ、2000ペソの元は取ったかなと、思い切って水洗いしたらそれでも元気に動き続けている。

昨日はさらに業務用のスチーマーで洗浄してすっきり。

その後ばらしてみたけれど、やはり水は入っていない。
すごいじゃないか!

裏フタあけたところの写真を記念に一枚。

2016-10-25-20-10-27
ピンクの小さなねじみたいなところは、それなりの時計だとルビーかなんか宝石でできた軸受けのはず。

写真を拡大して気づいたんだけど、ただのピンクのねじだな。はは
部品もそれぞれ荒削りな感じだし、機械を固定している白い部分はビニールみたいなもの。
このせいで竜頭を引っ張ると文字盤ごと動くんだな。

金属に置き換えられないことはないけど、たぶんショックアプソーバーの役も果たしていそうなのでそのままにしておこう。

裏フタあけて竜頭を引っこ抜けば、機械が文字盤ごと取り出すことができる。
何回もこれやって遊んでいたら竜頭を回す感触も滑らかになっている。

 

しつこくお断りしておくのだけれど、やはり例によってパチモンのロレ

修理に出しているもうひとつの腕時計がいまだ帰ってこないので、相変わらずパチロレを使っている。

仕事中石膏が固まる間とか、シリコンが固まる間、機械のスタートボタンを押してからの経過時間などなど、
腕時計がなかなか手放せなくなっている。

近頃の若い人はスマホで時刻は確認できるということで、腕時計しない人が増えているとか聞いたけれど、
私の場合はてが石膏やシリコンで汚れていることがあるので、ポケットの中のスマホも取り出せないし、取り出せても画面を触れるような状態じゃないことが多い。

私のパチロレは黒文字盤で老眼鏡なしでも時間が読める。

さらに回転ベゼルというんだっけ?このきりきりまわすことができるのが、なかなか便利で時間を計り始める時点の長針にマークを合わせると目安をキープすることができる。

もともとがダイバーズウォッチで、潜水時間の経過時間を計るためのものらしいので、おおむね使用目的はあってる。

ただいろいろと余計な数字や線が入っているので、これらを消して夜光塗料のドットがついたマークだけ残すことにした。
image

これで老眼鏡なしでもマークをすぐに認識できるようになった。

時計自体の見た目もさらに身元不詳みたいになっていいんじゃなかろうか。

余計な文字とマークはアクリル絵の具で塗りつぶしただけなので、元の状態にはすぐ戻せるんだけれど、
しばらく使ってみてやはりこの方がいいように思う。

そのうち絵の具がはがれてきたらペンキで塗りつぶすか・・・

もう一年以上とまることもないし、遅れも進みもしない。
機械としてはあたりだったんだろうな。・・という話を嫁さんにしていたら
「間違って中身は本物なんじゃない?」といいだしたけれどそれは明らかにナイナイ。

本物だったらこんなにいじくれないし、道具としてはもうこれでいいやとおもう。
あとは防水だったらいうことなしなんだけどな。

一応ばらしたときにパッキンがついているのは確認済みだから、ちっと水につけてみっかな?


もちろん例のパチモンのロレ。

20年以上使ってきた唯一の財産といってもいいオメガの腕時計が調子悪く、
いつもお世話になっている時計屋さんにオーバーホールに出したのだけれど、 
やはり時々止まる。

6か月間は保証期間といわれていたので、古い時計なので気が引けながらも持ち込む。
帰ってきてまた止まってまた持ち込むというのを結局2度繰り返した。
向こうも恐縮するのでこちらもさらに恐縮するのだけれど、その後はしばらく調子よかった。

でもある日気が付くとプッシュボタンが一個取れてしまっている。

時計自体は動いているのだけれど、ボタンを押せずに使えない機能があるのはやはり気持ち悪いし、
小さな部品とはいえ、取れてしまったその姿はやはり気持ちのいいもんじゃないな。

もちろん保証外だろうけれど、部品を取り寄せてもらうことができるか、また持ち込んだら取り寄せできるとのこと。

またまた入院と相成った。

かわりに使っているのが例のパチモンのロレックス。
すでに一年以上使っているんじゃなかろうか。

竜頭を動かすとゴリゴリした感触があったり、文字盤自体が動いたりとなかなか笑わせてくれるのだけれど、あたりが取れたのかなかなか滑らかな感触になってきている。

何より元ネタがいいので当たり前か、老眼の目にも時間が読めるし、なんだかんだで使いやすい。

あたりが取れた代償なのだろう、いつの間にか文字盤にホコリが付着している。

今日仕事中なのに、ふと思いついてばらしてみた。
2016-08-02-18-17-59

もちろん中身はなんかの使いまわしなんだろう、白いプラスティックのスペーサーをかましてサイズを合わせている。

これで竜頭を引っ張ると文字盤自体が動くのね。

びっくりしたのはちゃんとパッキンが入っていて、裏ぶたとの間の汚れもそこで止まっている。

本物は防水のもともとダイバーズウォッチなんだけれど、なんせパチモンなので防水機能なんて期待はしていないため水につけたことはない。
2016-08-02-18-21-15

ダイバーズウォッチ定番のねじ込みりゅーずの部分もちゃんとパッキンが入っているし、もしかしたらそれなりの防水性能はあるんじゃね?と思ったけどやはり試す勇気はない。

竜頭の引き抜き方をネットで調べて引っこ抜くと、結構な汚れ。
これがあたりの取れた部分でもあるんかな?
2016-08-02-18-29-27

機械本体も取り外せ、無事ホコリも取れましたとさ。

本体を外したガワだけの部分が思ったよりずっしりしていて、なかなかパチモンとは思わせない重厚感。

もともと買ったときは金属製のブレスレットだったけれど、重いので外して布製のバンドに変更している。
image

ブレスレットで隠れるこの部分は研磨がされていない。
ここがパチモンとしての主張か。

特にこだわりがなければ時計なんてこれでいいんじゃないかと思えてくる。
ま、でもパチモンはパチモンで違法なんだけどね。

どっかでホールドアップにあってもホイホイ渡しても惜しくないし、いざとなれば投げつけてもいいかもね。

・・・と思いながらもこのパチロレに結構愛着がわいてきてしまっている。

 2016-08-02-18-34-32
組み立て完了!

↑このページのトップヘ