海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:ランチ

フィリピン人はよくコメを食べる。
日本人以上に食べる。
KFCとかマクドナルドに行ってもちゃんとご飯メニューがあるくらい。

私が昼飯は軽くヌードルとかパンですませていると

「なんでご飯食べないの・具合悪いの?ダイエット?」といちいちきかれる。

そんな彼らの食事をみてると、魚一匹とかスパムと呼ばれるハムみたいなの2枚とかでご飯はたくさん食べる。

「江戸時代の人?」といいたくなるくらい。

 今週だっけ?数日前から職場の隅に大きな炊飯器を見かけるようになった。

ランチ前になると香ばしい香りが漂ってくるし・・・

どうも有志で出し合ってコメを買い、それを炊いて分けてるみたい。

おかずは缶詰とか外で買ってきた魚とかで食べている。

彼女たちなりの節約術なんだな。

昨日のおかずはオクラ。
2CF46D9A-CE32-4F28-85E7-7212F73576CF

フィリピンでもオクラと呼ぶ。

ご飯炊くのにぶち込んで一緒に炊き上がれば終わりとなんともシンプルな料理だな。

今日はきょうとて、日本から届いたおやつカルパスを分けてやったら、それをおかずにまた大量のご飯を食べている。

D659B6E0-A27B-49D8-A8FB-149F3BD1A171

手前のは私の弁当箱でアルコールバーナーで温め中。

最近買った三百円弱のアルミの風防が意外に役に立つ。
壁掛け式の扇風機の風が結構強いんだよね。

ヤガイ おやつカルパス 300個 奉仕品 50本入り6BOX

image


生足の写真を載せたり、結構悪趣味なんかな?

こちらに来たてのころ、スタッフの弁当を見て結構衝撃を受けたのを思い出したもので・・・

その時は大学で教えていた時のアシスタントちゃん。
まだ20そこそこのきれいな女性だったけれど、弁当がタッパーに詰めたご飯の上にスパムとよばれるハムみたいなものを2枚のせただけだった。

今にして思えばそれがごく一般的なスタイルなんだと見慣れてしまったけれど、日本のお母さんたちが作るきれいなオベントウをイメージしてしまうとかなりギャップがある。

上の写真はわが社の美人受付嬢二人の弁当。
ご飯とテラピアというんだっけか、焼いた魚が二匹。

向こうに見えるのがもう一人の分。
この子はご飯だけ持ってきて、会社の外でビニール袋に入ったおかずを買ってきていた。
そしてビニール袋からそのまま食べている。

二人ともiphone SEを持っていることからわかるように、特に貧困層の子たちでもない。
これがこちらでの一般的な弁当のスタイルみたいね。

魚の子には私の弁当のおかずのハムを一切れ分けてやった。

フィリピンではビニール袋が結構活躍していて、こちらにきだしたころ近所のサリサリストアでコーラを買ってきてもらったら、コーラがビニール袋に入ってストローが一本突き刺さっていた。

路上の屋台なんかもさらにビニール袋をかぶせて、その上に食べ物をついでもらって食べていたりする。

食べ終わったらビニール袋を外すだけで皿は洗わない。

昨日クリニックに用事があっていってきたのだけれど、ここは結構大所帯のところで、ランチタイムも間近だったためそとから買ってきた従業員の食べ物が山積みになっていた。

ご飯は例のごとくビニール袋に入っていて、おかずなんだろうけど、なんか葉っぱみたいなものが入った液体が入ったものも積まれてあった。
image

それぞれ持ち主の名前が書かれてある。

皿にあけて食べる人はほとんどおらず、そのまま袋を開けて直接食べていた。

こういうのも平気な人はフィリピンでなじめるな。

ちなみにフィリピンではビニールとはいわずプラスティックと呼んでいる。
どっちでもいいけれどどっちにしてもうまくなさそうな響き・・・



マニラ湾に面したビルの中のクリニックにお呼ばれ。

一仕事終えてビルから出てきたらすでに12時を回っていた。

隣には結構な高級リゾートホテルが立っているし、ここのエントランス周りにはやしの木がいっぱい植わっていて、たぶんこのホテルに泊まって中から出てくると、やしの木陰から望むマニラベイにそれなりにリゾート気分になろうと思う。

車は嫁さんが買い物に使っているらしく、到着までしばらく時間がかかりそうなので、マニラ湾に面した外の吹き抜けで座って待っていた。

1月はフィリピンも常夏の国とはいえ、気温はうだるような暑さまでは行かず、乾燥した風もあって日陰だとなかなか心地よい。

黙って待っているのももったいないので、嫁さんが作ってくれた弁当を食べることにする。

周りには何を待っているのか、何人も同じように座っているんだけどね。

恥ずかしい気持ちよりも、この気持ちのよい風に吹かれつつ、マニラ湾を眺めながら弁当を食べるとちょっとした遠足気分になるんじゃね、とおもいちょっと遅めのランチ。

image

さすがにバーナーまでは用意していなかったので温めることはできなかったけれど、
それでもマニラ湾を眺めながらのランチは、隣のリゾートホテルのランチよりもうまかった(想像)
 

↑このページのトップヘ