海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:マニラ

マ◯カスではない、アンカス。
ANGKASとかいてある。

極力下品な話題はやめていこうとしているのに、書き出しがこれかよ・・・

マニラ近辺では渋滞緩和策として車のナンバーの末尾によって使えない日が週一回。

お金持ちは車を複数台持っているようなので関係ないみたいだけどね。

我が家はいつ止まるかわからないような車を大事に大事に乗っているので、毎週火曜日がその車が使えない日。

ニートの頃はそんなのも関係なくてよかったんだけどね。

以前は朝7時から夜7時まで使えない時間だったのが、しばらく前に変更になって夜8時まで延長されている。

7時までなら仕事終わりがその時間なので、朝早く出さえすれば帰りも車使えるんだけれど、さすがに8時まで無駄に会社に残りたくないし。

・・で最近はもっぱら朝はGrabという白タクサービス、帰りはAngkasのバイク便で帰宅という習慣になっている。

大体Grabだと300ペソちょっとかかるのが、Angkas なら100ペソちょい。

朝も使いたいところなんだけれど、会社着く頃は汗だくの排気ガスまみれになるので、そこはさすがに車にする。

その代わり帰りは渋滞する時間でもあるし、車だとどうしても寝てしまうんだよな。

家に着いたときには早く横になりたいばっかりで、家でも仕事しないといけない身にはちとつらい。

バイク便だと渋滞もほぼ関係なく時間が読めるし、さすがに寝ることはできないから、帰宅しても目は冴えている。

昔はバイク乗りだったので、バイクに乗ることはいいんだけれど、渋滞はいいとしても排気ガスさえなければな・・・

そんなAngkasに昨晩もお世話になった。

途中ビデオを撮ってみたのでせっかくなんでアップしてみよう。

てか、勤務時間にこんなことしているのもいかがなもんかね。

そういえばこれからの年末にかけての時期は、日本の技工士さんにとって殺人的なスケジュールじゃなかったっけ?

今はどうなんだろうか・・・そう以前の自分を思い起こせば隔世の感が・・・(遠い目)

ではでは、ちょっと短い動画ですがどうぞ。
音声も消してないのでそのまんまのはず。



このブログに来られる方のなかには、「歯科技工士 フィリピン」という検索ワードでこられる方が結構な割合いらっしゃる。

ためしにそのキーワードでググッてみると、なんとわがブログが一番上に表示されるではないか。
続いてこちらでは有名な日本人技工士関係とか、いろいろとこちらの歯科事情の変なところの紹介とかがならんでいて、なかなかこちらの事情を知らない人から見るとカオスかもしれない。

日本の大多数の技工士さんがかなりつらい状況で仕事されているのは自分も知っているし、
もちろん自分もその一部だった。
2015-04-20-06-59-57


「常夏の国フィリピン」「南国フィリピン」「フィリピーナのいる国」などなどフィリピンに対するイメージが膨らんで、移住に夢が膨らむのもありえるありえる。
2015-04-19-13-08-31

先日東京出張でひとつびっくりしたのが、地下鉄だったか山の手線だったか忘れたけれど、
ホームを歩いているときに入ってきた電車の車体に、なんとなく見たような風景の写真が 大きく貼られていた。

「おぉっ?」と思いながら目で追うと、電車の車体外側すべてにフィリピンの観光地の写真が貼られている。
フィリピン観光省の誘致活動なのか、日本の観光業界のプロモなのかわからなかったけれど、
「マニラに行こう!」というような文句も書かれてあった。

以前はマニラというと悪いイメージが先行して、マニラの名前は観光関係ではほとんど見たことがなかったのに、いつの間にか変わってきているのね。

そういうのも手伝ってフィリピンで仕事したいという技工士さんもいらっしゃるのだろうか。

そういえば来週日本人の技工士さんが数名訪ねてくることになっている。

面識はないのだけれどリタイヤ後はフィリピンで技術指導でもしながら住めれば、というような考えの様子。

フィリピンは貧富の差が激しいだけで、富裕層だけを相手にしているクリニックや、デンタルあるいはメディカルグループもある。

日本のそれなりの技工技術を持った方なら、結構そういうところからは引く手あまただと思うんだけれどね。
お互い知り合う機会がないだけで、そういうところに売り込めるツテなり営業力があれば、
フィリピンでも日本並みかそれ以上の待遇は得られるのではないかと思う。

もっと若い人に来てほしいけれども、反面腐ってもまだ日本人のつもりの私としては、日本をもっと盛り上げてほしい気もするし、みすみす優れた人材が海外に流出していくのもさびしいかな。

そんな複雑な思いがあるので無責任なことはいえないけれど、
自分としてはやはり日本に帰って技工をやる気はもうないかな・・
2015-04-20-06-54-25



 

しばらくバタバタと忙しくブログの更新がままならなかった。

その一つの理由が年に一回マニラで行われるデンタルショーの準備などなど。

日本だと各地で催されるのだけれど、フィリピンの場合はマニラだけ。

そのため1週間ほど開催されるので、フィリピン各地から歯科医師が集まってきてさながらお祭りのようだ。

例年歯科医師会の選挙も合わせて行われたりするのだけれど、昨年はその選挙活動で龍踊りがドラを鳴らしまくりながら会場を練り歩くという騒がしい場面もあった。

今年は龍踊りなどはなくまだ大人しめだけれど、それでも初日からかなりの人出で、これもフィリピンの景気の良さを表しているのかもしれない。

こういった材料や器具を売っているお店が多く、普段よりも安いのであろう、消耗品などをまとめ買いしていく歯科医師が多く見られる。

なんだか祭りの露店に見えてくるんだよなあ。
警察の歯科関係者なのだろう、セキュリティーでいるのかと思った警官が器具を買い込んでいた。
これは矯正で使うプライヤー各種。
おなじみ?歯を削るドリルみたいなもの各種。
子供向けの治療台。面白いんだけれど同じ表情のまま首振ったりするのはなんか私には不気味に見えた。
こちらは日本風の名前をつけた会社のブース。
キャンギャルに日本風の衣装を着せてビラ配りさせていたけど、違うと思う。

それでも一緒に写真撮ったりする人が多かった。

「日本に行ったつもりー^_^」とか言っていたけれど、こうやって間違ったイメージが広まっていくんだろうなあ。

後で気付いたけれど多分巫女さんの衣装を真似たのかな?

まああんまりいい話題じゃないんで、シリーズと言いながらこれでやめようかと思っている。

マニラ界隈を車で走っていて、信号や渋滞で止まると道端に待機していたコゾーたちが車に近づいてくる。
手にはなにやら泡立った液体が入ったペットボトル、 もう片方にはTの字型の窓掃除に使うゴムのワイパーを持っている。

いきなり車のフロントガラスにペットボトルの液体をちゅーちゅーふりかけ、Tの字ワイパーの背中のスポンジでフロントガラスを掃除しだす。

結局は小銭稼ぎのとってつけた仕事なのだが、以前は手に雑巾をもって、申し訳程度に窓を拭いて小銭をねだるだけだったのだが、いつからかこの泡立った液体とワイパーに代わってきた。

何がムカつくかというと、窓ふきだけなら被害は何もないのだが、この泡立った液体をかけられると逆に汚くなるのだ。

こちらの車がきれいだろうが何だろうが関係なく、彼ら独特の嗅覚で小銭くれそうな車めがけてかけてくるので嫌になる。

つかの間の信号待ちできれいに掃除できるわけもなく、申し訳程度にワイパーで拭き取ったら運転席側に来てべったりと窓に寄りかかり小銭をねだってくる。

払わないと腹いせにまたあの液体をひっかけて行ってしまうコゾーもいて、こうなると怒りしかわいてこない。

たまにこうやって小銭を手に入れてコゾーたちは何をするかというと、だいたいが賭け事に使うのでまた嫌になる。

よく道端で大人も含めてしゃがみこんで何かやっているのを見かけるが、ほとんどの場合1ペソ硬貨を2枚投げてその裏表をあてる賭け事をやっているのだ。ルールはよく知らないけれどたぶん丁半ばくちみたいなもんなんだろう。
 
その賭け事で、稼いだ小銭をやったりとったりしているのである。

持ち金がなくなるとまた路上に出てくるといった具合。

最近はこの路上の物乞いにお金を与えると、与えた側も罰せられる決まりができたとか。
それでもまだコゾーたちは今日も路上にいる・・・

この泡立った液体をかけられない自衛策は、信号待ちで止まりそうになったら、前の車と車間を大きめにとって止めること。コゾーが近づいてきたらかけられる前に車を少し走らせてやり過ごす。そのための車間をあらかじめとっておけばいい。やり過ごされたコゾーはわざわざ後戻りしてくることはなく、次のターゲットに向かっていくのである。

あとはちょっと高級な車はターゲットにされやすいようなので、参考までに・・・

私の車はインドネシア産の車で安いうえに、この間渋滞中トラックに当て逃げされてへこんだ跡もそのままなので、ほとんどコゾ-たちの標的になることもない。

いい車に乗るとマニラの場合何かと気を遣うんで、うちは安い車でいいや。
息子は不満みたいだけどね。

2015-01-17-15-48-44

お口直しにオフィスのミニスカ写真。
 

photo 1

歯の話題のついでに、今日通勤途中に撮ったマニラの歯科医院。
技工所も一緒になってるみたい。

外から見る限りには薄暗い中に作業机と思われるところに蛍光灯が2本ついているのが見えたけど、
治療台は分からなかった。

あくまでもひとつの例で、みんながみんなこういうクリニックばかりじゃない。

↑このページのトップヘ