海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:ブコジュース

昨日の日曜の朝は、前日夜なべ仕事で遅く寝たにもかかわらず早起きしてしまった。
やっぱそういう歳なんか?・・・ 

朝食には果物が食べたくて、前の路上の屋台を探しに行ったのだけれど、
いつものスイカとパイナップルを売っている屋台がいない。

どうやら日曜は休みみたい。

かわりに久しぶりでブコジュース(ヤシの実のジュース)を売っている屋台へ。

ここは特に日曜日など広場で運動やジョギングしている人の、のどを潤すのによく売れているので 安定していつもいる。

2017-05-07-08-26-13

紙コップ一杯分から売ってくれるのだけれど、衛生的にリスクはなるべく負いたくないので私はいつも丸のまま買って、家で開けることにしている。

丸のままといっても中身にたどり着くまでは皮がかなり厚いので、その部分はナタでそぎ落としてもらう。

2017-05-07-08-25-57

こういう感じで道端にそのままゴロゴロ転がされているなかから、見繕って皮をむいてくれる。

一個30ペソ、だいぶ前は20ペソだったんだけどね。

この日のブコは新鮮というか実が若かったらしく、中身の殻の部分が柔らかくすんなり穴をあけることができた。

いつもは丈夫なナイフを逆手にもって、思い切り突き刺さないと穴が開かないんだけれどね。

そのぶん殻の内側の実は薄かった。

天然のポカリスエットだな。

2017-05-07-16-31-20

日中は日向に出ると焦げるように暑いこのごろ。
 

スーパーで果物売り場に行くとついつい写真に残したくなる。
店内は普通撮影禁止なんだろうけど・・・

2015-08-21-13-15-40

定番のバナナ。
なんかさきっちょについていたりで、この辺やはり採れたての新鮮さを感じる。
大体こういったバナナひと房で80ペソくらいだったかな。

2015-08-21-13-16-04

カットフルーツの詰め合わせ。
日曜日の朝食にスイカがどうしても食べたくなってスーパーにいったけれど、
丸ごとしか売っていなかった。

でこちらの詰め合わせを買ってきた。
これはこれでいろいろ味わうことができてよかったな。

奥に見えているのが椰子の実の皮をそいだもの。
皮の部分が結構厚いので、このようにそいで冷蔵庫に入れやすくしています。

レストランなんかでフレッシュブコジュースというと、これに穴を開けてストローをさして持ってくる。

やはり果物好きには天国だな。

昨日の日曜日は朝からお客さんがあって、犬の散歩かたがたいつものブコジュースを買うことができなかった。
遅い昼食を食べに行ったベトナム料理のレストランで、ブコジュースを飲んでる人がいたので私も頼んだ。
image
手前のがチキンカレー。なかなか安くておいしい。
奥にあるのがブコジュースで、レストランで頼むとこういう状態で出てくる。

image
ジュースはいっぱいいっぱい入っている。
周りの白い部分も食べられるのだけれど、このときのブコはちと硬かったのであきらめた。
もちょっと若い実だとスプーンですくって食べられるんだけどね。

何しろ妙な化学物質なんかが入っていない安心して飲めるジュースはありがたい。


 

フィリピンでは椰子の実のことをブコとよんでいる。
ブコの木はいたるところにあって、時々実が落ちてくるため、住宅街などのブコの木には【ブコ注意】の札がかかっていたりする。

IMG_3867

これはいたるところで見かけるブコジュース売りの屋台。
この場所は公園の近くで、朝からジョギングしたりサイクリングしたりする人が多く、そういった人が時間帯によっては並んでブコジュースを買っている。

IMG_3868

一番左端にある白いジャーに、ブコジュースとその中身の白い果肉の部分が入っていて、紙コップに一杯という買い方もできるし、写真のおじさんがやっているのはプラスティックの容器にビニール袋を装着し、ブコの実を割ってジュースと果肉を一個分入れてくれる。

これにストローをさして渡してくれるのだが、1個分で30ペソだった。

添加物、保存料なしの間違いなく100%天然素材のドリンクがふんだんに飲めるのは結構な恩恵だと思うのだが・・・

ジャッキーチェンの映画でブコの実をそのまま点滴に使うのがあったっけ。
運動して砂糖一杯のスポーツドリンク飲むより絶対体にはいいと思うな。

どうやってブコの実を割るかというと、おじさんは大きな鉈を持っていてこれでざくざくと厚い皮をそぎ、うまい具合に一部穴を開けて、ジュースを容器に装着したビニール袋にあける。

その後真っ二つに割って中の白い果肉をへらで掻き出すのだ。

ダントツで世界一ホームレスの多いフィリピンらしいけれど、不思議なことにその割には飢え死にする人は皆無だそうな。
フィリピンの言葉でパキキサマという相互扶助の精神と、どこにでもあって一年中とることのできるこのブコの恩恵もあるんじゃなかろうか。

日曜日の朝は犬の散歩かたがたこのブコジュースを買いに行くのが習慣になっている。


↑このページのトップヘ