海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:ピストバイク

しばらく前に日本で問題になっていたピストバイク。
簡単にいうと変速機のついていないシングルスピードのごくシンプルなバイク。

ミニマリストに通じるものがあるのだろう、ブレーキもつけない人がいて事故が多くて日本ではブレーキなしでは乗っていけないようになったんじゃなかったっけか?

日本でニュースになっていたころは「ふーんピストバイクかー、初めて聞いたな」という感じだったのに、
何を隠そう私の自転車はそのピストバイクらしい。

ブレーキなしでどうやって止まるのか以前は理解できなかったけれど、ペダルと後輪が直結していてペダルを空転させることができない構造で、ペダルを止めると自転車も止まるようになっている。

やろうと思えばバックで進むこともできるのだけれど、この止めるだけでも難しい。
私の自転車は前後ともブレーキをつけているので、この辺は熟練もいらずに普通に止まれる。

余計なものがついていないシンプルさは、自分の好みにも合うところだけれど、
危ない思いまでして乗りたくはないしね。

フィリピンでは日本のような規制がないせいで、よく見かけるピストバイクもブレーキなしのものが多い。

自分の自転車がピストだからか、やたらピストバイクが目に付くようで、もしかしたら走ってるそれなりの自転車の半数以上はピストなんじゃないかと思うほどだ。

こぞーに言うと「興味が出てきたんでそればっかり目に付くようになったからじゃない?」と言われるけどどうなんだろう?


夜間徘徊で走り回ると、ピストバイクばかり止まっているところがある。
コンビニの前にたまっているんだけれど、昨晩の徘徊時に数えたら30台は超えるピストバイクが止まっていた。
2016-02-07-23-23-37

しかもほとんどはブレーキもライトもついていない究極のシンプルさ。
2016-02-07-23-19-47

私のようなブレーキとライトが前後についているような自転車だと「邪道だね、ふふん」といわれそうでとてもお近づきになれる雰囲気じゃない。

その前に世代がだいぶ違うしね。

コンビニでソフトクリームを買いたかったのだけれど、こぞーと二人はなれたところに遠慮して止めていた。

ロードバイクやマウンテンバイクと違ってシンプルなゆえ安いというのがあって選んだわが自転車だけれど、
乗ってみるとその魅力に取りつかれてしまっている。

ロードバイクでギヤを変えない状態と同じじゃないか、といわれる向きもいるのだけれど、車輪と直結したダイレクトなこぎ心地はやはりこれがピストの魅力なのかもね。

普通の自転車がシャッシャッとこぐのに対し、ピストの漕ぎ心地はヌリッヌリッという感じ。わかりにくいか・・

今の時期は走り出すと夜間は風も涼しく、少々一生懸命こいでも汗をかかないのでかなり気持ちいい。

昼は昼でコーヒーを自宅で淹れて、水筒に詰めて手ぬぐいで包んで、お気に入りの海辺へ。
十分コーヒーの冷めない距離で、熱々のコーヒーを飲みながらマニラ湾に沈む夕日を見る。
2016-02-07-17-59-39

金もかからないし今一番のリラックスできる場所かな。

2016-02-07-17-55-27

陸側を望むと若者がギターを弾きながらくつろいでいた。

2016-02-07-18-01-49
別の方向には先日天皇皇后両陛下がお泊りになられたソフィテルホテルを海側から見ることができる。
その右のほうにはモールオブアジア。

夜は星も結構きれいに見えるところだけれど、蚊が多いのが難点。




 

歯科技工士といえば長時間労働の最たるものではなかったっけ。
技工免許取得後5年以内の離職率が80%超えてるとかなんとか・・・
いまや絶滅危惧種といってもいいのではなかろうか。

自分自身も学校でてからトライアスロンのような働き方をしていた記憶ばかり残っている。

いわば職人さんの仕事みたいなもので、技術を身につけるまではある程度しょうがないのだろうけれど・・
そういえばホリエモンさんだっけ?寿司職人の修行に何年もかかるのはおかしいというようなことをいってたような。
 
数十年技工をやってきた身からいわせてもらえるなら、やっぱり技術職というのはそう簡単にものになるものではないような気がする。

私ももうエー歳なんで、以前のような働き方はできない、というよりもなるべくだったらしたくないような気持ちになってきている。

日本で小さい技工所を経営していたころ、従業員を雇ってその分自分は楽できるかなと思ったこともあったけれど、現実には従業員のためにさらに自分の労働が増えてしまうという本末転倒だった。

最終的にはやはり一人がいいや、と元に戻ったのだけれど、かといってあのまま日本で仕事を続けていたらどうなっていたんだろうと考えることがある。

あのころから見れば今も忙しいとはいえ、当たり前の忙しさで、ぶっ続けで徹夜するような状態はほとんどなくなった。ほとんど、ね。 たまの徹夜はしりぬぐいやトラブルシュートとしてやはり今でもやることがあるか。

相変わらずこぞーと自転車で夜間徘徊している。
気づいてみればかなりの若者が同じように自転車で徘徊している。

それぞれ自転車の種類でチームかクラブがあるのか、ある一定の基準でそれぞれグループがあるみたい。

折りたたみ自転車のグループ、ピストバイクのグループ、ロードバイクのグループと・・

特に今の時期は夜間は涼しく、少々自転車こいでも汗をかかない快適な気候。

道も渋滞していないし、さんぽがてら走り回るのは気持ちがいい。
2016-02-03-00-21-28
最近のマニラは道路事情もよくなって、以前のように大きな穴が開いているということもない。
こういう広々としたところを走り回るのは結構いい気分転換になるし、寝つきもよくなる。

2016-02-03-00-10-12

2016-02-03-23-27-53



 

しばらく前に日本で話題になったのはフィリピンにいても聞こえてきたので、それなりのブームだったのかな?

こぞーにのせられて買った自分の自転車がこのピストバイクというものらしい。
2015-12-13-12-05-29


もともとが競輪選手が乗るようなもので、余計なものが一切ついていないのが売りだとか。

日本ではブレーキなしで乗って事故を起こすのが多くて問題になったんだっけ。

私のにはさすがに前後ブレーキがついている。

後輪とペダルが直結で、うしろにペダルを回すと後輪もうしろに回る。
坂を下るときにもペダルは回り続けるので一息つくこともできない。

・・と書くとめんどくさそうな自転車に思えるけれど、なかなか余計なものがついていないのは何となく自分の持ち物としてあっているように思う。

私の自転車は後輪を外して逆につけると、ペダルが空回りするバージョンに変身する。
買った当初は空回りバージョンだったけれど、ちょっと慣れてきたので固定バージョンに最近かえた。

マニラ近郊なら坂道らしい坂道もないので、ギアが一速でも特に不自由を感じない。

通勤に使うと、会社近く最後にある橋が上り坂になっているけれど、登りきったところで一息ついて、橋の上から朝日を見つつ飲む水筒の水がおいしい。
2015-12-13-16-53-44

今のところ車は持っているけれど、いつの間にか10万キロも超えて少しガタピシいい出したところがある。

もともと車とかには凝るほうじゃないし、経済的な余裕もないので買い替えるつもりもないけれど、
故障したりして動かなくなっても自転車で仕事には行けるという安心感はなかなかいいね。

タイヤを外すとコンパクトにできるし、ばらして運べば車にも飛行機にも載せられるんじゃなかろうか。

先日日本出張の折、念のため行きと帰りの空港カウンターで自転車はチェックインできるか聞いたところ、
はこか袋に入れてくれれば大丈夫とのこと。

今度こぞーと日本に行く機会があったらもっていってみようか。
空港を出ておもむろに自転車を組み立てて走り出すというのも面白いと思うんだけどね。
2015-12-12-23-51-09







 

慢性的な渋滞のマニラ。
クリスマスシーズンのこの時期は特にひどくなる。

なんでなんだろうね?みんなどこに行くの?といつも思う。

おまけに高速道路の建設があちこちであっていて、しかも結構な主要道路沿いだったりするためかなりの範囲に影響を与えている。

空港周辺もかなり工事中のところが多いので、おいでの節はご注意を。

今日は毎週恒例コーディングの日で、私の車は朝7時から夜7時まで使えない。
ウィンドウタイムといって10時から15時までは使えるけれども、それでもマカティエリアはダメ。

いつもなら早く起きて朝6時に起きて出社。
7時までに会社につけばセーフなんだけれども、そのかわり夜7時までは帰宅できないことになる。

まあ、それでもやることはあるんでいいっちゃあいいんだけれども、うっとうしいのは渋滞。
7時に出ると渋滞絶好調で、いつもなら2,30分で帰れる道が、ここ最近は2時間ぐらいかかることがある。

7時に出て家に着くのが9時だと、それから夕食とったあとは何もやる気にならない。

そこで今日はチャリ通。新しい自転車で出勤してきた。

image

見てのとおり変速機も何もないごくシンプルな自転車。

一時期日本でもピストバイクといって、話題になったんじゃなかったっけ?

究極のシンプルさを求めてブレーキもつけない人がいたりして、その安全性が問題になってたのじゃなかったかと思う。

まさか自分が今更自転車を、しかもそのピストバイクを買うとはしばらく前まで思いもしなかったな。
エー歳でもあるしね。

こぞーの自転車はマウンテンバイクというものらしく、タイヤも太いしサスペンションもついている。
乗車姿勢も楽で街乗りには一番適したスタイルと思う。

対して私のピストバイクは細ーいタイヤでサスペンションもついていない。
細いタイヤがゆえに轍や凸凹ではちと怖い時もある。

戦闘的ともいっていい前傾姿勢は首が凝るので、マニラでの街乗りには向いているとはいえないけれど、
それでも乗るのが楽しい自転車だ。

通にいわせればブレーキがついてしかもフリーホイールのピストなんて邪道だといわれるのかもしれないけれど、そんなことはどうでもいいくらい乗るのが楽しい。

毎晩こぞーとの夜間徘徊が楽しいこの頃。

ジョギングなんてしたこともないし、これからもすることはないと思うけれど、自転車は今のところ飽きないな。

同好の士は多いと見えて、夜涼しくなると自転車で走っている人たちを集団、個人を問わずかなり見かける。
 
集団で走っている人たちには愛好会でもあるのだろう、自転車に共通点がある。

ロードバイクの集団、マウンテンバイク、折り畳み自転車と、おそろいのシャツまで着ている集団がいる。

もちろんピスト軍団もいて、特にこのピスト乗りの場合は一種のこだわりがあるせいか、別のピスト乗りにあうとお決まりの口笛を吹いて挨拶してきたりする。

それほどこだわりがあってピストバイクにしたわけじゃなく、やはりシンプルなゆえほかの種類の自転車に比べて安かったんだよね。

そんな理由で選んだ自転車だけれども、なんかおしゃれな若者のピスト乗りに挨拶のサインを送られると照れてしまう。

例の口笛でも練習しようかと思うのだけれど、いまだ音は出ない・・・・ はは

↑このページのトップヘ