海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:バイカーズマーケット

しばらく前に自転車の世界に引きずり込もうと、コゾーが私に読めよめと言ってきた漫画のタイトルが「弱虫ペダル」。

おたくの少年が毎日秋葉原にママチャリで45kmだかの道のりを通っていたのだけれど、
高校に入ってなんだかんだで自転車部に引きずり込まれ、ママチャリで培った脚力で活躍するというような内容だったっけ。

チーム対抗のレースで優勝するところまでしか見ていないけれど、それでもなかなかジーンとくる場面もあって感動させられた。

なんでこういう話をしているかというと、行きつけのマカティにあるクリニックで掃除やメンテナンスで働いているだフィリピンの男性がいて、この人と朝ばったりクリニックの前であった。

すごく小柄な私と同年代くらいのピノイだけれど、トンボの目玉みたいな玉虫色のレンズのサングラスをしてピンク色のママチャリにまたがっていた。

日本で出会うと危ないおっさんみたいだけれども、フィリピンの真夏の日差しの下では周りの原色に程よく混じりこんでいた。

そういえば空港の近くに住んでいて自転車通勤していると聞いていたっけ。 
マカティまではそれなりの距離があるんで、毎日の通勤は大変だろうと思うけれど、本人はいたって平気な様子。

午後はマカティの隣グローバルシティーというところのクリニックに行ったのだけれど、
ここのスタッフが病気で長期欠席中とかで、例の自転車のピノイが応援で来ていた。

ここのところずーと毎日マカティとグローバルシティのクリニックを掛け持ちしているのだとか。

朝であった話から自転車の話になったのだけれど、朝はよく見なかったけれどやはりママチャリなんだとか。
日本のサープラスショップで中古を買ったもので、いたって丈夫で気に入っていると・・・

もちろんギアとかはなく1速だけのシンプルなママチャリ。
私の自転車もギアのないシンプルなものだけれども、ピストバイクとかフィクシーといってそれなりに走る目的で作られた自転車。

先日夜間徘徊でコゾーに無理やりグローバルシティーまで走らされてひーこら言っていたのに、
このピノイのおじさんは毎日ほぼ同じ道のりをママチャリで通勤している。

しかも昼間にマカティとグローバルシティーを行ったり来たりすることもあるらしく、
「暑いっしょ?」 と聞くと 「いやー、傘もあるしそうでもないよ」 だって。

私が夜間涼しくなってからひーこら走ったあの道を、ピンクのママチャリで傘をさして片手で涼しい顔をしてこぎこぎしているのを想像したらなかなかえぐいものがあるね。

表題の漫画じゃないけれど、日本に連れて行って競輪選手にしたら活躍できるんじゃね?とぼんやり思った次第・・

日曜の朝はコゾーと例のバイカーズマーケットに行ったけれど、相変わらずたくさんのじじいたちがばっちりウェアに身を包んでいた。

あとで別の方向に足を延ばして発見したのだけれど、マニラ湾沿いにもバイカーズマーケットがずらっと並んでいる。

フツーの恰好をして自転車に乗っているのが私だけで、コゾーも 「パチモンでいいからウェア買っちゃえよ」 というけれど、まだなんか抵抗があるんだよな・・・

2016-05-22-07-35-34

2016-05-22-07-32-51

 

大統領選挙がおわってようやく平常運転に戻りつつあるような。

選挙は月曜日でほとんどのところが休みになったんじゃなかったかな。

フィリピンの選挙は日本とかなり違って、選挙ポスターを貼るところとか貼る場所も決まっていないみたい。

そのためこの選挙期間はあちこちポスターやら旗、ビラなどなどあちこちにベタベタ貼りまくりで汚い。

毎回銃で撃ち殺される人も出てくるし、何なんだろうねこの国は。

選挙直前は酒の販売、提供も禁止されるし、おかげで土曜日から渋滞も少ないし、いつもは遅くまでカラオケなんかがやかましいところもひっそりとしていた。

車も少なく本来の青空を見ることもできた。

2016-05-08-13-45-48

日曜の朝はコゾーが珍しく早起きしたので、例の自転車乗りのマーケットへ。
ここはいつもどおり健康そうなジジイたちがサイクルウエアをバッチリ着こなして賑わっている。

2016-05-08-08-37-33

2016-05-08-08-36-59

パーツを売っている横ではバロットを売っていたりとなかなかおもしろくて、
狭いところだけれど、二回りして見学してきた。

日が昇るのが早くなったせいで日差しがきつく、
コゾーにサングラスを買ってやった。

サングラスだけ青いシートの上にいっぱい並べてるおっさんもいて、
どれも100ペソなんだと。

有名メーカーのパチもんもあるし、100ペソならこれでいいじゃんと思ってしまう。

2016-05-08-09-02-28
帰りはサブウェイによって朝飯。
窓から見える空がやはりいつもとは違う青さに感じた。

夜は夜で涼しくなってからまた夜間徘徊にでたけれど、
単独でロードバイクで走っているおねいさんも二人ばかり見かけた。

ホットパンツでスタイルのいいおねいさんで、自転車乗れば出会いもあるんじゃね、とおもってしまう。
もうそういう歳でもないか・・・

 

自分の自転車を買って、ようやくこぞーの足手まといにはならないくらいに走れるようになったかな。

日曜の早朝近くでやっているバイカーズマーケットに行ってきた。
2015-11-29-09-17-11

前回は場違いな自転車に、さらに場違いな服装でかなり浮きまくっていたと思うけれど、
今回はせめて自転車だけは多分違和感なかったろう。

服装はさすがに皆さんのようなレーシーなスタイルはできないのでご勘弁。

 2015-11-29-09-14-44
先日東京出張の折には、自転車もお金を払う駐輪場みたいなところに止めるようになっていてびっくりした。

若いお母さんたちが二人の子供を乗せられるように、前後に幼児用のいすがついた自転車も久しぶりに見ると異様だった。

なんといっても「重くねーの?」というのが第一の感想だったけれど、よく見ると電動アシストになってるのね。

よく見ると結構な割合で電動アシストの自転車が止めてあった。

フィリピンじゃまだ見たことないな。

そのかわり、みなさん結構いい自転車に乗ってらっしゃる。

こぞーからの知識で何となくどういう自転車が高くて、いくらぐらいするのかということを聞かされているので、
マーケットで気にしてみればなかなか皆さんどうして、なのである。

私のごくシンプルな変速装置もない自転車はやはり格段に安い部類のようだった。
2015-11-29-21-02-15
30万くらいする自転車もあるらしく、やはりそういうのに乗ってるかたはロマンスグレーのひげが似合うおじさまだったりする。

みんなプロのレーサーかというようなコスチュームだし、それなりに余裕のある人たちなのだろう。

結構な歳のおっさんがアクロバティックな乗り方して、みんなの喝采をもらったり。
「ギャハギャハ」子供みたいに笑っている雰囲気はなかなか悪くない。

2015-11-29-18-56-57

こちらは夕方食事に行った近くの自転車屋さん。
大きな店ではないけれど、充実した品ぞろえ。

渋谷の東急ハンズにも自転車コーナーがあったけれど、
なんかこちらは気合の入り方からして違うような。

なんかフィリピンのほうが豊かな国のような気がしてくるのだけれど・・・

2015-11-30-09-38-13

マーケットの帰りに海辺によってみたら、この手の飛行機はなんていうんだっけ?
いつの間にか遊覧飛行でもできるのか、ちゃんと乗り場と受付みたいなものまでできていた。


 

↑このページのトップヘ