海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:バイアグラ

前に2回ぐらいこの話題は書いたような気がするので、今回はその3・・

image

ちょっと前に華僑の友人にもらったそれ系のサプリ。
ずっと使う機会はなかったのだけれど、先日やっと・・・

その結果報告。
友人がいうにはほかのサプリと違って事後頭が痛くならないとか。

実際本当に頭は痛くならなかった。
効き目もちゃんとあったし、カプセルの割には効くのも早かった。

前に書いたハネムーンティーはお湯に溶かして飲むお茶みたいなものなので、
こちらも効果が現れるのは早い。

こちらのコンビニやスーパーでも売ってる、ロブーストという錠剤のものは効果が出るまでに時間が少しかかったような気がする。

バイアグラはもっと遅かったかな。

この青白のカプセル、飲んで30分もするとなんか血行がよくなってくるような感じがする。
ことに及べば、ちゃんといつもとは違う機能回復を実感できるけれど、何回戦もOKというようなものじゃないような気がする。

こればっかりは相手と状況しだいというところもあるのか・・・

一番ありがたいのはほかのサプリに比べて頭が痛くならない。
その代わりその晩は足がほてってなんか寝苦しかったな。

友人は試しにと、1錠だけくれたのだけれど、「この間のやつ聞いたから買うわ」
と一瓶買うつもりだったのに写真の3錠だけしかくれなかった。

おまけに今回もラベルははがされている。

なんか秘密があるのかな?

今度チャイナタウンに行って探してみようか、どうせ出所はあそこだろうしな。
 

多分この話題は過去に2回ぐらい書いたと思うので、今回は一応その3ということで・・

地味にこのキーワードで検索して来られる方が多いのは、ご同輩がそれだけ多いということかな?
 
同僚の中国系フィリピン人、私に歳がちょうど10歳上だったと思うので やはりこういったものに頼らないとエンジョイできないのだろう。痛くわかる今日この頃・・・

しばらく前から 「いいものやるから」といわれていて、やっとお互いゆっくり顔を合わせることができたのが今日。

その例のいいものというのがこれ
image

一錠だけくれたのだけれど、彼の机の引き出しにもう一瓶同じものがあって、何錠か入っていたのを見逃さなかった。
私へのはなぜかラベルもはがされていた。
注文するときは彼にいわないといけないということね。

中国系だけあって時々こういうものを持っている。
バイアグラや前に触れたそれ系の薬と違って、頭が痛くなったり動悸が早くなったりしないのだとか。
 
試したらまたここで報告しましょう。
では 

このブログにこられるかたの中に「フィリピンバイアグラ」という検索ワードでこられるかたが結構いらっしゃる様子。
image

やはり男にとっては気になるねただしね。

ダバオの話続きになるけれども、ドリアンも男性の下半身に効果があるのだとか。
スイカ、アボカド、ドリアンが今のところ知ってるバイアグラ的効果のある果物。

こちらの友人ですでに50歳後半の人がいるのだけれど、かなり精力旺盛。
精子の検査をしてもらったら、量も密度も普通の人より多いのだと自慢される。

この人の食事というか食べ物の嗜好が朝食はアボカドのサンドウィッチ、昼はほとんど食べずりんご一個とか、
さらにドリアンが好きで食べるときは一個丸々平らげるのだと・・・

私も今回ダバオで新鮮なドリアンを食べる機会があったのだけれど、その後たぶんそれの効果ではなかろうかというものを数日感じている。

スイカ、アボカド、ドリアンの中ではドリアンが効果を感じる。
やはりあれだけ濃厚なフルーツはやはりなんか詰まってるのね。
恐るべし悪魔のフルーツ。

フィリピンの人口は増加の一途で人口統計も理想的な山型らしい。
こういったフルーツの効果もあるのじゃなかろうかと下衆のかんぐりもするこのごろ。

そろそろ日本のおぢ様たちが増えるゴールデンウィークが近くなってきたし、
こちらにこられた折には怪しいバイアグラなんか買うよりも、ドリアンを試してみられたら?


 

2015-01-04-12-57-05

たぶん同じタイトルで以前に書いたような気がするので一応 2 としとこう。

このブログにこられるのに「バイアグラ」で検索してこられるかたがやはり相当数存在するみたい。

私ももはやエー歳で、そういうお助けマンが気になることもときどき・・・

ちょっと庶民的なモールとかに行くと、パチモンを売っている一角があったりして、その辺に行くと「バイアグラあるよ」とか声をかけられることがよくある。

怪しげなおっさんがバイアグラの空箱を見せて「いる?」ときいてきたり、そっと箱だけ見せてこちらの反応をうかがうおっさんもいる。

パチモン屋さんで買い物すると金額によってはサービスでくれたり、「バイアグラもあるよ」とささやかれたりもする。

やはり日本人だとそういった声をかけられやすいみたい。
真偽のほどは知らないけれど、偽のバイアグラとかもあるげな。

そういう危ない橋を渡らなくとも、フィリピンでは同じような効果のものが、一応サプリという名目で普通に売られているので興味のある方は・・・

自分で試してみたのはハネムーンティーと、Robustというどう発音するのかいまだに知らないサプリ。

ハネムーンティーのほうはマーキュリードラッグやワトソンといった、こちらではメジャーであちこちにある薬屋でダイエットティーなんかに混ざって売られている。

1パックから買えるし、こちらは甜茶のようなちょっと甘みのあるお茶。
パウダーをお湯に溶かして飲むタイプで、普通にお茶として飲める味。

パウダーというか顆粒のせいで効き目が現れるのが早い。
大体30分もすると顔がほてったように感じて、あの部分も血流がよくなっているのを感じられる。

華僑の友人にコーヒータイプの同じようなものをもらったことがあるけれど、
こちらも同じ効き目だけれど、味がまずい。
コーヒーとしてもお茶としても許せない味だった。

しかもパッケージがいかにも、でセンスを疑うようなものだったし。

次にRobustだけれど、こちらは薬局だけではなく、スーパーのレジ横にぶら下がっていたり、コンビニでも普通に買える。大体はレジの後ろに鎮座してるかな。

小さいパッケージのものだとタブレットが2錠入っている。

これは錠剤のせいか効き目が現れるのが遅かった。
食事のあとに飲んだのだけれど、2時間ほどしてからやはり顔がほてってくる。

その分効き目が長いようで、遅い夕食時に飲んだのだけれど、翌朝「おー久しぶりのあさだちかぁ」といった感じだった。

前にパチモン屋さんにバイアグラをもらったことがあり、そのときはいまいち不安で一錠の半分しか飲まなかったから、本来の効き目は知らないけれど、それと同等かそれ以上の効き目だった。

ただ私の場合だけか、この手のものを使うとあとで頭が痛くなる。
私は酒はぜんぜんだめで、飲むと顔が赤くなり目が血走ってくる。
飲んでしばらくすると今度は頭が痛くなってくるし、顔が赤くなるのは血流がよくなってる証拠だとは言われるけれど、そのせいでなんか頭の中の圧力が上がって痛くなるような感じだ。

どうもこういったサプリや薬も、酒を飲んだときの頭の痛さと似ているように思う。

まあなんかデメリットもないと癖になって、しょっちゅう使うようになるのも困りもんなんだろうけどね。

変なところでバイアグラもどきをつかまされるよりは、よっぽどいいか。

ご同輩諸兄の参考になれば・・・


 

バイアグラねた続きで恐縮。

風俗を梯子するような友人がいて、すでに50歳は軽く越えているのだけれど、いわゆる絶倫と言っていいと思う。

この彼に元気の秘密を聞いたら、毎朝アボカドを食べるんだとか。

アボカドにはそういう栄養があるのだと。

こちらのアボカドは日本でみるのと違い、結構大きいしうまい。
もちろん日本で買うより遙かに安いし、ふんだんに食べられるのはやはりフィリピンの特権か。

常夏の国フィリピンといっても、微妙に季節の変化はあり、アボカドが出回らない時期もある。そんなときは西瓜なんだそうな。

一時期日本でもトマトのリコピンという栄養素が話題になったような気がするが、西瓜はトマトよりもそのリコピンを多く含むそうな。


写真は今朝通勤途中の信号待ちで撮ったもの。
道ばたで西瓜やパパイヤ、マンゴーといったフルーツも切り売りしている。

通勤途中にこれを買って、オフィスについてから朝食代わりや、朝のおやつに食べている。

前に書いたレジ横のバイアグラみたいなサプリといい、これもフィリピンの人口増加に役立ってるのでは?

フィリピンの人口統計のピラミッドは理想的なピラミッドの形で、平均年齢も20何歳かだったと思う。

日本は典型的な少子高齢型人口統計だし、平均年齢は40歳を越えていたのではなかったっけ。

ちなみに、かの友人曰くパパイヤは逆の効果だそうな。


↑このページのトップヘ