海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:トランギア

先日ネット上で見かけた、高校生の男の子の質問。

「高校生にも買える一生物のおすすめを教えてください」というのがあって、しゃしゃり出て返答しようとしたのだけれどやめた・・・

10年、いやながいものだと40年以上手元に持っているものがあって、それはわたしにとっての宝物みたいなものだけど万人に当てはまるものでもないしなと。

それぞれ手に入れたときは一生物にするぞと意気込んで買ったわけでもないし、年月に淘汰されながらいまだに手元に残って、結果的に自分の中で宝物になっただけだしね。

だからといってそれを若いひとに押し付けるのはじじいの余計なお世話になってしまうよね。

そんな、一瞬お勧めしようかなと思ったものが、これ。
たびたびどっかに写真載せたかと思うんだけれど・・・

73A59991-78DC-4785-8AD3-2942A711D679

豆腐チゲではなく、それを温めているアルコールストーブ。

せっかくなんでわかりやすいAmazonのリンクを載せとこう。
trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25

昨晩の残り物を弁当にのおかずに詰めてもらったので、それを温めているところ。

毎日昼飯時にはこのストーブで弁当を温めている。

355110F1-5A8A-4C87-BFD0-6C79036DDED8

ストーブはトランギアというスウェーデンのアウトドアブランドだったっけ?
奥に見えてるアルミの弁当箱も同じメーカーのもの。

ストーブはもうかれこれ15年くらいになろうか・・・
当時いくらで買ったか覚えていないけど、Amazonで今見たら2200円くらい。

多分そんなもんだったはず。

そんな値段のものをこんなに長く使われてもメーカーは儲からないんじゃ?と思うけれどまだどこも壊れる気配はない。

弁当箱とこのバーナーの組み合わせで、時々会社でコメを炊くのにも使う。

弁当箱は火にかけるせいかなんとなくアルミが柔らかくなってくるような気がする。

だんだんとベコベコになって蓋が閉まりにくくなったり・・・
2年に一回の割合くらいで買い替えてるけど、古いものもなんとなく捨てきれずにとってるし・・・


やはり貧乏性なだけやね、よかった高校生くんにしゃしゃり出て意見しなくて・・・

ミーティングというものに呼ばれたので、久しぶりに会社にいってきた。

しばらく前に一度行っているんだけれど、そのときに持って帰ってこようと思っていた私物を忘れていたんで今日こそは・・と


A55161D7-18D5-4667-9E0F-BAE466AB7D18

いつも昼飯の弁当を温めるのに使っているスウェーデン製のアルコールストーブ。

日本で買ったものなので、もう15年は使っていることになるな。

こちらの大学で技工を教えていたときにはワックス作業のバーナー代わりにこれを使っていた。

調子が悪くて時々ボンっと小爆発を起こすため、取り巻きの生徒のいい眠気覚ましになっていたっけ。

だんだん小爆発がひどくなって、あたりに飛び火するような困ったちゃんになったので使っているときには目を離せない。

 
火がついたまま場所を移動させようとして、右手の皮がずる剥けるくらいの火傷をしたこともあったしな。

もともとアウトドアの調理用のバーナーなんで、その世界の人は改造して蓋に取手をつけたりしてる人も見かける。

いいなー、便利そうだなーと横目で見ながら結局いまだオリジナルのまま。

確か今でも2千円くらいで買えるんじゃなかったっけ?

2千円のものを15年も使われたらメーカーは儲からんよね。
などと考えながらもまだまだ当分壊れそうな気配もない。

それどころかそういえば最近小爆発がめっきりなくなったような気がする・・・・

今日は会社に行ったついでにその宝物を持って帰ってきた。

実は家にもう一個同じものを鍋とセットで持ってるんだけど、そっちは非常持ち出し袋に入れている。

・・・で、古い持って帰ってきた方は真鍮ブラシできれいに掃除しいてやった。

金属磨きなんかで磨けばピカピカになるのはわかってるんだけど、そこまで磨きたくないし・・・

やはりこの小汚いところにセンチメンタルバリューがあるんだろうか。


90995B71-7C3A-4DB4-A2D6-FCDFB3F8C484

掃除終わってアルコールを入れ火をつけてみたら、いつものオレンジの炎が出ず均一でキレイな青い炎。

もしかしたら小爆発は掃除しろってことだったのかな?

明日はこれでコーヒー淹れてみっか。

ニート生活中はほとんど使うことがなかったけれど、最近また活躍するアルコールを燃料とするストーブ。


EA7E18F3-047C-4982-8DAD-E33370953697

スウェーデンのアウトドアメーカーというのか?トランギアというところのもの。
今でも現行品で2千円ちょっとで買えるんじゃなかろうか。

写真のものはフィリピンに移住する前に日本で買ったものなんで、かれこれ15年は使っていることになる。

チタン製のカップもほぼ同じくらいに買ったもの、これも結構大きな凹みがあるものの落とそうが投げようが壊れようがない。

五徳もチタンフェチに恥じないようにこれもチタン製。

奥に見えているのは100均で買った巾着で、カップにストーブを入れた状態ですっぽりきれいに入る。

綿製なので鍋つかみにも重宝するおりこうさん。

ストーブはしばらく前まで時々小爆発してびっくりさせられていたのが、最近はどういうわけかそれも無くなった。

しかし2千円くらいのものがここまで長持ちすると、アウトドアショップは儲かるんだろうかとかいらぬ心配もしてしまうね。


516FC847-6141-482C-8515-8ED1223607C6

今日も嫁さんが作ってくれた弁当を温めるのに活躍するのであった。

そういえばこのアルミの弁当箱も同じトランギアのものだったっけ。

アルコールストーブの柔らかい炎と、アルミの熱伝導率の良さは相性がとてもよく、焦げ付きなしできれいに全体を温めてくれる。

ちなみにストーブは海賊版的なものが安く売られているけど、この弁当箱はなぜか品薄で高値がついている。

さすがにこの雑な作りの弁当箱に何千円も出して買う気はせんな。

せっかくなんでアマゾンさんのリンクを載せとこう。

写真の弁当箱はメスティンのラージのほう。
今見たら8900円だって、これはボリすぎだろアマゾンさん。


trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25



trangia(トランギア) ラージメスティン TR-209 【日本正規品】

毎日仕事に行くときに嫁さんが弁当を作ってくれる。

弁当ないと外に食べに出るかなんか買ってきてもらうか。どっちにしても時間と手間がかかるのが面倒なので、恐妻弁当には感謝している。

それでもたまには嫁さんの都合で弁当がない日もあり、出勤時テーブルにいつもは置かれている弁当箱がないときもある。そんな日は黙って空の弁当箱と、戸棚や冷蔵庫からなんか探してバッグに詰め込んで出社。

大体は乾麺のそばかインスタントラーメンを持っていくことが多い。

そんな日だった昨日はやはりそばにした。

ひさしぶりにトランギアの凹んだ鍋を同行。
やはりこの大きさがバッグの中の収まりもいいし、そばを茹でるにも長方形がしっくりくるな。

ゆでたところにヒガシマルの粉末スープをぶち込み、そのままなべがどんぶりに変身。

食べ終わったらなべは洗ってまたバッグイン。

904E5230-DF29-40E3-9466-B7B103CE0DE6

洗ったあとついでに重さをはかってみた。
C7C969D8-1994-4F80-8F72-FB7B4FF4CBB5

これがどれくらいの重さかというと・・・
47EAF5FB-CD5C-4108-BB35-BA952397A255

我がお気に入りの腕時計はナイロン製のストラップなのでこんな感じだけど、金属のブレスレットだとなべより重くなるかな?

73A700C9-E7A1-4678-8469-EB14461CEF3B

これが会社でのボッチ飯セット。
箸は分割式でコンパクトになるので常にバッグの中に入れている。

このあとコゾーからテキストが来て
「今日は学校終わったら友達とご飯食べてからかえるけん」だと・・・

更にその後嫁さんからテキスト
「今モールで友達と一緒。8時ぐらいに終わるから迎えに来て」だと・・

ということは家でもボッチ飯じゃん。

IMG_0204

家に帰ると犬だけがお出迎え。

冷蔵庫にもすぐ食べられそうなものはなく、やはり戸棚にあったそばか・・

申し訳程度のクリスマスツリーを眺めながらのボッチ飯2連チャンの日でした。
しかもそばばっかり・・・




ずっと弁当箱にはトランギアというスウェーデンのアウトドアブランドだったと思うけど、ここのメスティンという四角いアルミのなべを使ってきた。  

そのままいつも火にかけて温めてから食べるし、嫁さんが弁当を作ってくれなかった日はこれでラーメンやそばを作って食べる。

普通サイズのメスティン2個と大きいサイズ1個を持っている。

時々火にかけすぎて焦がしてしまい、弁当箱のそこに炭化してこびりついたご飯が取れず嫁さんが苦労している。

小さいほう1個はでこぼこもかなりひどくなってきたので、仕事で使うなべにおろし、あたらしくもう一個買おうと画策。

いつものアマゾンで探しながらふと思いつきで別のなべにしてみた。

これならテフロン加工っぽいコーティングがされているし、たぶん焦げ付いてもしばらく水につけておけば取れるのではと思う。

容量を確認してもメスティンとほとんど変わりない。
おまけに日本製だっけかこのメーカーは?


CA6F2E69-13E8-49F0-B453-6BD9CDE57CF1

届いたものを手にとってみたら予想外に小さかった。
もうひとつ上のサイズにすればよかったかとおもいながらも、カタログ値を信じることにしよう。


EEF27D52-C5FB-4670-ADCC-29BDC049D924

・・・で今日の弁当。

なべの形的にメスティンと違って正方形で深さが深い分、横のアレンジが難しくどんぶり的なアレンジになってしまうな。

食後の感想はいつもより量が少ないということもなく、カタログ値に間違いはないみたい。

やはり少し焦がしてしまったけれどたぶんきれいに取れそうな予感。

ふたもメスティンは熱くなると素手で取れなかったのが、このなべだとつまみがついているし、取っ手もつまみもなかなかしっかり感がある。

ふたもぴたっと吸い付くように合わさるし、やはり日本製なのか・・・

↑このページのトップヘ