海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:デンタルクリニック

たまには仕事がらみの話でしつれい。

よくこちらに住む日本人の方たちからクリニックを紹介してとかいわれるし、やはりこちらの歯科事情には不安を持たれているんだろう。

フィリピンでは歯をすぐ抜くんだろうというイメージが出来上がってるみたいだけれど、それは皆の衆が日本で出会うピーナによって伝道された情報で、そのピーナの生活レベルでの情報。

私も日本のフィリピンパブなんかで知り合った子達の、入れ歯率が高いのにはびっくりしたことがあった。

「モンダイアルヨー、トイレに入れ歯落としてオミセ出られなーい」と泣きつかれて急ぎで入れ歯作ってやったこともあったっけ。

こちらで仕事してみれば、意外と日本より進んでいる部分があって、特に薬事法みたいなのが日本とちょっと趣が違うせいか新しい材料が結構早く入ってくる。

CADCAMなんかもあたらしもん好きの気質もあって、結構最近は技工所での導入も多いし。


6E3758E3-EA79-4C3B-84B1-3BB5CB2506F3

写真は口腔内スキャナーで歯をスキャンし、コンピューター上で形をデザイン。
透明度40%アップしたという新しいアメリカからのジルコニアの材料で削り出したもの。

さらに歯型はスキャンデータから3Dプリンタを使ってプリントしたもので、結局従来の歯型を採るという作業はどこにもない。

これでも一応ローカルの症例。

技工所から歯科医院への納入価格は物によっては日本の技工所よりも高いけど、患者さんへの歯科医院価格は日本より安い場合が多い。

ちゃんとしたクリニックさえ見つけられれば、フィリピンで歯科治療というのもありかもね。

実際他の国からわざわざ来て治療してるのもかなりの数ある。

でも日本人の方からの「クリニック紹介して」というのはもうお断り。

今まで結構紹介してきたけど、どれもいい思い出がないんでね。

「日本と違う」とか比較して文句行ってくるやからが多いんで、「じゃあ日本に行って治療しろよ」というのがモノすご~く正直な気持ちです。

私が日本人技工士だとわかっているせいか予約をとることから治療時の通訳、更に歯を作ることまで期待されるし、おまけに金額もまけてもらおうというのはあんまりだろう。

俺はそこまで暇じゃない、自分のケツは自分でふけ!とさけんでみようかたまには・・・

例のボヂマサジのスパ。
なんとなく日本っぽい名前だけれど微妙に違うし・・・

店番の可愛い子にあれこれ聞いたら「オーナーは日本人です」だって。

「いや日本人オーナーならこの看板はありえんだろう」と突っ込めば、オーナーの旦那さんが日本人らしい。

・・でその日本人は日本に住んでいて会ったことはないとか。

こんなとこにも日本人すけべおやじの日比友好の架け橋がある。

その怪しげなスパのすぐ近くにデンタルクリニックもあって、特に興味はないけれど商売柄一応見とこうかと近づけば、入り口横にガラスケースを出していて、入れ歯やクラウンの汚いのを並べている。

多分患者の口にあわずに再製作になった分なんだろう、石膏の歯型には患者のものと思しき名前が書いてあるまま。

IMG_2302

ガラスケースの向こう側には受付のおねえちゃんがいたのであまりおおっぴらに写真は撮れなかったけど、そのうちの一枚。

金属製の入れ歯、多分これも患者に合わなかった分なのかな?並べて値段がついてある。

明朗会計といえなくもないけど、あんまり印象は良くないんじゃ?

しかし入っているモールがバタ臭いから、テナントもバタ臭くなるのか?
バタ臭いテナントが入っているからモールもバタ臭い雰囲気になるのかどっちなんだろう?

一階にはスーパーマーケットもあって、以前嫁さんの買い物に付き合ってレジ待ちしていたら、小汚いフィリピン人のおっさんに声をかけられたっけ。

「オンナイラナイ?」だって。
「そこに嫁さんがいるんだから考えて声かけろよ」というと、今度はかなり擦り切れたチラシをポケットから出して「シューティングシューティング」という。

なんのことかと思ったら、射撃場みたいなところで拳銃が撃てるとのこと。

このおっさん別の日にも同じように声かけて来た。
「お前2回目だよおっさん」といってお引き取り願った。


よっぽどセブには縁がないのか、今までに都合6回ほどセブに入ったことがあるのだけれど、
全部仕事がらみで、うち4回は日帰り。

あさ5時くらいの飛行機でセブにわたり、夜10時くらいの飛行機でマニラに帰ってくるパターン。

いまだにきれいなビーチも、観光名所も行ったことがない。

今回も早朝出発。

2017-01-31-08-06-54

マニラの空港を飛び立ってすぐに見えるのがこの風景。
タギッグという地区で中央の変わった形の建物はSMアウラという新しいモール。

そこから約一時間弱でセブに到着。

今回の用事は新しくシーサイドのモールにできたクリニックの用事。

なんでもフィリピンで一番大きなデンタルクリニックだとか。

2017-01-31-18-48-00

オペ室も含めてデンタルチェアーが6台に技工所も併設していた。

フィリピンの歯医者はすぐ歯を抜く、というイメージからはかなり遠く、
日本の大多数のクリニックは負けてるな。

セブはレチョンといって豚の丸焼きが有名らしく、
同行の人たちはこの時とばかりにレチョン専門店に行く。

私はどうもこの丸焼きが焼けた人間の体を想像してしまい食べる気がしない。

ランチもレチョン専門店、ディナーもレチョンでちょっとまいった。

セブの白砂のビーチにさわれるのはいつになるんだろう。
 

photo 1

歯の話題のついでに、今日通勤途中に撮ったマニラの歯科医院。
技工所も一緒になってるみたい。

外から見る限りには薄暗い中に作業机と思われるところに蛍光灯が2本ついているのが見えたけど、
治療台は分からなかった。

あくまでもひとつの例で、みんながみんなこういうクリニックばかりじゃない。

↑このページのトップヘ