海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:ジョリビー

都市封鎖は今月末まで延長ということになった。

そのあと仕事が平常運転になったからといって、元に戻るのには時間がかかりそう。

しばらく睡眠も十分の生活が続いているし、重いバッグを持って通勤、しかも渋滞で余計な時間がかかるし、という生活から離れてしまっている。

習慣的なものというよりも、今の半隔離生活でいろいろと気付いたり見直したりされたこともあるしな。

DC47DE5D-75F1-4339-AFA4-CE027088B882

今日は買い出しで久しぶりのシャバの空気。

開店15分前に着いたけど、スーパーの入り口前にパイプ椅子がソーシャルディスタンスを保ちながら並べられている。

開店時には20人ほどで外で待機させられる人もなく全て入店。

ご覧のように今日はコメもたくさん並んでいた。

コシヒカリとかササニシキとパッケージに書かれたものもあったけど、どうなんだろうね。結構高い。

4EE1E065-F71A-4751-854F-9EF9D56E0CEB

今回もこぞーと二人での買い出しだったけれど、嫁さんからの要望でマクドのバーガーを買ってこいとの仰せ。

数件心当たりを回ったけど、ドライブスルーも全滅状態。

あきらめて家に戻る途中、自宅近くのジョリビーに電気がついてるのを発見!

さすが庶民の味方ジョリビーは、ドライブスルーもあってバーガーもある。

7F5B7C9F-13D7-4901-8139-E579205AE9B8

日本の非常事態宣言後の様子が実際どうなのかわからないけれど、こういうバーガーとかいったものが恋しくなってくる。

あとこぞーなんかは髪切りに行けないのが困ってるな。

EA4C525D-1FF0-4EAA-8944-EAE404CD7E67

そろそろ真夏の暑さのマニラから。

いま日本ではヤバイといえば2つの意味で使われるんだとか?

スゴイというような意味でも使われるのが新しいんだっけか?まあいいや

 フィリピンに長く住んで、しばらくぶりで日本にいくと何を食べてもおいしい。

多分これはフィリピンに限らず、日本以外の国から戻るとやはり日本の食べ物は何でも美味しく感じるんだと思う。

日本に帰ったときによくお世話になるのが吉野家。

前回も朝食は吉野家で定食を食べたっけ。

A432A80B-79C2-4A8F-A9E3-854FB2C7E062

で、何がヤバイのかというと

8632C7EF-B39A-4274-A200-E6931C48AA32

こんだけおいしくて店員さんの対応も素早くてこの値段。

フィリピンペソに換算すると200ペソ弱。

では、おなじ様な値段でフィリピンでは何が食べられるかというと

727D16AF-1BF6-4CB1-8E4B-704A6CAFDA34

庶民の味ジョリビーの2ピースチキンセット。

唐揚げ2個にグレイビーソースとパサパサしたご飯のみ。

カウンターの長い列にならんで注文し、またしばらく待たないとモノは出てこない。

これと比べると吉野家の定食は安すぎじゃないのか?吉野家に限らんと思うけど。

フィリピンじゃ日本のラーメンも人気で一風堂とかラーメン凪とか、日本の値段になおすとラーメン一杯千円ほど。

それでも結構なお客さんが入っているし・・・

なんかネットとかでの情報でしかないけど、吉野家食べてるのは底辺みたいないわれ方もするのかな?
たしかに、このあいだ朝定食食べてたときに、野球帽かぶったおっさんがビール注文してたりはしたけど。

いやー、もっと値段は高くてもいいんじゃなかろうかと思ってしまった。
というより、そういう値段にしないと生き残っていけないような状況なのか?

日本は色んな面で頑張りすぎなような気がするね。
十数年前には自分もそのど真ん中にいたわけだけど、いまではすっかりフィリピン生活に馴染んでしまってるんだろうな。

58C571D2-1BFC-4820-8758-182EE5D163CC

これは夜にコンビニで買った寝酒とおつまみ。

おちょこいっぱいで十分なので、こういう小さい瓶で日本酒が売っているのもありがたい。
ワンカップだとなんかアル中のおっさん的なイメージがあるんで、しかも飲みきらないと蓋がないし・・

と思っていたらこういうおしゃれな瓶に入った日本酒を見つけた。

酒の味に薀蓄語れるほど何もしらんけど、この酒は上善水の如しという感じでホント水のような酒だったな。もちろんいい意味での水のごとしね。

ハタハタはちょっと甘すぎてこの酒には合わなかった。



先日ハワイから嫁さんの友達が夫婦でマニラに遊びにきていた。

いつもいろいろとおみやげをもらったりするので、一度夕食に招待しようということになったのだけれど、相手はけっこう裕福な方たちで、バレンタインのデートにはマニラ郊外の某有名レストランでの食事だったらしい、しかもホテルとレストランの往復にはヘリコプターをチャーターしたというような夫婦。

そういえば次の日に仕事でいった先の新婚ホヤホヤのデンティストも、バレンタインデートは偶然にも同じレストランだった。

こちらも家族全員歯科医師という家系でもちろん裕福なのだけれど、マニラとレストランの往復は車で都合6時間かかったとボヤいていたっけ。

そんないわば別次元のひとはどこに連れて行けばいいんだろう、と嫁さんにせっつかれた。

私はいい加減な人間なんで、落ち合った場所でどっか目についたよさげなとこでいいんじゃね?
というけれど、嫁さんはフィリピン人の割にはかなり几帳面で、ちゃんと事前に調べて予約せんといかん、とのたまう。

「いやー、いいレストランでいい食事、なんてもうありきたりだろうから、逆にジョリビーが新鮮でいいんじゃね?」

とフィリピンの庶民の味方ジョリビーをけっこうマジで推したのに、冗談と一蹴されてしまった。

フィリピンではあちこちに見かけるジョリビー、フィリピンの庶民の味としてすっかり定着し、今では海外にまで支店があるらしい。もちろんフィリピン人コミュニティーのある場所らしいけれど・・

私も嫁さんが弁当を作ってくれなかった日なんかは、オフィスの近くのジョリビーでツーピースチキンを買ってきてもらうことがある。

IMG_1477

これがそれ、と思ったらKFCのものだなこれは。はは
まあ大差なくてマックでも同じ様なメニューがあるところを見れば、定番なんだな。

紙に包まれているのがご飯で、カップに入っているのがグレービーソースというもの。

スパイシー味も選べるのだけれど、私には物足りないので、会社の冷蔵庫に常備しているインドネシア土産のチリソースをかけることにしている。

ジョリビーのものだと150ペソくらいだったかな?KFCは若干それより高かったと思うけれど、日本円で300円ちょい。

これでもうちの社員にして見れば、ぜいたくというか、なんか給料日だから今日はツーピースチキンにしよう、というのりみたい。

日本ならそう、給料日だから今日は天丼にしようか、という感覚にちかい。

材料の鶏はどっから来るのかとか知らないけれど、マクドナルド、KFC、ジョリビーとどこにいってもこのメニューはあるので、フィリピンに来られる方はおためしあれ。

食が細ければワンピースチキンというのもある。

そうそう、本題を忘れてしまっていたけど、結局くだんの友人夫婦は、嫁さんが見つけてきたタイ料理のレストランに予約して連れていった。

もうひと組別の夫婦も招待してあって、こちらも別格に裕福な方達だったけれど、全員で7名の割に支払ったのは2400ペソ(5千円)ほどだった。

品数も少なく、カレーとチキンというごくシンプルな食事だったけれど、それなりに好評だったような・・・







↑このページのトップヘ