海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:キンドル

Amazonのキンドルペーパーホワイトというのをずっとほしくて、しばらく前にやっとセールのタイミングをみつけたので購入した。

活字中毒なもんで、しかもやはり日本語で書かれた本じゃないと、英語の本とかだとどうしても面倒で・・・

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

フィリピンに来た頃は日本の本がなかなか手に入らなくて、当時息子が通ってた日本人学校で時々催される古本市が結構貴重な入手の機会だった。

その後あれよあれよと電子書籍が台頭してきて、ようやく不自由しなくなったといえる。

キンドルは目が疲れなくていいんだけれど、雑誌系だとカラーじゃないし、活字もなんかやたら小さかったりする本もあり、やはり純粋に活字のみの本向けらしい。

プライム会員の特典を利用したり、青空文庫を利用したりで、ほとんどお金をかけずにこれだけ本が読めるのはしあわせだな。

吉川英治の宮本武蔵 全8巻とか三国志とか、以前から読んでみたかった本をむさぼるように読んだりしている。

最近趣向を変えて、東南アジア近辺の売春を手間にしたドキュメンタリー?で鈴木傾城さんの本をまとめて読んでいるけど、フィリピンと時々オーバーラップするんでこれが最近のマイブーム。

主にタイのあたりの話が多く、私がフィリピンで見聞きする範囲のその手の世界より、もっとディープなような気がする。

この辺は時代が微妙に違うのもあるのか、やはりその国の経済発展の度合いとか、国境が隣接しているせいとかいろいろあるんだろうか。

昨晩寝る前によんでいたのがこの本。
勝手に宣伝していいのかどうか知らないけど、多分いいんだろう・・・


小説 スワイパー1999: カンボジアの闇にいた女たち (ブラックアジア的小説)


もしかしたらフィリピンでもこういうディープな世界があるのかもしれないけど、私は知らない。

あとその前に読み終えた本で、同じ著者のもの。
場所が日本なのだけれど、どっちかというとフィリピンの風俗の裏舞台はこっちのほうが近いような気がする。


デリヘル嬢と会う: 彼女は、あなたのよく知っている人かも知れない


デリヘルとは違うけれど、エクストラサービスありのスパの子を雇っていたことがあったのを思い出したもんで、タイトルについつい魅かれて読んでしまった。

スパの子を雇ったといってもそっち系のサービスをさせるためではなく、家庭の経済事情でそういう職に身を置いていた子だったけれど、大学に通って普通の職につきたいという志の持ち主だった。

スパで働きながら学校に通い始めたけれど、どうしてもスパじゃ安定した収入じゃないし、仕事時間が夜間になるのでキツイという。

昼間の仕事である程度時間に融通のきく仕事を探しているけれど見つからない、というのでダメもとでうちの面接を受けさせてみた。

爺さん人事部長のお気に召されたのか無事採用。
あの人事部長のじいさんも巨乳好きだしな。

・・・で、しばらく受付嬢をしながら学校に通っていた。

途中母親が再婚したとかで、再婚相手の経済的援助を受けられるようになったこと、学業が忙しくなってきたことで退職。

そのころは結構ほかのスタッフからも惜しまれるようになっていた。
もちろん私以外誰も彼女の経歴を知らないので、まさしくこの本のような実情だった。

その後はSNSで消息を知るのみとなったけれど、無事卒業もしたようで、さらになかなかよさげな彼氏もでき、SNSの写真も晴れやか。

多分こうした例はまれなんだろうな。

この子はやはり思い出深い子だったので、拙著「すぱがーるず」にも書いたような気がする。


すぱがーる: 困窮邦人 ESスパとピーナにはまる
海外逃亡してしまいましたシリーズ

今日は宣伝と広告が多いな、たまにはよかろう。

2017-09-20-21-05-37



image
先にもっとやらないといけないことがあるのに、また余計なことをしつつある・・・

拙著「海外逃亡してしまいました」の続編になるのか、裏バージョンになるのか・・
マニラでの生活のしもネタの部分ばかりを集めて、また恥ずかしげもなく本にしようとしている。

・・というかすでにデータは例のキンドルダイレクトパブリッシングというところにアップロードしている。
 
いつものごとく期限が限られないとダラダラと先延ばしにする性格なので、予約販売というシステムを使い販売開始期限を先に決めてしまった。

あとはぼちぼち校正したり、見直したりしながらほぼもういいや、という半ば投げやりなところまで来ているので、キンドルダイレクトの審査が終われば公開はできるのだけど・・・

今回はほとんどしもネタばかりなのでコゾーに見られると困るんだけどね。

まあ、でもこういう情報のほうが多くに望まれているだろうから、だしてみっか。

タイトルは「すぱがーる」表紙の感じも今回はガラッと変えてみた。

フィリピンは男性天国といわれるほど、風俗関係はお盛んだけれど、日本人向けの情報は結構ワンパターンじゃなかろうか。

国際空港についたら最近はみんなアンヘレスの方にいってしまう日本人のご同輩が多いような。
もっと足元でディープな楽しみがありまっせ、というような部分を少しばかりかいている。

今日はとりあえずひっそりと前宣伝だけ・・・


むかし日本で自営業をしていたころは少し金回りがよくて、金回りがよいという錯覚だけでかなり無駄使いもしてしまった。

入ってきたお金以上に使わなければ問題ないのは道理なんだけれども、調子に乗っているときにはそういうこともわからないのね。

しかもそういう状態がいつまでも続くとおもっているところが間違いで、やはり「備えよ常に」なんだな。いまさら遅いけれど、せめて今後の生活には生かさないとね。

フィリピンに来てからは困窮邦人一歩手前のふちをぎりぎり歩いているので、必然的に無駄遣いはしないしできないか。

物欲は以前の生活である程度満たしたし、いくらほしくて恋焦がれても、手に入れてしまえばさめてしまい、ついには飽きてしまうのも経験済みなんで、今はそれほど物欲は強くない。

育ち盛りのこーぞーなんかは今からの人生なんで、ほしいものもやりたいこともいっぱいあるみたいで、私につき合わされるのは迷惑だろうけどね。

いまのフィリピンでのこの時期人々の一番の関心ごと、サーティンスマンスペイ。

日本のようにボーナスというのは一般的ではないみたいだけれど、正社員ならこの時期に一か月分の給与を余分にもらえるように法律で決まっている。

これがいわばボーナスに当たるもので、正社員なら間違いなく一ヶ月分が保障されている。
中途採用は正社員になった期間によって計算されるみたいだけれど。

私も何を隠そう一応正社員という立場なので、この対象に入っている。
ほとんどが借金返済と車の修理でなくなる予定だけれど、ひとつだけもしかしたら買おうかなとおもっているものがある。

キンドルといってアマゾンの電子書籍を読むタブレット?というのかな。
もともと活字中毒なのだけれど、フィリピンではなかなか日本の書籍が手に入らない。
アマゾンで買って運び屋さんに持ってきてもらうという方法もなくはないけれど、
あの書店でいろいろ立ち読みして選び、買って帰るときのワクワク感からいうと、間が空きすぎてしまって、運び屋さんから受け取ったときには「あーそういえば頼んだっけな・・」になりがち。

その点電子書籍ならサンプルページのダウンロードがいわば立ち読みでぱらぱらめくってみる部分で、気に入ったら購入して即ダウンロードできるところはすぐに読めて便利だし。

アマゾンのプライム会員に入っていれば無料で読める本もかなりの数ある。
自炊の手間を考えなければ青空文庫もあるし、このキンドルがあれば活字には困らないだろう。

・・でほしいのがこれ


プライム会員だとさらに4000円くらい割引になるらしく、十分元は取れる。
ただ、暗いところでは読めないらしいので、そうなるとこれかな?

でもこれだとこっちのタブレットと値段変わらないか、どうかするとタブレットのほうが安くなる。



 
インターネットやメールの送受信なんかも出来るだけタブレットがましじゃね?という考えがちらちらよぎるのだけれど、近頃めっきり目が疲れやすくてスマホやパソコンの画面を長時間見るのがつらい。

やはりこれで決まりかな?いややっぱり本を読むだけだから一番安いほうでいいや・・・


 
などと13ヶ月目の給料がいつ支給されるのか今か今かと待ちながらこの堂々巡りを楽しんでいる。



久しぶりにアマゾンで買い物をした。

今日運び屋さんがマニラに戻ってくる日なので、持ってきてくれるだろう。

今回のメインはこぞーへのプレゼントと、嫁さんの美容サプリ。
自分用には例のハワイアンコーヒーとスマホのスクリーンプロテクターくらいか。

困窮生活が長いと買い物もめったにしないし、というかできないのか・・・
必要なものやほしいものがあっても、決断するまでに結構な時間をかける癖がついてしまった。

もともと10年以上もつもの、という自分なりのものに対する基準があるので、この先もしお金持ちになってもこの辺は変わらないだろうと思っている。

スマホのプロテクターはもちろんこちらでも買えるのだけれど、こういう商品はフィリピンの場合結構割高。
この間アメリカからきていた知り合いもいっていたけれど、日本やアメリカなら千円以下で買えるものが、こちらでは3倍くらいの値段がする。

それでも周りにはつけている人が多いし、そういう値段なんだと思っているんだろうな。
フィリピンにはアマゾンはないしね。

アマゾンを知っている人もあまり会ったことがない。

大体どういった商品は日本のほうが安いかがわかってきたので、そういうものはアマゾンから購入することにしている。 

ほしいものはウィッシュリストに入れておいて、必要なものはカートに投入。
大体すぐにはレジに進まず普通一ヶ月ほど放置。

その間別に追加するモノもあれば、やっぱり今は買わなくてもいいや、とカートから出してしまうものもある。

そうこうして一ヶ月ほどしてもカートに入っているものは、いよいよ買うべきものという決断のもと、レジに進んで決済をするという流れなんで、かなりしぶちんな買い物の仕方だと自分でも思う。

おかげで余計なものは持たない生活になっていると思うし、これはこれで自分のスタイルとして定着している。

もう一つはペソと円のマジックもあると思う。
円で価格を見るとどうしても高く感じるのに、ペソで見てしまうと安く感じてしまうのね。

もともと活字中毒なもので、日本の本が外国に居ながら読めるキンドルとか、かなりほしいものの一つなんだけれど、いまだにポチらないまま。

8980円とか見てしまうと、今の自分にはぜいたく品に見えてしまうけれど、
これがフィリピンのモールかなんかにあって、3500ペソとかついていたら給料日後なんか買ってしまいそうな気がする。

実際こちらのショッピングモールでキンドルは見かけたのだけれど、幸か不幸か日本で買える価格の倍ぐらいの値段で売っていたため、もちろん日本で買える価格を知っている私としては全然その気にはならなかった。
2015-12-16-18-45-48


最近うちのこぞーがいろいろと趣味みたいなのが芽生えてきて、やはり血を引いているのか同じような趣味嗜好にある様子。

写真やカメラのこととかいろいろ聞いてくるので、話していると自分の過去を思い出し、改めてとんでもないお金の使い方をしていた時があったことを認識させられる。

その後いろいろあってこうしてフィリピンで渋ちん生活を送っているわけだけれども、自分はそれでいいとしてもそれをどこまでこぞーなんかに押し付けていいもんか、これはいつも自分の中での葛藤。

 

運び屋、というとなんかやばいものを運んでそうだけれど、大変お世話になっているのでここはやはり運び屋さんといわないとね。

フィリピンに移住してきた当初は日本と比べて、あれが無いこれが足りないと家族も含めて不満がいろいろとあった。

日本の食べ物が恋しいというのがまず最初だったのだが、程なくこちらに住む日本人の方から日本食材店の存在を教えてもらった。

お店も一軒だけではなく数軒あり、納豆から味噌、アイスクリームに至るまで売っている。

正露丸やバファリンなどおなじみの薬なんかもあり、日本に比べて少し割高とはいえなかなか心強い存在となった。

次には活字中毒の私にとって日本の書籍が売っていないのが不満だった。
当時息子が通っていた日本人学校のお祭りのときなど、古本市が開かれていたが、ここは開店前から毎年長い行列が出来ていたのを見ても分かるとおり、やはりみな日本の活字が恋しかったのだろう。

その後Kindleなどの電子書籍関連のものが出てきて、日本の友人が誕生日にKindleを送ってくれた。

ただしこのKindle当初は日本国外では日本のサイトから電子書籍をダウンロードすることが出来なかった。
「これじゃ電子書籍の意味ねーじゃん」と早速アマゾンにメールした。

やはり同じような人が多かったのだろう、程なく外国からでもダウンロードできるようになった。
無料で読めるものもかなりあり、「宮本武蔵」なんか全部の巻を一気にむさぼるように読んだっけ。

それでもまだまだ日本の方が物が充実していて、アマゾンのサイトとか見ては悶々とすることも多かった。

IMG_4671

そんな折また紹介してもらったのが運び屋さん。
日本とマニラを週2回ほど往復して、食材やなんかを運んでいるのだと。

大体キロ1000円で運んでくれるということで、現地ペソ通貨での支払いもOKだ。

個人的なものはもちろん、仕事関係で必要なものも普通に国際郵便を使うより早くて安い。

普通に国際郵便、貨物を使うと、国をまたぐ以上税関での手続きなどで、時間をとられることが多いし、必要以上にとめられて、納期のあるものなどはひやひやすることも何度かあった。

さらにそこはフィリピン、たまに荷物がなくなるというとんでもないことも経験した。

そこに行くと運び屋さんは違法なものじゃない限り確実に持ってきてくれる。

おかげで日本で買えるものは何でも手に入るようになったし、週2便のフライトという制約があるけれども、やはり通販は待つ時間も楽しみのうちではないかい。

いやいや、運び屋さんなしではいろいろと成り立っていかないような体になってしまった。

嫁さんなんかは日本から仕入れたものをこちらで売ったりと、立派なテンバイヤーになって小遣い稼いでいる。

↑このページのトップヘ