海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

タグ:インプラント

フィリピンでもいつの間にかインプラントをやる歯医者が増えてきている。

顎の骨にインプラントを埋め込んだ後、その上に歯を作るのは技工士の仕事で、それこそ様々なレベルの歯医者が仕事を技工所に送ってくる。

「お前はインプラントとかやらない方がえーぞ」という歯医者さんも中にはいらっしゃるので、フィリピンで、いやこれはフィリピンに限らず日本でもそうだな、インプラントの治療を受けようと思う方はよく選んでね。

・・・といっても一般の人にはどう選べばいいかわからないよな。
多分おすすめは技工士さんの知り合いがいたらその人に聞くのが一番かもしれない。

歯科医師の技術レベルの内情をよく知っていたりするんでね、もっともその技工士さんのレベルが低ければ論外だけど。


DBDDFEA6-AE53-49F1-87EC-314C7A16A788

手元にインプラントの実物があったのでせっかくなので写真でも。

指の上に乗っているのがその骨に植え込む部分のチタン製インプラント。
普段は滅菌カプセルの中に入っていて、骨に穴を開けて埋め込む直前までカプセルから出されない。

もちろん写真のように触りまくったものは口腔内に使うことはできない。
これは実習で使ったインプラントの残り。


08533B1E-CBE1-4924-9254-3C3D3D385D10

このインプラントを骨に埋め込んで、しっかり骨に固着されてからその上に土台をねじ込んで歯を作る。

この辺から技工士さんの仕事。

大体が生体親和性の良さから土台や、それを固定するネジもチタン製。
このネジが米粒より小さいネジのくせに、フィリピン人の技工士さんの日当数日分の値段がする。

作業中落っことしたりピンっと飛ばしたりしてしまうともう大変。

スタッフ総出で大掃除が始まる。

出てこないと給料から引かれたりで数日分の給料がパーになってしまうしね。


0200113C-0F26-4DB3-877C-AAF3A08EAEC9

上の土台も色々種類があって、写真の金色のパーツは入れ歯を固定するためのホックみたいなもの。

インプラント自体もサイズやメーカーも色々様々。

スイス製、ドイツ製、韓国製、イスラエル製などなど製造国もさまざま。

中にはネジが折れやすいメーカーもあったりするんで、これまた選ぶのがたいへんなところ。

この歯医者は行かない方がいいよーというところもたくさん知ってるけど、こういうのはしがらみが増えるので変に口外も紹介もしないようにしている。

なるべく自分の歯を大切に使うのが一番だな、といいつつ自分の歯もガタガタだけどね。



今週一週間は会社内のセミナースペースでインプラントのセミナーがあった。
といっても歯科医師向けのセミナーで私は時間が空いたら立ち見させてもらっていただけなんだけど。

今日が実習の最終日でちょっと珍しい光景が繰り広げられていた。
2017-04-01-15-10-14

全員術着を着て豚の生身のあごにインプラントを実際に打ち込む実習。
結構な数の豚のあごが用意されていた。
参加者の歯科医師は8割がた女性で全員若い。 しかもほとんどきれいどころがそろっていた。

ピーナの女医さんが一同に術着を着ている光景も、なかなか見れないのでご堪能あれ。

2017-04-01-15-10-33

2017-04-01-15-11-52

image
 

結構根強くフィリピンのインプラント、という検索ワードでこられる方が多くいらっしゃるようなので、たまにはまじめなねたで。

 IMG_0005
写真は製作途中のものだったかな?
同業者が見るとなにいわれるかはさておき、下あごのインプラントブリッジ。

ぜんぜん歯がが残っていない状態から、いちおう入れ歯じゃなく歯がある状態にできるんだからこれはこれですごいのかも知れない。

この患者さんの場合は上あごも方もすでに治療済みで、同じく歯がない状態からある状態に変身済み。

写真は型どり後技工士のほうに回ってくるやつに石膏なんかをついだ、いわば口の中の複製と、その上で製作したブリッジもろもろ。

インプラントもこれだけの数になると、複製を作るのにもいろいろ専用のパーツを埋め込んだり、歯肉を模倣したシリコンで歯茎の部分も作ったりと、この辺の作業から神経使わないといけない。

患者さんのクリニックに対する支払いはいくらか知らないけれど、いかにフィリピンとはいえこれはけっこうな額を払っているはず。

クリニックはたまに呼ばれるところで、レベルの高いところ。
親子代々で歯科医師で、現在はお父さんと3人のご子息たちで数件のクリニックを経営されている。

みんなそれぞれモノホンのロレックスしてるし、人当たりも育ちのよさを十分感じさせる。

これだけの治療費が払える患者さんもそうだし、なんかそんなところに困窮邦人の自分がぱちもんのロレをつけていくのはたまにさびしく感じるときもある・・・
 

普通にはあまり見る機会がないのではと思う、インプラントのレントゲン写真。

このクリニックはデジタルレントゲンの為撮ってすぐモニターで確認することができる。

特にこの時は写りが良かったので写真を撮っといた。

ネジネジになっている部分がチタンでできたインプラント本体で、顎の骨に埋まっている部分。

頭の部分はさらに小さなチタンのネジでとめている。

右3本の白い部分は金属で、周りにうっすら見えているのが金属に焼き付けたセラミックス。このタイプはメンテナンスなどの時にはネジを緩めることで取り外すことができるようになっている。

一番左は冠をかぶせる土台の金属をネジでとめた状態。この後上に冠をかぶせるのだけれど、通常の冠と同じくセメントでつけるのだけれど、冠をつけてしまうと取り外すことはできない。

顎の骨の条件などでインプラントの植立方向や部位に制限があるのだけれど、そういった条件によって頭の部分の作り方が変わってくる。


ちと真面目な話題でした。

時々出入りのクリニックに行くと日本人の患者さんと会うことがある。
駐在の方などはすぐに日本人と分かるのだけれど、長くこちらに住んでいる人などはしばらくわからないことがある。

これはお互い様らしく、しばらく変な英語やタガログ語でやり取りした後にお互い日本人ということに気づいて笑い話になることがしばしば。

昨日もそのような日本人の方とお会いして、先方はすでに40数年こちらに住んでいる大先輩であった。

インプラントの説明になりクリニックにおいてあった拡大版のモデルで説明申し上げた、モデルの写真を撮っておいたのでついでにご紹介。

image

実物はあごの骨に埋め込むもので、ごく小さなネジで直径はだいたい3,5~5mmくらいかな。
写真のモデルは説明用のもので指くらいの太さのもの。

本物はチタン製でご覧のように直径、長さ、ネジのピッチなど様々な種類がある。

今のインプラントの主流は2ピースになっていて、第一段階の植立手術では上の写真のパーツを埋め込む。

植立部の歯肉を切り開いてあごの骨にドリルで穴をあける。
そのあとタップ(ねじ山)を切ってインプラントパーツをねじ込む。
ねじ込んだ後は歯肉を縫い合わせてしまうので、パッと見には何もやってないように見えるかも。
手術自体もベテラン医師がやると30分もかからなかったりする。

初期のインプラントはほとんどが植立した後に頭の部分が歯肉から出ていて、この部分が冠をかぶせる土台となるのだけれど、出ている分やはり外的な力を受けやすいし、歯肉と頭の境目から感染しやすかったりと、あごの骨がしっかりとインプラントに食い込んで固定できるまでの失敗も多かった。

この2ピースのインプラントはその点、歯肉をかぶせてしまうこと、頭の部分が出ていないので外的な力を受けにくい、ということで今の主流になっている。

一回目の手術後約4から6か月で骨がしっかり融合されるので、そのあと歯肉に頭の部分を装着する部分の穴をあける。

image

真ん中のパーツが冠をかぶせる土台となる部分で、左のネジで固定される。
パーツはすべてチタンで、土台の部分はジルコニア製のものもあるし症例によってはカスタムメイドされる。

土台がたてばあとは型をとってその上に冠を作るだけなので、この辺からは普通の治療に近くなる。

冠はセメントでつける方法やねじ止めで、後々メンテナンスなどの時には歯科医師が取り外しできるようにとか、この辺が少し通常の冠とはちがうところ。

image

 今はインプラントの種類も多く、デザインも様々なのだけれど、今回はごく一般的なインプラントのスタイルだけの紹介で・・・

 

↑このページのトップヘ