海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

カテゴリ: 原稿 ピーナはやめた方がいい100の理由


昨日は日本から仕事上のお客さんが来ていた。

いわゆる接待というやつで、まあ、ご本人も前回不完全燃焼だったのでリベンジマッチを密かに望まれていたようす。

ちと夜の世界にお連れ申し上げた。

日本の風俗には全然詳しくないので、どれに該当するのかわからないけれど、女の子を選んでしばらく飲み食いカラオケして、個室にご案内というやつだった。

女の子の衣装が膝上何cmとか股下何cmというレベルではなく、股上2cmというような衣装だった。

周りがそういうのばっかりだからなのか、あからさまだからか、逆に全然そそらないのね。

たまたま自分についた子だけかもしれないのだけど、いや、隣もそうだったな。
「個室に行こう個室に行こう」としつこい。

多分ほとんどのお客さんはそれが目的で行くのだろうけど、なんかねぇ

聞きもしないのに「ワタシコドモイルカラシゴトガンバラナイト」と言われても余計にその気にはならない。

歳なんかな?

特に接待する側なんで最初からその気はなかったんだけど、結局お客さんが個室に消えた後は、一人でテレビ見て待ってるしかなかった。

最近デビューしたスマホでネットに接続できたのが救いだった。

写真も撮り忘れたな。
まあ、あまりそそられないからいいや。

以前にフィリピンパブによく行っていた頃、びっくりしたのは若いピーナの入れ歯率が異常に高いことだった。

仕事柄すぐ歯に目がいくのだけれど、聞けば虫歯になると抜くのだと。

「何で治療して残さないの?」ときけば
「治療するとお金かかるでショー、あと痛いダカラ」だと。

しばらく前は日本にいて身近に入ってくるフィリピンの情報と言えば、日本で働いているピーナからの情報が圧倒的に多かったのではなかろうか?

そのせいなのだろう、フィリピンの歯科医院で会う日本人の方々は、「すぐに抜かれるんじゃないか?」とびくびくしている。

もちろんフィリピンにもハイクラスの治療をしているところも多いわけで、やはりこれは生活レベルの問題なんだと思う。

日本に働きに行くピーナのフィリピンでの生活レベルは決してハイレベルなものではなく、どちらかと言わなくても下の方。

そういう人たちが受ける治療も、必然的にそういったレベルになるのもしょうがない。

病院にかかることが経済的に難しいレベルの人たちも多いため、そのような層向けにメディカルミッションとかデンタルミッションというのがよく行われている。

いわばボランティアで治療費もただ、殆どが青空天井のもと行われる。歯学部学生や新米歯科医師の抜歯の練習みたいなところもあるしね。

もう一つ以前に聞いたピーナからの情報。
100万円あれば家が建つ、というもの。
聞いた当時は「へーそんなもんか、やはり物価が安いんだあ」と思ったけれど、フィリピンに来てみればとてもとても100万で買えるような家はない。

かなり田舎の方のタウンハウスとか言う、集合住宅に近いような家であれば可能のようだけれど・・・

そういえば件のピーナもダバオの田舎の方からだとか言ってたっけ。

また、我々日本人のイメージする家と、ピーナの言う家とはかなりイメージのギャップがあると思って間違いない。

何事も自分でやはり調べないとだめっちゅうことだし、先入観や偏見もいらんね。

最近教えてもらったのだが、スパ用語でNPDというらしい。

スパについては前に書いたっけ、マッサージの名目で基本手コキで抜いてくれるこちらではポピュラーな場所。

マッサージされる方は通常ほぼ裸なのに、嬢までパンツ無しなら何が起こるんだろうか?

個室だしね。

お客さんが少なくなる給料日前とか日曜日に催されるプロモなんだって。

今日は写真はさすがに無しだわ。

フィリピンに来始めた頃は、スカートをはいた女性を外で見かけることはほとんどなかったように思う。もうかれこれ20年ほどになるんだっけかな?

髪の毛もほぼ100%黒髪で、日本に戻ると逆に黒髪のほうが少なくて、その辺で雰囲気ががらっと違ってたっけね。

これは庶民の足ジープニーの中の様子。
仕事帰りのOLさんの生足が眩しい。

離れたとこから見るとこんな感じ。
ホールドアップもよくジープニーの中では遭遇するらしいし、ニュースではよくレイプ事件も聞かれるフィリピン。

最初の頃はこのジープニーに乗ってみたかったのだけれど、周りのフィリピン人には「なんでわざわざ?」と言われた。

わざわざかもがネギ背負って乗るのは危ないということらしい。

何度か乗る機会はあったけれど、もちろんクーラーがあるわけでもないし、何より排気ガスがひどくて、マニラで乗るもんじゃあないね。



すみません第2弾の原稿の保管場所ですのでこのタグの下は公開していません。
 

続きを読む

↑このページのトップヘ