海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

カテゴリ: 移住

すっかり週イチの食料品買い出しが定着してしまった感があるな。

土曜日がその日・・・

買い出しに出るついでに、先週嫁さんが時計のバッテリー交換でモールの時計屋さんに預けてきていたのでそれを取りに行く。

以前からと私の時計の修理やら改造にまで付き合ってもらっているモール内の時計屋さん。

ロックダウンもあって長らくご無沙汰していたのだけれど、モールの改装にあわせてか場所が移っている。

前のところよりもちょっと小ぎれいになっているし、時計職人の作業場もちゃんと部屋になっている。


60F7466B-7711-47E6-AC2F-40A87659575F

こういう仕事を見るのはなかなか興味深くて、いつも見入ってしまう。
馴染みの職人さんはこのとき腕時計のオーバーホールをしていたらしく、部品ばらばらにされた時計が並べられてあった。

背中を丸めて何をしているのかと思ったら、精密ドライバーを紙やすりで研いで調整していた。


63EE0D12-651A-4110-8609-2584A6E60B39

店は小ぎれいになったけれど商品はやはりロックダウンの影響か、陳列棚はスカスカ。

ショーケースの中にはセイコーの海外版なのかな?がならんでいたっけ。
なんか日本で人気があったりするらしいけど知らん。

土曜日というのにガラガラのモールで、やはり以前とはぜんぜん違うな。



このブログは備忘録も兼ねてるので、いちおう遅ればせながら2019年に買ってよかったモノも残しておこう。

といいながら、あいかわらずの困窮生活なので自分のために何か買うということが、そういえばほとんどないな。

563BEBB7-B471-4428-BFD6-4EC02F460A08

これも例に漏れず自分で買ったモノではない。ふふ、かなりの高額商品だしな・・・

ただ自分で使わせてもらえる立場にあって、今となってはこれなしじゃ仕事がかなり不自由するので、買ってよかったというよりないと困るモノか。

写真に写っているアプリたちも、これがないと夜も日も明けんというくらい重要なものというか収入をもたらしてくれるもの。

日本の年金はどうなるのかわからんし、とくに自分の場合あまり当てにはできんのやろうと思う。
保険なんてのもないので自分でそういったものの代わりになるように不労所得を作らんとな。

ということで本を書いたり3Dデザインをしたり。
なんだかんだで、フィリピン人の一般的な収入くらいはいつの間にか入ってくるようになっているし、まだまだ計画もあるしね。

このパソコンなら当分それに応えてくれるはず。



毎回まいかい気合を入れていかんとならんのが鬱陶しいイミグレーション。

今年はフィリピン国外に出る機会が例年になく多くて、そのたびに再入国許可をもらいにいかないといけない。

なるべく朝早く行くようにはしているんだけれど、今日はちょっと出遅れた。
そのせいかついたときには入り口にたくさん人が並んでいる。

セキュリティーチェックで前の人たちを見てるとパスポートを見せろといわれている。

私ももちろん持ってきていたので出して用意していると、結局素通り・・・

多分日本の赤いパスポートを見た時点でパス、という感じなのはやはりそれだけ信用があるということなんか?

 入ってまずは左奥のテーブルに行って申請書をもらう。

「今年はじめてか?」と職員のおっさんにきかれる。
「いや3回目」と答えたけど、いま数えたら4回目だった。

んー、今年はやはり例年になく国外に出てるな。

申請書に書き込んだら、パスポートとエイリアンカードのコピーをとってもらって一緒に提出。
もうこの辺はスムーズ。

「10番の窓口で名前呼ばれるからまっとけ」とさっきのおっさん。

入り口の人の多さに反して、私の用事のある窓口はそれほど混んでなかった。

そこでまた紙切れをもらって「会計窓口で払ってまた戻ってこい」というのも毎度のこと。

さあここからちょっと気合を入れないと、会計の窓口でちょろまかされることがある。

支払う金額も前回と同じ2170ペソ。今日はちょっきり持ってきているし、わざわざ見せつけて確認するように渡してるのでこんだけやればごまかせんだろう、ふふ・・・

無事ちょろまかされることもなく書類をもらってOK。

さっきの窓口に戻って提出。しばらくして呼ばれて再入国許可証をもらって終了。

ドライバーさんにテキストして車を回してもらう。

待ってる間日差しが暑いんで出口でてすぐの日陰で待つことしばし。

あんまり表まで出るとタクシーなんかの客引きが欝陶しい。

すると微妙に控えめな声で隣から・・・「Sir・・」と呼ばれる。

隣を見るとおっさんが手に持ったスマホをこそっと控えめに見せて「iphone....iphone...」と言っている。

どっかからパクってきたものか知らんけど、売りたいらしい。

もちろんこういうのに興味を示すとしつこいんで無視。

36F3E05C-9E6C-4584-A511-95C01C7D258A

車待ってる間に写真撮ってやったけど、頭にタオルを巻いたおっさんがそれ。
今写真拡大してみたらiphone11?なんかな?
どっから持ってきたもんかちょっと興味あるね。かっぱらってきたものか もしくはパチもん?


8AC89618-88E4-4B1E-BC16-EE96B25AE969

その横ではバイク便で運んできた大量のパスポートを受け取るおばちゃん。
この紫のちゃんちゃんこを着たのがイミグレ内にたくさんいて、多分代理で手続きやら申請をしている人たちみたい。

中国人と思しき人達が一緒について回って手続きしているところも見かけるし、この受け取ってるパスポートも中国のパスポートやね。

というわけで来週某国へ出国します。
帰ってきたら今月2件フィリピン国内で出張があるし、なんか国際的ビジネスマンみたいね。

ついこの前までニートだったのに。

来月また日本に行く用事があって、これで今年はつごう3回目の日本じゃなかったっけか?

一年にせいぜい一回いけるかいけないか、運転免許の更新ぐらいしか本来の用事はなかったのでへたしたら3年から5年は日本に行ってなかったりだったのに・・・

でもいまさら日本に復帰できるんだろうか?
その予定は今のところないけれど、仮に・・・とかんがえたら。

時々日本に戻ったときに戸惑ってしまうことがいくつかあって

1.車に乗り込むときに右か左かで2秒ほど迷う。
2.人の車に乗せてもらっているときに、角を曲がったあと左車線に入るのでヒヤッとする。
3.タクシーに乗るときにドアが自動で開くのを忘れていて、ドアに近づきすぎてびっくりする。
4.食堂やレストランで食事したあと、会計は出口付近でしないといけないのを忘れている。
5.マクドナルドなどで食べた後トレーをかたづけるのを忘れそうになる。
6.買い物したりすると店員さんがやたら丁寧にお辞儀してくれるので恐縮してしまう。

こんなもんかなぁ。

短期滞在でこれだけ出てくるんで、これで日本で仕事するとかになったらどうなるんだろう。

社会不適合者の烙印を押されそうな気がするぞ。

AD99D26B-6392-4141-BE54-42D0AC39EC98

写真はフィリピンのレストランできれいだったから撮っただけで本文には関係ない。

そういえばフィリピンはすでに11月には言ってクリスマスの雰囲気全開。
そろそろ皆さん浮ついて地に足が着かなくなる時期やね。

日本はさらに忙しくなる時期で、殺気立ってきたりするころだったっけな・・・・(遠い目)



マ◯カスではない、アンカス。
ANGKASとかいてある。

極力下品な話題はやめていこうとしているのに、書き出しがこれかよ・・・

マニラ近辺では渋滞緩和策として車のナンバーの末尾によって使えない日が週一回。

お金持ちは車を複数台持っているようなので関係ないみたいだけどね。

我が家はいつ止まるかわからないような車を大事に大事に乗っているので、毎週火曜日がその車が使えない日。

ニートの頃はそんなのも関係なくてよかったんだけどね。

以前は朝7時から夜7時まで使えない時間だったのが、しばらく前に変更になって夜8時まで延長されている。

7時までなら仕事終わりがその時間なので、朝早く出さえすれば帰りも車使えるんだけれど、さすがに8時まで無駄に会社に残りたくないし。

・・で最近はもっぱら朝はGrabという白タクサービス、帰りはAngkasのバイク便で帰宅という習慣になっている。

大体Grabだと300ペソちょっとかかるのが、Angkas なら100ペソちょい。

朝も使いたいところなんだけれど、会社着く頃は汗だくの排気ガスまみれになるので、そこはさすがに車にする。

その代わり帰りは渋滞する時間でもあるし、車だとどうしても寝てしまうんだよな。

家に着いたときには早く横になりたいばっかりで、家でも仕事しないといけない身にはちとつらい。

バイク便だと渋滞もほぼ関係なく時間が読めるし、さすがに寝ることはできないから、帰宅しても目は冴えている。

昔はバイク乗りだったので、バイクに乗ることはいいんだけれど、渋滞はいいとしても排気ガスさえなければな・・・

そんなAngkasに昨晩もお世話になった。

途中ビデオを撮ってみたのでせっかくなんでアップしてみよう。

てか、勤務時間にこんなことしているのもいかがなもんかね。

そういえばこれからの年末にかけての時期は、日本の技工士さんにとって殺人的なスケジュールじゃなかったっけ?

今はどうなんだろうか・・・そう以前の自分を思い起こせば隔世の感が・・・(遠い目)

ではでは、ちょっと短い動画ですがどうぞ。
音声も消してないのでそのまんまのはず。



↑このページのトップヘ