海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

カテゴリ: 海外逃亡

例の全裸で車道に叫んでいた彼。

夕方には新しいシャツと半ズボンを着せられていて、ちょっとほっとした。

んで、次の朝また通勤途中に見かけてしまったのだけれど、なんとまたほぼ全裸。

ほぼ、というのはこんどはパンツがわりにビニール袋でなんかフンドシみたいなものを作って履いている。

オレンジ色のスケスケのふくろなんで、ほぼ、ほぼ全裸なんである。

ビニール袋の端を体の横で結びながら歩いているけど、表情はいたって晴れやか。

壊れているというより、ここまで晴れやかな表情は 魂の解放・・・的な・・・

ここに至るまでの状況も勝手ながらなんとなく想像できるだけに、いろんな問題やストレスから彼は開放されてるんだなと思ってしまう。

何が実際しあわせかはわからんな・・・

通勤途中ちょっとショックなものを見てしまい・・・

自宅近くに多分日本人であろうホームレスの男性がいる。

もうそろそろ1年くらいになるんじゃなかろうか?

時系列にちょっと振り返ってみると・・・

 最初は歩道に正座して道ゆく人に物乞いしていたけれど、そのときはなんとなくまだ知性というかなんというかそういうものが恥じらいの奥に見えていた。

 その後しばらく見たり見なかったり。
たまに見かけるとだんだん汚れた格好になってきていた。

それでも不思議なのは逆にふくよかになってきていたこと。

 車道脇から移動して古いモールの入り口近辺でよく見かけるようになってきたのは、多分そこが定位置になってきたんだろう。

誰かにもらったものか、なんか食べてるしチョコレートのジュースみたいなのをおいしそうに飲んでいる。

この頃から表情が変わって、簡単にいうとおかしくなってきているような・・・

この辺までの変化が約半年かな?
最初に見た頃はどうしても日本人に見えたので、コゾーなんかも「話しかけてみたら?」といっていたのだけれど、やはりなんとなくね・・・

明日は我が身というのもあるし、向こうにまだプライドとかあったら気まずいだろうし。

んで、最近はすっかり壊れた感じで周りにも溶け込んでいた。

最初見たときは襟付きのポロシャツ着てたし、ゴルフ焼けした駐在の部長さんに見えなくもない。

でもやんごとなき事情でここに至ったわけで、やはりアイデンティティーの崩壊もしょうがないのか・・・

やはり明日は我が身かもと身につまされる。

10871EC5-5649-4CFE-9171-A844CE984BCB


その彼を昨日の朝通勤途中に見かけたのだけれど、いきなり全裸。まっぱ。

で、車道に向かって何事か叫んでいる。

複雑な気持ちで通り過ぎ会社に向かったけど、あそこまで壊れると逆に楽なんかもね。

会社に出てくれば相変わらずのストレスだらけだし。

そんなことを考えながら今度はいつもの渋滞の中仕事を終えて家に帰る。

その途中また例の古びたモールの前を通りかかったら、定位置にあの方が寝そべってなんか食べてる。

しかも新しめの半ズボンとシャツを着てるし、さすがに誰か着せてくれたんだろう。

フィリピンにはパキキサマという言葉があって、ニュアンス的には相互扶助?みたいな感じ。

貧困国でホームレスの数はダントツに多いわりに餓死者はまったくいないのだとか。

どっかで誰かが死なない程度には面倒みてくれるような気質らしいし、これは実際に働いていてスタッフなんかからも感じられるところ。

たとえ一個のクッキーでも分けてくれようとする。

そういえば路上生活者は多く見かけるけれど、ほとんどきちんと散髪されている。

かの日本人もいつも髪はきれいに刈り上げられているし、路上生活し始めた頃より現在の方が太っている。

誰が散髪してくれてるんだろうね?

いまだこれは私にとってのフィリピン七不思議の一つ。

0FE3B7F7-C300-482D-8CDB-9AC0EDE6B0A1_1_105_c

写真は路上でスマホ用品とか売ってるひと。

台の上に積まれているのはスマホの画面に貼るガラスみたいなもの。

貼り替えもしてくれるようだけれど、横はジープニーが黒煙吐き出しまくって走ってるんよね。











アンカスという名前がどっから来てるのか、なんかチンカスを連想するのは私の心が汚れてるせい?

グラブという白タクサービスがフィリピンにはあって、結構お世話になっている。

ひところウーバーと競合していたけど、なんかの事情があったのかウーバーはなくなってしまった。

あいかわらず毎週火曜日は自分の車が使えない日。
ニートの頃はそんなことも気にしなくてよかったんだけれど、今は月曜から金曜日セコセコ通勤しているんでその火曜日が問題。

そういえば自転車で通った時期もあったっけ、ここ数年で足腰の衰えがねぇ・・・

で、毎火曜日はグラブのお世話になるんだけれど、スマホでピックアップポイントとドロップオフポイントをあらかじめ設定して配車してもらうし料金も前もって分かっているので楽。

マニラの普通のタクシーは色々とストレスが多いので、もう使っていない。

移動中寝てても大丈夫だし・・・ただ競合がないためか最近料金が高くなったような気がする。
しかも肝心の時になかなか捕まらなかったりするしな。

雨が降ってなくて荷物が多くなければアンカスというバイク版の白タクも利用する。

こちらはバイクなだけに料金も安いし、まだ捕まえやすい。
・・・というか、最近の街中にはアンカス率がかなり高い。

信号待ちなんかでアンカスライダー達が四人くらい並ぶのはザラ。


FullSizeRender

こんな制服とヘルメットが目印。

フィリピンに来られる方は、事前にGrabか Angkasのアプリをスマホにダウンロードして来られた方が楽かも。

マニラの空港も最近は建物内でフリーのWifiが使えるしね。


いまだジャカルタにいる私。

明日は最後の仕事をして、終わったらそのまま空港に直行し夜間飛行でマニラに戻る。

・・・ということで、今日がジャカルタ最後の夜だな。

5時過ぎにホテルに戻って、ベッドの上で休憩。

まだ外は明るいのでカーテンは開け放つ。
締め切ってしまうとなんか夜になったみたいで嫌だから、極力外が明るい時は開けるようにしているけど、しばらくグダグダしていると窓の外がオレンジに輝き出した。


03B83E42-D84B-4329-BD63-9A9A3F62B300

いつのまにか太陽は沈んで空がオレンジに染まり出している。

あれよあれよというまにまっ赤っか。


A0B795C2-44FA-4356-8C96-E38B8E803CDC

せっかくなんで写真撮って嫁さんに送ったりしていたら、いつの間にか腹も減っている。

またスーパーまで歩いて行こうか、やっぱ雪平鍋安いんで買ってこようか・・・などと考えながらその前にやたら腹減ったな、今日は何食おうか?

スーパー周辺の食べ物屋を思い起こしてもそそられるものがない。

とりあえずいってみるかと、エレベーターで降りつつもなんか歩くのも面倒なほど腹減って低血糖状態。

毎朝食事をしているホテルのレストランにいってみっか、なんかカレーの写真があったような・・・

今日は知り合いのかたが難関の国家試験を合格したというめでたい知らせもあったし、最後の晩ぐらいホテルで食べてもバチは当たるめぇ。

遠いインドネシアのオレンジの空の下、一人で陰ながらお祝いしようじゃないか。

毎朝きてるレストランだけれど、そういえば朝以外に立ち寄ってことはなかったっけ、なんか制服着たおっさんたちがたくさんいるんですけど・・・

入り口できれいなおねえさんになんか尋ねられるけれど、何をいっているのかイマイチ・・

「バイキングじゃなくて食べられる?」という質問とその答えをなんとなくつかめるまでお互いしどろもどろ。

そのおねえさんに案内されて席に着いたけど、今度はメニューも持ってきて何とかかんとか言っている。

さっきの会話でインドネシア語はほぼわからないとわかったろうに、まだインドネシア語だよ・・
とちょっとイラっときたけど、やはりきれいなおねえさんだったので会話が長引くのもそれはそれでいいよな。

おねえさんの言葉の中に「カレー」とか「シーフード」とか聞こえたので、「それそれ」とお願いした。

ただ、時々カレーといってご飯じゃなく変なパンみたいなのが出てきて裏切られた経験もあったので、しつこく「ごはんついてくるよな?」ときく。

あの変なしなびたパンみたいなのがついてくるのはインドだったっけ?

会話がいまいちかみ合わないまま、おねえさんの「この人なに人かしら?」という微妙な笑顔の中なんとなく注文が終わる。

しばらく待って出てきたそのカレー

03C7BDEA-7D5C-43C4-8BC1-EAEFDBDCAE64

ちゃんとご飯はついてきたけど、ご飯自体がカレーになってないか?

もしかしたらこのご飯がカレーで、シーフードというのは別につけられたんじゃないか?と少し心配がよぎりながらも見た目すごいうまそうだし、何より今日は最後の晩餐とお祝いもかねている。

このカレー老眼鏡をかけてよくみると、唐辛子を刻んだものがたくさん入っている。
ほぼ野菜の部分半分は唐辛子。

おまけに白いお猪口みたいなのに入っているのは、緑の唐辛子を刻んでなんかのソースを和えたものが入っている。

辛い物好きの私はそれもすべてぶち込みました。

D0091579-D3E9-445F-AC81-2FE122E6BC69

どや!赤い部分は赤唐辛子で、緑の部分はぶち込んだ青唐辛子のソース。

白味魚は微妙にミディアム焼きで柔らかいし、イカとエビもなかなか。

それにしてもさすがに辛い!

食べてるうちに汗が噴き出してポターリポターリというレベル。

一緒に頼んだパイナップルとオレンジのミックスジュースも、出てきたときにはおっさんに似つかわしくないかわいらしいたたずまいだったけれど、この辛さの後にはちょうどいい。

C3699949-63A3-43E0-B49C-F0662B28FA50

いやいや、久しぶりに満足のいく辛さとうまさのディナーだった。
もう少し早くこれ食べてれば、毎晩癖になって食べていたかもしれんね。

マネージャーみたいなおっさんがにこやかに寄ってきて「食事はいかがでしたか?」と今度は英語で話しかけてきたので、ちと大げさに「いやいやおっさん、お前んとこの料理うまいわ」といってやった。

満足して帰ろうと立ち上がったら、さっきのきれいなおねえさんがなんか皿を持ってきた。

なんとデザートまであるげな。

BADA77A2-C6B9-486D-AA62-098116D3F59B

くだものなのかなんなのか?芋かと思ったら芋より硬い、けれどホクホクした食感。
多分元は棒状の何かなんだろうけど、中に一本毛糸くらいの硬い芯がある。

なんやろうね?ココナッツベースのあまいソースをつけてたべたらなかなかおいしかった。

さすがに腹一杯になったっけ。

お会計143000ルピア。
あいかわらずこの0の多さには高いのか安いのか見当がつかないけれど、あとでレートを調べたら1100円くらいか。

しかし、インドネシアとフィリピンは色々見た目は似てるけれど、やはり別物だな。

手を合わせてお辞儀をする挨拶はフィリピンじゃないし、こういう感覚は日本のものに近いような気がする。

あのきれいなおねえさんに、手を合わせてニコッとおじぎされて「See you tomorrow」とかいわれたけどなんかすごくいいな。ちくしょーあすはもう帰るんだった・・・

このお姉さんとカレーのためにもう一回来てもいいなと思うインドネシアの夜であった。

結局腹一杯になったのでもう雪平鍋はどうでもいいや、部屋に戻って横になろう。




まだジャカルタにいる・・・

朝はホテルのバイキング、昼は仕事先でランチが出るので晩飯だけなんとかすればいいのだけれど、朝昼がっつり食べるせいで夜はそれほど腹も減らない。

あちこち出かけるのも今更面倒なので、あいかわらずホテル近くのスーパーに通っている。

やっぱりナベ買って湯豆腐作ろうかなと思いながらも、イマイチその気にならないし。
買ったナベ持って帰るのもどうかなと・・・

そう思いながらナベコーナーを見ていたら、なんか見覚えのあるナベが・・・

40A453DA-A075-4228-8A46-66EFB15BFC7D

これって雪平鍋じゃない?
・・・と思ってよく見るとやはりYUKIHIRAと書かれてある。
D5C0EE28-18DF-4080-958F-360F589EC3DE

かといって仔細に見ると別に日本製でもないらしい。
日本円で200円弱。
もしかして明日その気になったら買って湯豆腐作るかな。

D2AFDD37-D31B-4E62-A92A-35DAC81C92CF

結局今日の夕飯は韓国のカップラーメン。
辛いととりあえず食べられてしまうし、フィリピンでも見かけるブランドなんで味が読める安心感からつい買ってしまった。

あと、写真のからそうなソース。
毎食、ホテルでも仕事先のランチでも見かける辛いソース。
多分それだろうとおもうんだけれど、マニラに戻るとその辛さが懐かしくなりそうなんでお土産にもって帰ろう。
・・・といっても家では私しかこういう辛いのは食べんけどね。

ぶらぶらスーパーの中を歩いてると、味の素があったり、ポカリスエットやオロナミンC、ヤクルトなどなど、結構日本のものは浸透しているのね。

そういえば街を走っている車はほとんどといっていいくらい日本のメーカーだし、バイクに関してもホンダヤマハばかり。

フィリピンより日本車の割合が高いな。

・・・と、話がそれたけれどスーパーの棚でマサコが売られていた。

C69B327F-7DE5-4F7E-B18C-6D473E8DF328

多分スープの素かなんかだろうけど、マサコだよマサコ。
写真を見て気づいたけどメーカーは味の素みたいな。

誰なんだろうマサコというのは・・・

そうマサコに思いを馳せながらスーパーの一階に降りて、パン屋さんでパンも買った。
「またきたよ、この何人かわからないおっさん・・・」という感じでレジのおねえさんにほほえまれながら支払いしてホテルに帰ってきた。

また明日もいくんだろうな・・・

しかし、もう一週間滞在してるのにこのスーパーで晩飯買い物するぐらいなんで数千円しか使ってないよ。

周りに日本人どころか外人もほとんど見かけないし、やはりこれが現地の生活コストなんだろうな。





↑このページのトップヘ