海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

カテゴリ:移住生活 > 食べもの関係

タホというおやつがあって、多分これはトウフから来ているんじゃなかろうか?

タホ、トウフという言葉はにてないか?


DB739388-C69E-42E0-844C-CC61CAE76DCE

写真がそのタホという食べ物。

今朝コゾーが近所で買ってきていた。

そういえば毎朝家の近所に売りに来てるおっさんがいたっけな。
OLさんとかがよく買っているのを見かけてたっけ。

聞くのも見るのも、もちろんはじめてではないけれど食べるのはそういえばはじめてかな?

手に取るとほんのり温かい。
先入観で冷たい食べ物だと思っていた。

食感は柔らかい絹ごし豆腐で、まさしくこれはトウフだよな。

味は黒蜜の薄いのがかかっているので甘い。

間違いなく醤油をかければトウフ。
でも柔らかいんで箸で食べるのは無理っぽい。


ちょっと色々と最近ありすぎていっぱいいっぱいやね。

他人事で聞く分には面白いんだろうけど、ここではさすがに書けないので今日も無難な内容でとりあえず・・


E9F4095E-E2F4-4449-9FC3-DCF32B86CCE4

手の平に余る大きさのカニ爪。本体はどういうんだよ?と思うほどの迫力。
一個300ペソくらいで庶民の食べ物じゃないな。


609A0E90-33E7-49E5-BFED-5C8166070C9A

まだまだ感染者が増えているマニラとはいいながら、スーパーの鮮魚売り場は結構な品揃えになってきた。


A24636DB-7F08-437A-8282-533B8B7C955C

こういうのを見ると離島育ちなだけに、郷愁にかられるな・・


IMG_0609

これは食べ物じゃないけれど、車で走っていたら前を不思議な物体が・・・


IMG_0611

大きな団扇?だと思うけれどどこに持っていくのかわからん。

運んでいるのは耕運機エンジンを改造して取り付けたバイクとリヤカーが合体したようなもの。

結構原始的と言うか不思議な方法でこの乗り物は走っている、けどその肝心の部分は写真に撮れなかった。

こういうのが公道で走れるおおらかさというか、いい加減さはやはりフィリピンやね。

時としてそのおおらかさに腹が立つことがあるけどな。

追伸
そういえば昨日のこのブログのアクセスが異常に多かったのはなぜ?
知ってる方教えて下さい。なんか気になる・・・

朝晩車を停めてから家までの犬フンストリート。

名前の通り犬の落とし物がよく落ちているので、暗いときに歩くのは怖い・・・


2CD5FBFF-3B0B-4BCA-8843-E6EA43F06D17

こういうのが何匹もウロウロしてたり寝ていたりするので、犬嫌いの人には辛いかもフィリピン。


85A7E3F7-3BC7-462B-A920-E91439211BEF

その路地でくつろいでいるこの白い犬の向こう側に湧き水がある。

この通りにも路上生活者が多く生活していて、時々路上で石鹸つけて体を洗っているのに出くわしたりするんだけれど、どっからこの水は持ってきているのか・・・とかねてから疑問だった。

なんのことはない、犬の向こう側の排水口の右側には多分水道管から漏れてるんだろう、一見透明な水が溜まっている。

左側はもろ排水だけどね。

この湧き水を汲み出して生活用水にしているみたい。

この湧き水の向かい側、犬の写真を撮ってる私の背中側にはキッチンがある。

キッチンの持ち主とシェフはこれまたこの路地に住んでるおばちゃん。

A3886563-DA6C-447E-ADE3-C9277EF9E1F8

ちょっと引いた位置からの写真がこれ。
左側に椅子に座って寝てるおっさんのむこう、電柱のたもとにキッチンがあって、おっさんのひだりで長椅子に寝てるのがそのおばちゃん。

灯油が燃料のコンロが2台据えられていて、おばちゃんがよく料理している。

料理したものを売って生活しているみたい。

道端で野菜くずみたいなのを洗ったり刻んだりしているのを見かける。
でもできたのを見るとうまそうなんだな。

一日生活できる分稼いだらあとは長椅子で昼寝したり、料理の仕込みやったりのんびり過ごしている。


こういう生活でいいような気がするな、ときどき・・・

料理という技術をおばちゃんは持っているために、物乞いするでもなく普通に生活できてるみたいだし、実際料理はこのあたりでは人気の様子。

ちょっとその灯油のコンロに惹かれている自分・・・

キャンプ用ではなく据え置き型の結構大きなコンロが、油で黒光りしてどっしりと据えられている。

その上に、これまた煤で黒くなったヤカンや鍋が湯気をあげていたりするし。
いつかおばちゃんに弟子入りしようか。


土曜日は仕事が休みなもんで、嫁さんの食糧調達のドライバーを仰せつかった。

しばらく前から「ミリンがー、ミリンがー、ナイー」といっていた。

2ヶ月以上の都市封鎖で、困窮生活がさらに加速しているので日本食材店とかそんなブルジョアなところにはいけないし、その前に移動や外出自体が規制されていた。

嫁さんはフィリピン人なんだけど、いつの間にか日本人顔負けの味噌汁や卵焼きを作る。

調味料というのか食材も、みりんとか料理酒というのはやはり日本独自なんかな?ないといつもの味が出せないとのたまう。

こぞーはこぞーで「納豆が食いたいね」とぼそっと呟いてたっけ。

そういえばもう3ヶ月はそういった純日本食材とは無縁の食生活。

その一昨日の土曜日、思い切って日本食材店にいってみた。

ソーシャルディスタンスという、はやりのあの不思議なルールで店の外まで人が並んでいる。

店内5人までで、買い物終わって出ていった数だけ新たに入店できる、という仕組みらしい。

せっかく来たんで、炎天下の中しばらく並んで待って入店。

おお!

食材運んでくれる運び屋さんが復活したのか、コンテナが届いたばかりなのか知らんけど、店内はぎっしりと食材が豊富に並んでいる。

たぶんなんかのタイミングが良かったんだろうな。

無事みりんと納豆を買うことができましたとさ。


B4F51817-CB72-47E4-B88A-27C34B4F571B

その日の夕飯は納豆に豆腐の味噌汁で、無情の喜びを感じながら貪り食った。

外は夏真っ盛りの暑さのマニラだけれど、やはり熱い湯船に肩までどっぷり、というのが無性に恋しい・・

たまーに日本に帰りたくなるね。



いつの間にかカフェイン中毒で、一日コーヒー4杯くらい飲んでるかも・・・困窮邦人のくせに・・・

つられて嫁さんもいつの間にかブラックで飲むようになっている。

だもんで、朝起きたらわたしの仕事はコーヒーを淹れること。

うちのヤカンは小さいので、ギリギリ3杯分のお湯しか沸かせない。

IMG_0517

朝食に嫁さんとわたしで一杯ずつ。

残りは水筒に入れて嫁さんが日中飲めるようにしておいて仕事に出かける。

わたしの方は会社で調達しないといけない。

あまり洗い物出したり、流しを汚したりできないので、今日はちょっと思いついて苦肉の策。

EE9B9092-C75A-4A84-AEEB-211B6597E341

コップの方でお湯を沸かして、水筒の方に紙のフィルターをねじ込む。
・・・で、ドリップ。

23CB1EC2-0669-434D-8E7C-8FBF1228FBB7

なんとかなるもんやね。

味は?ただのカフェイン中毒なだけなんで、苦味がどうのとか酸味がどうのという用のことはさっぱりわからない・・・・はは



↑このページのトップヘ