海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

カテゴリ:医療関係 > 歯医者ねた

古巣の技工所に戻って1ヶ月。

しばらく遠ざかってたストレスがそろそろ思い出される頃・・・

その技工所は昨日からチームビルディングという名の慰安旅行で明日まで閉店。

私はめんどくさいのでばっくれた。

皆の衆が旅立った後、受付嬢から電話がかかってきた。

「申し訳ありません、お願いがあるんですが・・・」

どうやら出発前のどさくさで歯医者に届ける荷物を2軒間違えて届けてしまったらしい。

もう皆さん南海の島に到着してしまっているので、私にしか頼めないということらしい。

間違えて配達された歯科医院が一軒はマニラ市内だけれど、もう一軒が問題でダバオという別の島のクリニック、しかも患者さんは旅行者で、帰る日程があるため予約変更がもはやできない。

マニラ市内のクリニックに荷物を取りに行って、空港から直接カーゴでダバオに送れとの指令。

E3876F61-5AB5-42A0-AF6B-EA585B3CD00A

写真の入れ歯は関係ないけど、まあこういうものを作って配達するのが技工所の仕事。

ダバオの患者さんの症例がなんだったか知らないけど、仮にこういう総入れ歯のケースで、誤配のため間に合わなかったりすると、患者さんは歯無しのままフガフガと旅立っていかなければならないのか。

幸い市内のクリニックは私の自宅から近かったので、のこのこ出かけていった。

普段は会社支給のポロシャツ着たメッセンジャーが集荷や配達するところに、国籍不明のどうやらフィリピン人じゃなさそうなおっさんが入ってきたので、受付のババアが不審がっている。

「ラボのオーナーの方ですか?」と聞かれたけれど

「いえ、新しく入ったメッセンジャーです、よろしく!」と爽やかにこたえたつもりだけど、ずーっと不信感丸出しの顔だったな。

受け取った荷物を今度は空港のカーゴステーションに持っていく。

ここは何度か利用したことがある。

FBFB1A32-A0F7-46A1-9C23-0BF10816FF2F

こういうところね。

ここは手続きであちこちいかないといけないし、待ち時間も長いんでめんどくさい。

途中荷物の中身の検査もあって、警官が常駐している窓口でスタンプをもらわないといけない。

「中身はなんだ?」と赤ら顔の警官がたずねてくる。

聞く前に開けてチェックしろよ、と思うけど何かにつけメンドくさがりなんだなこちらの人たちは。

「デンタルの歯型が入ってる」とこたえると

「歯医者さんなの?」と微妙に態度が変わった。

こちらの人は社会的な肩書きや身分で対応が変わるのでめんどくさい。

医者、歯医者だと対応も丁寧になるけど、ここで「いやデンタルテクニシャンだ」と答えたらまたその説明をさせられかねない。

早く終わらせたいのもあって「あーそうそう」とこたえたのが間違いだった・・・

赤ら顔の警官はカウンター向こうから出てきてわざわざ私の横に近づいてくる。

「ちょっと聞きたいんだけど、おれ高血圧なんですよ。歯を抜くのはどうすればいい?大丈夫?」

そういえば医者とか弁護士は、周りに色々アドバイスを求められたりでめんどくさいんだと聞いたことがあったっけ。時すでに遅し・・・

「それはかかりつけの歯医者さんと相談してねー」と逃げるのだけど、それでも色々聞いてくる。

「あのねアシタバって葉っぱ知ってる?そうそう、それの葉っぱを1日一枚食え」

その後も「どうやって食べればいい?すりつぶすの?水はどれくらい混ぜるの?」と聞いてくるんだけど、まあ薬じゃないし葉っぱなんで

「まずくはないからそのままでも食べれるよー」とかテキトーにこたえて逃げてきた。・・けど、後から考えたらアシタバは糖尿病にいいんだったっけか?









フィリピンでもいつの間にかインプラントをやる歯医者が増えてきている。

顎の骨にインプラントを埋め込んだ後、その上に歯を作るのは技工士の仕事で、それこそ様々なレベルの歯医者が仕事を技工所に送ってくる。

「お前はインプラントとかやらない方がえーぞ」という歯医者さんも中にはいらっしゃるので、フィリピンで、いやこれはフィリピンに限らず日本でもそうだな、インプラントの治療を受けようと思う方はよく選んでね。

・・・といっても一般の人にはどう選べばいいかわからないよな。
多分おすすめは技工士さんの知り合いがいたらその人に聞くのが一番かもしれない。

歯科医師の技術レベルの内情をよく知っていたりするんでね、もっともその技工士さんのレベルが低ければ論外だけど。


DBDDFEA6-AE53-49F1-87EC-314C7A16A788

手元にインプラントの実物があったのでせっかくなので写真でも。

指の上に乗っているのがその骨に植え込む部分のチタン製インプラント。
普段は滅菌カプセルの中に入っていて、骨に穴を開けて埋め込む直前までカプセルから出されない。

もちろん写真のように触りまくったものは口腔内に使うことはできない。
これは実習で使ったインプラントの残り。


08533B1E-CBE1-4924-9254-3C3D3D385D10

このインプラントを骨に埋め込んで、しっかり骨に固着されてからその上に土台をねじ込んで歯を作る。

この辺から技工士さんの仕事。

大体が生体親和性の良さから土台や、それを固定するネジもチタン製。
このネジが米粒より小さいネジのくせに、フィリピン人の技工士さんの日当数日分の値段がする。

作業中落っことしたりピンっと飛ばしたりしてしまうともう大変。

スタッフ総出で大掃除が始まる。

出てこないと給料から引かれたりで数日分の給料がパーになってしまうしね。


0200113C-0F26-4DB3-877C-AAF3A08EAEC9

上の土台も色々種類があって、写真の金色のパーツは入れ歯を固定するためのホックみたいなもの。

インプラント自体もサイズやメーカーも色々様々。

スイス製、ドイツ製、韓国製、イスラエル製などなど製造国もさまざま。

中にはネジが折れやすいメーカーもあったりするんで、これまた選ぶのがたいへんなところ。

この歯医者は行かない方がいいよーというところもたくさん知ってるけど、こういうのはしがらみが増えるので変に口外も紹介もしないようにしている。

なるべく自分の歯を大切に使うのが一番だな、といいつつ自分の歯もガタガタだけどね。



毎年参加していた年一度のデンタルショーも、今は歯科からちょっと離れたところにいるので今年はいかんで済むかな?と思ってたけどやはり行ってしまった・・

大体が入場にはお金払って登録してからIDもらわないと入れないし、外部からの、特に外国人だと確か結構なお金が取られたはず。

今まではずーと、いわば業者側だったのでブースの割り当て分としてIDはもらっていた。

わざわざ自分の身銭を切ってまで行くほどでもないかな、人混みは嫌だし・・・と思っていたけれど、一緒に生足談義をしたい奇特な人もいて、さる業者さんのご好意でIDを作ってもらった。

コゾーもいちおう歯学部生なんで必要な材料やら器具を買わんといかんらしい。
材料選びに付き合えというので行くことにした。
コゾーは学生用のIDを持っているのでこちらは入場に問題なし。

まあ、1番の目的は某ハミガキ粉会社のブースなんだけどね。

毎年ここのブースは大きくて、ちゃんとしたキャンギャルを用意している。
ここだと逮捕されることなく生足の撮影ができるかとひそかに目論んでいたのだが・・・


F56D0A44-6BB8-4299-9071-3DF5AE89C97D

昼飯の真っ最中。

横は人がバンバン通るところなのに、フィリピンではこれが当たり前なのな。

生足ファンのかたがたには申し訳ない。


67851B47-9D10-4BF1-B712-EDF50D5E18A8

これはローカルの業者のブース。
ここでも床に座って弁当を食べている。
よく見ると机の下にも隠れてるしね、丸見えなんだけど・・・


918197AD-4B0A-4CFF-8C6A-E01EE9F5FF73

ここは以前に勤めていたところの関連企業のブース。

向こうに見えるきれいなおねいさんは歯科医師なんだな。

モデルのような派手な顔立ちをしてなかなかきれい。
実際大学のミスコンの優勝者なんだとか、いちおう顔見知りなんで会話しても怪しまれない。ふふ・・・


9023E8EE-236B-4466-966C-0717E0A0AF09

こういう歯科とはちょっと範囲の違う業者も発見できるのが、コンベンションのいいところか。

来年もくることになるんだろうか・・・

もちろん仕事の一部・・・と言いわけを考えながらも実は最近の趣味でもあったりする。
3Dデザインとプリント・・・

ニートになって以来結構な時間をかけてデザインしてきた人間の頭蓋骨のセット。

下顎はもちろん分離するし、解剖学的にもあまり大きな間違いはしていないはず。

今回はワンピースでプリントできるギリギリの大きさに縮小したので、元々の大きさの約半分の大きさ。

デザインデータでは歯も全て個別に取り外しできるのだけれど、テストプリントなので今回ははずさない方向でプリント。

プリント時間が5時間以上だったので、昨晩寝る前に仕込んでおいた。

朝起きたらまずまず失敗なくプリントできていたので、朝日の中で記念撮影。

FDDD97A5-1C2A-4644-B70D-2822CCCE3240

上顎の周辺も再現したつもりだけれど、親知らずはやっぱりいらなかったな。


83ACBFF3-79C5-4737-B694-1342106A08B8

家の近くではフィエスタの飾り付けがされている。

数年前このお祭りの会場で猿の本物のガイコツが売ってあって、買おうとしたらコゾーに止められたっけ。

「もし買ったら、家にいれんからね!」とちょっと勢いにびっくりして断念した覚えが・・・

7AF7EDE7-96C9-478C-89C1-591C623EE6AF

そのコゾーも今は歯学部の学生なんで、ちょっとは私の学術的興味を理解してくれるかな?

フィエスタは来週末みたい・・・ふふふ




中高年の引きこもり率が若年者のものを超えた、というニュースなんだか話題なんだかをネットで見た。

わたしのご同輩がたくさんいるわけだな。

ただなんとなくそのニュースを見たく無いのはなんでだろうね・・・

・・・で、引きこもって何をやっているかというと、最近凝っているのが3Dデザイン。

仕事がらみっちゃあからんでいるし、これで何かを狙っているというかまあ種を撒いときゃそのうちどっかで芽が出るだろう、というのが一番当たってるか。

3F4B4E10-1610-4F75-A260-204A918E886A

このブログの読者 約35万人(希望)の方でこれを見て何か分かる方はごく一部なんだろうけど、人間の下顎の骨と歯をデザインしたもの。

すでに上下顎と頭蓋骨までデザインは終わっているのに、今日はさらに骨の中を走る神経を追加してみた。

ちょうど透明のレジンが到着したばかりなので、骨の部分を透明にして、脱着できる歯の部分は白で作れば中の神経も見えるだろうという魂胆。

プリント中は昼寝したりマニラ湾に沈む夕日の写真を撮ったり、われながら立派なニートだな。

CE0DD0F7-B909-4009-8654-69FFC762E575

そろそろ世間は帰宅時間で眼下は夕方の渋滞が始まっている。
でもその向こうにはこんなきれいな夕日がみえている。

夕日に向かって「来月から本気出す!」と誓いながらもあと二日しかないやん今月・・・

なんだかんだで終わった3Dプリントをみてびっくり!
データを間違えたらしくあんなに苦労したのに、神経がない方のデータをプリントしとる!

やっぱりニートゆえの気のゆるみかぁ?







↑このページのトップヘ