海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

2020年05月

IMG_0517

バラココーヒーというのはフィリピンのコーヒーらしい。

別にコーヒー通じゃないので味がどうとか、酸味がどうとかというウンチクはわからない。

ただ飲んでいいと感じるか合わないと感じるかだけしかわからん。

買い出しに行ったスーパーでなるべく安いものを、と探して買ってきたもの。
400gで600円くらいだった。

400gあれば2週間はじゅうぶん嫁さんと毎日のコーヒーが飲める量。

最近の淹れ方の定番は写真のセット。

ヤカンもキャンプ用の在庫処分でだいぶ前に安く買ったもの。

これの容量と手前のチタンの鍋の容量がほぼ一緒。

だからヤカンいっぱいお湯を沸かして、鍋にコーヒー落とせば溢れたり、足らなかったりという心配をしなくて済む。

これでコーヒーカップ約3杯分できるので、嫁さんと私で朝のコーヒー一杯ずつ。
残りは水筒に入れて会社に持っていく。


ごく最近はペーパーフィルターがとうとう無くなってしまったので、布フィルターに戻っている。

コーヒー通にいわせるとどうなんかは知らんけど、自分で飲む分にバラココーヒーはじゅうぶんうまいのでおすすめしとこう。




まじで仕事始めといってもいいような雰囲気、すでに二ヶ月以上ぶりの出社か。

途中ミーティングで三度ほど出てきたけれど、昨日からは10名弱のスタッフも一緒。

いわゆる3密を防ぐという意味で少人数からのスタート。

まだ70名くらいのスタッフは待機状態で、そろそろ経済状態もお互い様ながら厳しかろう。


F114A868-E5FE-4902-AF21-E89C708F69CF

写真は仕事に行く途中にとったものだけれど、至る所にこんな感じでホームレスの集団が増えてきている。裸の子がいるのでぼかしてます。


今までももちろん路上生活者は大きいたんだけれど、意外にみんな身綺麗にしていて子供なんかでもちゃんと散髪されているのがほとんど。

でも、最近見るのはいかにも困窮している感じやね。

我が身の心配もせないかんのだけれど、やはり小汚い格好の子供が裸足で信号待ちの車に物乞いしているのを見るのは辛いね。

やっぱベーシックインカムと富の再分配には賛成と表明しとこう。

あいかわらずの強制ニート生活。

すでに二ヶ月以上経ってるのに、自分の中では全然そんな感じはないな。

子供時代の夏休みの一ヶ月とか、もっともっと長かったように思うんだけど・・・

時間が経つのが早く感じるのは歳とった証拠だとかなんとか聞いたような気がするけど・・・


本日は嫁さんと買い出し。

買い出しは週一回のサイクルで落ち着いてしまった。
以前は外食やら、出たら出たでコーヒーまで外で飲んだり、余計なお金使ってたのをしみじみ感じさせられる。

外で飲むコーヒー2杯分のお金でコーヒー豆買えば、嫁さんと2週間楽しめるわけで、これだけ考えてもやっぱ無駄が多かったような気がする。


C963A290-CB8F-4710-B357-3DF6248A6263


今日のスーパーはなぜかいつもより品揃えが充実していて、入ってすぐにはご覧の通りパンとかケーキみたいなのが並べられていた。

結構こういう食べ物が今まで並んでなくて、こんなシナモンロールみたいなのが無性に食べたくなる時があったし、嫁さんも早速ゲットしていた。

99C31807-7F8B-41F4-867B-DACB77CEDBAC

たぶんここに並んでるだけの貴重な在庫だったみたい。

72B95C9F-FC43-454E-BBAC-79CB43F0AFA2

その隣には日本のカレーと韓国のインスタントラーメン。

やはりこの辺りが今の強制ニート生活ではみんなの人気なんだな。

7BB92BB7-D6E7-4D87-9E58-16C51D28ED17

果物コーナーも充実していて、見覚えのある日本語が・・・
たぶん出どころは日本からじゃないと思うけれど、ブルジョアの象徴やねこのマスクメロンは。

余命ひと月とか宣告されたら、家族にわがまま言ってこのメロンを買ってもらおうか。

572BA113-EBAA-4A0A-A4F5-5337E758A93E

普通のメロンも今が旬なのかたくさん積まれていた。
流通が始まってるということなんだろう。

593364B4-3806-44D4-A1F9-9DD087882C89

ドリアンもたくさん。そういえば明日からロックダウンという日に買い出しに行って、今度いつ食べられるかわからんからと、一個買って食べたんだった。

今では山積みになってるけど、値段がさすがに今となっては手を出しにくい贅沢品みたいに見えてしまう。

IMG_0535

今日の夕陽は雲が多かっただけに結構ドラマティックな夕焼けだった。

そろそろ会社が再開するようなはなしだけれど、だいぶ仕事に対する価値観もこのニート生活で変わったな。社会復帰できるかな?


ミーティングというものに呼ばれたので、久しぶりに会社にいってきた。

しばらく前に一度行っているんだけれど、そのときに持って帰ってこようと思っていた私物を忘れていたんで今日こそは・・と


A55161D7-18D5-4667-9E0F-BAE466AB7D18

いつも昼飯の弁当を温めるのに使っているスウェーデン製のアルコールストーブ。

日本で買ったものなので、もう15年は使っていることになるな。

こちらの大学で技工を教えていたときにはワックス作業のバーナー代わりにこれを使っていた。

調子が悪くて時々ボンっと小爆発を起こすため、取り巻きの生徒のいい眠気覚ましになっていたっけ。

だんだん小爆発がひどくなって、あたりに飛び火するような困ったちゃんになったので使っているときには目を離せない。

 
火がついたまま場所を移動させようとして、右手の皮がずる剥けるくらいの火傷をしたこともあったしな。

もともとアウトドアの調理用のバーナーなんで、その世界の人は改造して蓋に取手をつけたりしてる人も見かける。

いいなー、便利そうだなーと横目で見ながら結局いまだオリジナルのまま。

確か今でも2千円くらいで買えるんじゃなかったっけ?

2千円のものを15年も使われたらメーカーは儲からんよね。
などと考えながらもまだまだ当分壊れそうな気配もない。

それどころかそういえば最近小爆発がめっきりなくなったような気がする・・・・

今日は会社に行ったついでにその宝物を持って帰ってきた。

実は家にもう一個同じものを鍋とセットで持ってるんだけど、そっちは非常持ち出し袋に入れている。

・・・で、古い持って帰ってきた方は真鍮ブラシできれいに掃除しいてやった。

金属磨きなんかで磨けばピカピカになるのはわかってるんだけど、そこまで磨きたくないし・・・

やはりこの小汚いところにセンチメンタルバリューがあるんだろうか。


90995B71-7C3A-4DB4-A2D6-FCDFB3F8C484

掃除終わってアルコールを入れ火をつけてみたら、いつものオレンジの炎が出ず均一でキレイな青い炎。

もしかしたら小爆発は掃除しろってことだったのかな?

明日はこれでコーヒー淹れてみっか。

E799E428-B1F7-4E97-BBE3-0A9C6E2BA4FD

おわかりいただけるだろうか・・・

というのが決まり文句の日本のテレビ番組あったような・・・(遠い目)

 自宅近くのけっこう大きな幹線道路沿いの光景。

オレンジの名前は知らないけど、この仕切りの手前に白い箱みたいなのがある。

最近ここに住み着いた家族の家。
小さな車輪がついていて押して移動できるようになっている。

その箱の手前に夜はビニールと段ボールをひいて、多分夫婦なんかな?二人で寝ている。

歩道との境のところで焚火して夕方ご飯作っているみたいだし、朝になったら起き出してなんか二人で食べてる。

小用もオレンジの仕切りの影にしゃがんでやってたな。さすがに大の方はやらんだろうとは思うんだけど。

で昼間はこの箱をゴロゴロ押してどっかに行ってるみたい。多分日陰に移動してるだけだろう?

また夕方になったら、嫁さんは箱の上に乗って、旦那がゴロゴロ押してこの場所に戻って来る。

 これも一つのミニマリストだよな。

最近Youtubeでキャンピングカーとかトレーラーハウスというのがなんとなく気になってみていたっけ。

下手に借金してまで家を建てるくらいなら、トレーラーハウスでいいじゃん、と思うようになってきた。
確か固定資産税みたいなのも日本では安くなるんじゃなかったっけ?車扱いになるんだとかどうとか・・・

まあ、ちゃんとしたトレーラーハウスとかキャンピングカーというと、家と変わらんくらい高かったりするみたいだけど、この箱の家族を見てると改めて ”足るを知る” というのを考えさせられてしまう。

 そういえば、コロナ騒ぎでマニラのお店もしまっているところが多い。

お金がある人はそれなりに開いているスーパーがあるんだけれど、もっと地域密着形で最近自宅近くの路上で見るのが、3輪バイクを改造した野菜の移動販売車。朝になったらどっかから野菜を積んできて広げてまったりと販売している。

 こういうのを見るに、やはり今日本に帰ったとして、車を買うとしたら軽トラか軽の箱バンだな。

そういえば今までの我が人生で通算7台の車を所有してきたけど、軽の箱バンが一番楽しくて便利だった覚えがある。

犬と山に行ってもそのままテント代わりになったっけな・・・

いざとなったらそのまま家にしてもよかろう、などと考える困窮生活のこの頃・・



↑このページのトップヘ