海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

2018年08月

ときどき日本に戻ると、周りに日本人じゃない人が増えたのを感じる。

コンビニとかいって宅急便を頼んだりちょっと込み入ったことをたずねたりすると、とたんにレジの店員さんの対応が変になる。

名札とか見ると「アー日本人じゃなかったっけか」と納得するんだけれど、それにしてもけっこう増えすぎじゃね、と思うな。

これは日本だけでもなくて、フィリピンにいてもあちこち大陸系の人たちが増えているのが感じられる。
コンドのエレベーターとかに乗っても周りがほとんどそっちの方々ばかりだったり。

これは国際化といって良いものなのかな?

SNSはそれなりにやっているけれどツイッターはほぼ放置状態。
ただよく使うインスタにアップすると勝手に連動してツイッターにもアップしてくれる設定にはしている。

このせいでけっこう世界各地の人からコンタクトをもらうようになった。
ほぼ地球の裏側からとか、このへんはインターネット社会のおもしろさ。

現実的には無理な事が多いけれど仕事の依頼も来るし、仕事のお誘いも来る。

もちろん日本からの問い合わせも多くて、ほとんどは歯科技工の外注の話。

日本は仕事はいくらでもあるけれど技工士が足りなくてアップアップらしい。

前から聞いてはいたことだけれど、今となっては技工料金がこちらとは逆転していたり、経費を考えるととても割に合う仕事じゃなくなってしまっている。

技工所の人と話をしても、「毎日夜中の1時2時まで仕事しても追いつかないんですよー」と懐かしいフレーズでもあるけど、外から見る身になってみれば技工料金上げるチャンスじゃね?としか思わない。

でもそうもいかないしがらみはやっぱ今でもあるんだろうな。

E2B527DC-515B-4474-A0F8-006DA146CB86

写真は耳をスキャンしたものを左右反転して3Dプリンタでプリントしたもの。

デジタルの波も押し寄せてきていて、技工の外注にしても以前なら歯型を日本から送ってどうのこうの、途中で紛失してにっちもさっちも行かなくなったり。

特に日本は早くうまく安くと盛りだくさんの注文なので、クライアントとしては面倒な部類。

デジタルスキャナでスキャンしてデータで送ればいいんじゃね。と思いついて小躍りして連絡取ってくる人もいるけど、もちろん3Dプリンタはあるけれど、それを可動させてまで外注を受けるメリットが無くなってしまっている。

そろそろフィリピン人技工士が日本に行くようになる日も遠くなさそう・・・・

日本の技工所オーナーの皆さん。アウトソーシングよりも青田買いを考えたほうがいいかもよ。

今日は無責任な戯言でした。

IMG_4565


写真は街角のピーナツ売りで、こちらではよく見かける。

渋滞のときには車と車の間を手押し車で売って回ったり。

この街角のやつはピーナッツと唐辛子を油で炒めたもので、ピリッと辛い。あまり食べたことはないけどね。

今日の話題とは全然関係ないな。はは

ずーっとフィリピンの生活をしていると、もはや欠かせない大事な存在の運び屋さん。

どうかするとこっちにあるものまでアマゾンで頼んでしまっていたりするしな。

今回はどうしてもアメリカからあるものを取り寄せなければならなくなり、いろいろとどういう手段が良いか、おもにコストの面で探し回った。

普通に海外発送に対応してくれるとこなんで、以前も取引したことはあったのだけれど、輸送コストが高い。

商品の単価は2000円位なのに、輸送費が2万円ほどかかる。

日本でも取り扱っているところはあるのだけれど、元値2000円ほどのものが9000円以上で売られているのでちょっとね。

もちろんもともとアメリカの製品なんで、輸送コストと設けを反映するとその値段になってしまうのね。

継続的に注文する可能性があるため、もう少し安くすむ方法を探していたらMyUS.comというのをインスタグラムでちょうど見つけた。

日本でも似たようなサービスがあったように記憶しているけれど、海外在住の人が日本の通販で買い物したものをひとまとめにして送ってくれるというもの。
それのアメリカ版。

ちょっと冒険だったけれど、登録してここからもらった住所に送ってもらう手はずで注文。

もちろんそのお店からあまりか国内の住所までの輸送費は別に掛かる。
ここでうっかりミスしたのが、国内輸送の方法を選べるのだけれど、ケチって一番安いのにしたら陸送だったみたい。

しかも店が西海岸で、送り先は東海岸、あのでかいアメリカ大陸をほぼ横断することになっていたのに気づいたのは後の祭り。

結局この陸送で4日ほどかかった。
そのあと内容品の検査みたいなのでまた数日。

ちょっと約束の期限が迫っていたので、毎日ウェブ上でチェックしてはドキドキ。

やはりすんなり空輸してもらっとけばよかったかと後悔し始めた頃ようやくリリースのお知らせ。

そっからはさすがに飛行機なので早かった。

結局都合2週間ほどかかってしまったけれど、なんとか間に合ったしトータルの輸送費も半分ほどで済んだ。

フィリピンの税関でまた留めらて取りに行ったりお金払ったりというのがいやだったので、事前に調べて輸入税のかからない金額で抑えておいたし、ほぼドアツードアで追加コスト無しで受け取ることができた。

次は友人に教えてもらったアリエクスプレスを試してみよう。

こちらは中国版アマゾンといったところか。
中国から直送してくれるらしい。

先日Amazonのタイムサービスで5万円ほどで購入した3Dプリンターが4万円ほどで出ている、しかも送料無料。

日本からプリンターをいつもの運び屋さんに持ってきてもらうのに、1万円ほど払っているのに・・・・

プリンター自体ももとは中華製だしね。もっと教えてもらっていれば・・・はは

昨日コゾーがダウンロードした映画を見ていたら、主人公の男性が歳とっていくのを表現するのに、薬を飲む場面が出てきた。

そういえば歳とってくるとなんかいろいろ薬を飲みだすような人が多い気がする。
血糖値や血圧の調整とか・・・

さいわい自分はそういったものにはいまのところ無縁だけれど、そういえば子供の頃は病弱でずっと薬を飲んでたっけ。

それでも最近はサプリメントみたいなものは飲んでいる。
多分に気休めも大きいのだけれど、色んな人にすすめられたりなんかで試してみて、それなりに効果が感じられるものは続けている。

あんまりこういうものには鈍いんで聞いてるのかどうかも怪しいんだけどね。
コーヒー寝る前に飲んでもフツーに寝れるし、まあこういうのがいいのかどうかわからん。

最近中国系の友人からもらった薬なのかサプリなのかわからんけれどちょっと怪しげなのがこれ。

64CC103B-DE9E-496D-A28D-5E7877F86C35

漢字で書かれていると漢方みたいでなんとなく良さげだけれど、箱の別の面にはSEXOTONとか怪しげな文字も並んでいる。

茶色の遮光瓶に入った丸薬で、正露丸を少し小さくしてつやがあるような感じ。

一日何回何粒とか箱には書いていないようだし、箱の中にも説明書が入っていない。

適当に3粒くらい寝る前に飲んでみたけれど、うーんなんとなくムラムラするような気もする。
やっぱそっち系なのか・・・・?

とはいいながら、かちかちになって困るというほどでもないしいまのところ続けて毎日寝る前に飲んでいる。

どうもこのサプリのせいか宵っ張りになってしまって、気づいたらもう夜の1時を回っていたり。

多分疲れ具合が少なくなったのか?


2C6D9BF9-9835-40B4-A651-CF51E3902DA1


仕事と趣味がけっこうオーバーラップしているところに、少し必要に迫られてと先行投資で3Dプリンターを買った。

ポチろうかどうしようか逡巡していたときに、アマゾンの罠タイムサービスでいつもより1万円ほど安くなっているのを見てしまった。

実はこれで2台目のプリンター。一台目はおもちゃみたいなもので自分で組み立てないといけないし、一応のプリントができるまで丸二日かかったっけ。

それに比べて今度は光造形タイプだし、はじめから組み立て済み。
箱から出して少しの調整でテストプリント。

一台目のときの苦労は夢のように、のっけからプリント成功でかなりの精度。
8DB03BD6-B87C-4D1D-9E06-25F4E59DB987
実はこれで仕事を考えているのでまた夢が広がる。

乗ってる車はもういつの間にか8年選手でかなりのボロボロ。
近頃しょっちゅう修理しないといけなくなってきていて、コゾーには早く買い換えろ、といわれるけれどあいにく車には興味が無いんでね。

それよりはこういう道具に投資したい。中華製だけど・・・

コゾーも夜中になんかプリントしているらしく、朝起きると見たこと無いものがなんかコロコロ転がっている・・・

きのう久しぶりに会った友人が教えてくれたのだけれど、なんかAmazonの中国版みたいなのがあって、これはフィリピンにも直送してくれるらしい。

歯科材料なんかも豊富にあるので便利なんだとか。Aliexpress というので多分あのアリババの系列なんだろう。

中国というのでもしやと、例のプリンターを検索したらありました、しかもタイムセールスで買ったのよりさらに一万円は安い。さらにさらにシッピングフリーだと。

都合2万円はやすく買えることになるけど、しょうがないな・・・

という歌詞が中島みゆきのなんかの歌にあったような・・・

きのう嫁さんと遅い夕飯で近くの日本食レストランにいったときのこと。

いつもはあまりお客さんがいないレストランに、二人の日本人のおっさんが座ってビールを飲んでいた。

一人はだらしなく座っているのに対し、もうひとりは妙に背筋が伸びてキチンと座ってビールをちびちび。

多分日本に戻れば上司と部下みたいな関係かなとみえる。

「性格悪い犬や猫でも、しばらく飼っていると可愛くなってくるもんなんだからぁ〜」とだらしないオヤジ。

席がすぐ近くだったのと、そのオヤジの声がやたら調子こいて大きかったので、やかましいくらいに聞こえてくる。

どうやら部下の方はしばらく前に離婚して落ち込んでいるところに、上司がなぐさめを兼ねて知り合いのピーナかなんかを紹介するためにフィリピンに連れてきた、って感じ。

紹介したピーナがあまり良くなかったのを無理やりひっつけようというような感じかな?

多分私は日本人として認識されてなかったのか、やたら声高に部下と思しきおっさんに説教ぶったりフィリピンの説明を始めたりで、うぜーうぜー

しかしなんでフィリピンに来るオヤジは真新しい白のスニカーをはいてくるんかねぇ?

頭の中で中島みゆきのあの歌がこだまする・・・・

1D52A261-8F30-4854-9E3F-5C980ECBE9B1



↑このページのトップヘ