海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

2016年11月


むかし日本で自営業をしていたころは少し金回りがよくて、金回りがよいという錯覚だけでかなり無駄使いもしてしまった。

入ってきたお金以上に使わなければ問題ないのは道理なんだけれども、調子に乗っているときにはそういうこともわからないのね。

しかもそういう状態がいつまでも続くとおもっているところが間違いで、やはり「備えよ常に」なんだな。いまさら遅いけれど、せめて今後の生活には生かさないとね。

フィリピンに来てからは困窮邦人一歩手前のふちをぎりぎり歩いているので、必然的に無駄遣いはしないしできないか。

物欲は以前の生活である程度満たしたし、いくらほしくて恋焦がれても、手に入れてしまえばさめてしまい、ついには飽きてしまうのも経験済みなんで、今はそれほど物欲は強くない。

育ち盛りのこーぞーなんかは今からの人生なんで、ほしいものもやりたいこともいっぱいあるみたいで、私につき合わされるのは迷惑だろうけどね。

いまのフィリピンでのこの時期人々の一番の関心ごと、サーティンスマンスペイ。

日本のようにボーナスというのは一般的ではないみたいだけれど、正社員ならこの時期に一か月分の給与を余分にもらえるように法律で決まっている。

これがいわばボーナスに当たるもので、正社員なら間違いなく一ヶ月分が保障されている。
中途採用は正社員になった期間によって計算されるみたいだけれど。

私も何を隠そう一応正社員という立場なので、この対象に入っている。
ほとんどが借金返済と車の修理でなくなる予定だけれど、ひとつだけもしかしたら買おうかなとおもっているものがある。

キンドルといってアマゾンの電子書籍を読むタブレット?というのかな。
もともと活字中毒なのだけれど、フィリピンではなかなか日本の書籍が手に入らない。
アマゾンで買って運び屋さんに持ってきてもらうという方法もなくはないけれど、
あの書店でいろいろ立ち読みして選び、買って帰るときのワクワク感からいうと、間が空きすぎてしまって、運び屋さんから受け取ったときには「あーそういえば頼んだっけな・・」になりがち。

その点電子書籍ならサンプルページのダウンロードがいわば立ち読みでぱらぱらめくってみる部分で、気に入ったら購入して即ダウンロードできるところはすぐに読めて便利だし。

アマゾンのプライム会員に入っていれば無料で読める本もかなりの数ある。
自炊の手間を考えなければ青空文庫もあるし、このキンドルがあれば活字には困らないだろう。

・・でほしいのがこれ


プライム会員だとさらに4000円くらい割引になるらしく、十分元は取れる。
ただ、暗いところでは読めないらしいので、そうなるとこれかな?

でもこれだとこっちのタブレットと値段変わらないか、どうかするとタブレットのほうが安くなる。



 
インターネットやメールの送受信なんかも出来るだけタブレットがましじゃね?という考えがちらちらよぎるのだけれど、近頃めっきり目が疲れやすくてスマホやパソコンの画面を長時間見るのがつらい。

やはりこれで決まりかな?いややっぱり本を読むだけだから一番安いほうでいいや・・・


 
などと13ヶ月目の給料がいつ支給されるのか今か今かと待ちながらこの堂々巡りを楽しんでいる。



日本に行ってきた。
2016-11-19-19-36-19

時々行く機会はあるのだけれど、いつもは仕事がらみなので余計気を使う同行員が居るのが常だけれど、今回は自分の運転免許証の更新が主な目的だったので、思いっきりプライベートの旅行だった。

免許証は即日交付してもらわないといけないので、前の住所地の免許センターに行かないといけない。
それでいつもの成田ではなく久々に福岡空港からの入国となった。

今回は嫁さんが一緒だったので、福岡を拠点にして、試験場のあるところまではレンタカーでの移動。

一番安いワゴンRを借りたのだけれども、スピードメーターについているライトが青になったり緑になったり。ついでの時々電池のようなマークがついたり消えたり。

どうやらエコな運転になると緑になるらしく、減速時に電池マークはつくようだ。
あとでネットで調べたらエンジンのアシストにモーターも使っているらしく、減速時には充電するようになっているらしい。

信号で止まるたびに勝手にエンジンも止まるし、発進のためにブレーキから足を離すと方勝手にエンジンが始動する。


車を返すときに満タンにしないといけないのだけれど、ガソリンの消費量が予想の3分の1くらいだった。

フィリピンもこういう車が増えるといいんだけれど、こちらの人たちは見栄っ張りが多いのか、無駄に大きい車に乗りたがる。

大きいほどえらくて強いんだというような雰囲気がなぜか根強い。
万年渋滞のひとつの要因だな。

停車のたびにエンジンが止まる車だと、フィリピンの渋滞じゃすぐバッテリー上がるんじゃ?と心配したけれど、ちゃんとエンジン停止しないモードもあるみたい。

やはり日本製はよく練れてるよね。
2016-11-23-08-41-38

福岡といえば長浜ラーメンに銘菓ひよこと勝手に自分のなかで代表選手と決め付けているけれど、
ひよこの顔が前と変わっている。

前は目が点だったはず・・・
と思って別のひよこを見たら点のやつも混じっている。
2016-11-23-08-37-01

味は変わらないけど微妙に進化してるんだろうか。

フィリピンでも最近はとんこつラーメンを食べられるところが増えてきているけれど、
どうかすっとフィリピンのラーメンのほうが高いしね。
400ペソ超えるところもあるんで、ラーメンいっぱいに1000円は出したくないしな。

今回は本来の長浜ラーメンにやっとありつけた。
2016-11-19-19-15-39

しかしこのラーメン屋さんは結構お客さんが入っていたけれど、3人でよくまわしていた。
フィリピンだと倍の店員さんがいてもだめなんだろうな。

やはり日本はすごいのね。
再認識するけれど、そのすごさもプレッシャーとトレードオフか。

日本でも最近はおなじみなのかな?例の大統領に変わってから、いろいろとわれわれの生活にも変化が見られる。

マニラ近辺はナンバーコーディングといって、車のナンバープレートの末尾番号によって車を使えない曜日が毎週1日くる。

コーディングの日でもマカティ以外であればウィンドウタイムといって10時から15時までは使えていたのだけれど、それが廃止。

コーディングの時間は7時から19時までだったので、私の場合毎週火曜日のコーディングの日は、早めに出勤し7時までにコゾーを学校に送って出社していた。

帰りは居残りして19時になるのを待って帰宅していたのだけれど、ウィンドウタイムの廃止に併せて、夜も20時まで延長となった。

日本で技工士をしていたころは毎日夜10時11時、ときには午前様だったので19時が20時になっても一向に構わなかったろうけど、最近はいつの間にかそういう生活からは足を洗っているので、やることもないのに会社でぶらぶら待っているのはやはりもったいない。

それでまた久しぶりに自転車通勤にすることにした。
毎週火曜日のつもりだったけれで、土曜日もコゾーの新しい授業のスケジュールとかみ合わなくて、こちらも自転車通勤にすることにした。

土曜の朝は平日より車は少なめだし、逆に帰りの時間は週の中で一番渋滞がひどいとき。

雨季も終わったししばらくこのパターンかな・・

飯もうまいし、弱りかけた足腰のためにもよかろう。

image

 

前に2回ぐらいこの話題は書いたような気がするので、今回はその3・・

image

ちょっと前に華僑の友人にもらったそれ系のサプリ。
ずっと使う機会はなかったのだけれど、先日やっと・・・

その結果報告。
友人がいうにはほかのサプリと違って事後頭が痛くならないとか。

実際本当に頭は痛くならなかった。
効き目もちゃんとあったし、カプセルの割には効くのも早かった。

前に書いたハネムーンティーはお湯に溶かして飲むお茶みたいなものなので、
こちらも効果が現れるのは早い。

こちらのコンビニやスーパーでも売ってる、ロブーストという錠剤のものは効果が出るまでに時間が少しかかったような気がする。

バイアグラはもっと遅かったかな。

この青白のカプセル、飲んで30分もするとなんか血行がよくなってくるような感じがする。
ことに及べば、ちゃんといつもとは違う機能回復を実感できるけれど、何回戦もOKというようなものじゃないような気がする。

こればっかりは相手と状況しだいというところもあるのか・・・

一番ありがたいのはほかのサプリに比べて頭が痛くならない。
その代わりその晩は足がほてってなんか寝苦しかったな。

友人は試しにと、1錠だけくれたのだけれど、「この間のやつ聞いたから買うわ」
と一瓶買うつもりだったのに写真の3錠だけしかくれなかった。

おまけに今回もラベルははがされている。

なんか秘密があるのかな?

今度チャイナタウンに行って探してみようか、どうせ出所はあそこだろうしな。
 

街中でよく見かける交通巡視員や警官、ガードマンさんなど腰のベルトに鍵とかぶら下げているんだけれども、なぜかかなりの高確率で爪切りもぶら下がっている。

身だしなみにはフィリピン人決行気を使うのでその一環か?

その割にはいい爪きりがなくて、こちらにくる前から持っていた日本製の爪きりをずっと使っていた。
・・でも紛失。

時々、自分にとっては結構お気に入りの金属製品が忽然となくなることがある。
どっかで落としたというような覚えがないもの、家にしか置いていないものでもホント忽然となくなる。

早々頻繁にあることじゃないのだけれども、自分の中では何かの厄落としのように考えることにしている。

たぶん何かよくないことが起こる身代わりになってくれたのではと。

爪切りもしばらくこちらで売っているものをつかっちたのだけれど、やはりあの日本性のさくっと切れるかんじにはかなわない。

例によってアマゾンで購入し運び屋さんに持ってきてもらった。
嫁さんの頼まれもののついで。

image

なくなったのはこれの緑色だった。
Made in Japanの文字が誇らしげじゃないか。

黄色いナイフはこれもいつも使っているもので、自分にはこれが一番便利で使いやすい。

このナイフも今までに何本かなくしているな。
まあ、こっちはいつも持ち歩いていたりするものなのでたぶんどっかで落としてるんだろうけど。

メーカーはスパイダルコといってアメリカのメーカーだっけか?
でも確かこれもMadein Japanなんだよな。



 

↑このページのトップヘ