海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

2016年03月

image
嫁さんと二人でそと飯。
二人とも帰宅が遅くなったので、家に戻っても料理する気力がないとのことで そのままじゃあどっかで食べていこうと・・・

前に行った韓国料理のお店に行った。

給料日直前だし、嫁さんのほうはそこまで空腹じゃないということだったので豆腐チゲという料理に追加でご飯を一つ。

チゲにはご飯が一つセットになっているらしいので、それぞれご飯がつくことになる。

チゲだけじゃ物足りないかもしれないけれど、付け出しがいろいろと着いてくるので、結局十分腹いっぱいになった。

これで料金がこみこみで400ペソちょうど。
なんかコストパフォーマンスの良さに感心するより、ちょっと申し訳ないような気になったっけ。 

中華料理より韓国料理のほうが日本人にはなじみやすいのではなかろうか。

周りが韓国人ばかりで、言葉の意味が分からないせいもあるのだろうけれど、
なんか騒々しく感じるときがあるのはしょうがないな。

ご飯はなぜか赤飯が出てきた。
普通に日本の赤飯と変わらないのだけれど、ごま塩がないのは残念。 

自分でパソコンを買ったのは、日本にいたころなのでもう10年以上前のことになる。

会社に行けばパソコンはあるので、大体の用事はそこで済んでしまうけれど、
最近ときどきセミナーのようなものをやる機会があり、
やはりどうしてもパワーポイントは必須。

大体の会場はプロジェクター用にパソコンがあるので、USBメモリーに入れていけばいいのだけれど、
ときどき不安になるときがあってね・・・

プレゼンをやる人が それぞれノートパソコンを持ってくる場合がある。
今のところパソコンがなくて恥ずかしい思いをしたことはないのだけれど、
最悪他人のパソコンを借りる可能性も無きにしも非ずなので、
私のパワーポイントはアニメーションを一切使わないし、念のためすべてのページをJPGで保存してコピーを取っておくようにしている。

メールやウェブサイトのチェック、ブログの更新くらいはスマホで事足りるのだけれど、
最近大学生のこぞーがやはりパソコンがいるのだとかなんとか・・・

奴の携帯電話は今時珍しい初期のガラケーだしね。

いつもお世話になるアマゾンで探すと、今は中古のパソコンも売っている。
しかも日本の場合、型遅れや中古のこういったデジタル機器はフィリピンより安い。

きびしい予算の中で見つけたのは2012年モデルとか。
それでも自分で最初に買ったノートパソコンに比べれば、値段は 5分の一だし、
スペックはあれに比べればスーパーコンピューターといってもいいのでは・・

届いたパソコンは中古の割にはまるっきり新品のように見えるし、上さえ見なければとても満足のいくものじゃなかろうか。

ただ・・・CTスキャンのデータをSTLファイルに変換するソフトが、メモリー不足で動かないとでた・・・

5G以上のメモリがないとダメなんだと・・

image

写真は関係ないけれど、夜のクリニックにたたずむデンタルチェアー。
メンテナンスのために目いっぱい高い位置に伸ばされた状態が、なんか寂しげにたたずむロボットに見えて撮った一枚。

 

また最近アマゾンでメスティンを買ってしまった。

これまでに都合、小さいメスティンを3個、大きい方を1個買ったことになる。
小さいほうはこぞーが弁当箱にしていたけれど、学校に忘れてきてそのまま紛失。

一番長く使ってきたメスティンで、ふたの部分をフライパン代わりにしていた時に強火で溶かしてしまった痕が残っていたし、見た目汚いので多分ゴミとして捨てられたんだろうな。

大きいほうはわたしの弁当箱として現役バリバリ。

今回アマゾンで買ったのは小さいほうだけれども、同時期に購入した例の五島うどんのサイズにぴったり合う。

以前にもマルタイ棒ラーメンがぴったりということを書いたような気がするけれども、この五島うどんもアウトドアに持っていけるではないか。

多分当たり前のサイズの五島うどんだと怪しいかもしれないけれど、私が購入したのはサイズ合わせで切り落とされたほうのちょっと短くて不揃いなほう。

これだと値段もお得で普通に3食分入っているし、袋にはチャックまで付いている親切さ。

これにアゴだしの粉末スープがあれば、いつでもどこでも熱々の五島うどんを食べることができる。 

アウトドアズマン御用達になれるんじゃね?とアマゾンのレビューにでも書いて販売促進に貢献してみようか。

image
 

最近食べたものの中でおいしかったものを少し・・・

だいたい困窮邦人だから何を食べてもありがたく、美味しくいただけるんだけどね・・

ショッピングモールにはいったクリニックでの仕事のあと、嫁さんと合流しておそーい昼食。
きれいな店構えの割には庶民的な値段のフィリピン料理の店。

小さいイカのオリーブオイル炒めとオクラの蒸したものにご飯だけ注文し、嫁さんと分けて食べた。
2016-03-23-15-03-31
かわいらしい子イカの大量虐殺には心がいたんだけれど、うまかった。
オクラも削りぶしに醤油があれば最高だったけれど、やはりへんに凝ったことしないでシンプルに蒸したり茹でたりの方がうまいね。

2016-03-22-20-05-40
こちらはマカティのさるビルの地下にある台湾料理のレストラン。
台湾人か中国人かわからないけれど、中国語で賑やかな店内。

やはり母国料理が口に合うんだろうな。

写真のお茶は果物と蜂蜜が入ったお茶で、ポットの下には小さなローソクに火がついていていつまでも熱いままで飲める。

なんか最近デトックスにいいとかで、職場でも水筒に果物のかけらを入れて持ってくる人がいたな。

韓国料理もそうだけれど、こういうレストランは意外と安い値段で料理が出てくる。

でも日本食レストランとなると日本より値段が高かったりするんだよな。

もちょっと普通の値段で日本食も食べられればいいのに、なんか日本の物というだけでなんでもブランド的になっているのはいかがなものか・・・
 

学校も夏休みに入りこぞーは友達のところに泊まりに行ってる。

夜間徘徊のパートナーがいないのだけれど、仕事が一区切りついたところで気分転換に一人で徘徊に出た。

朝方自転車に乗るとジジイ率がかなり高いのだけれど、夜だと若い人ばっかりなのね。

最近ビルがあちこちに立ち並び始めた一角。
コールセンターの入ったビルがあるようで、夜中でも結構コールセンターのIDを首からぶら下げた若い人たちで賑わっている。

付近の飲食店なんかもそんな人たちを当て込んで、24時間営業のところが多いし、
夜中に小腹が空いたらこぞーとこの辺に来ればいいねとつねづね話していた。

2016-03-25-23-40-52
なんかロボットにでも変身するのではというようなビル、ここは丸々コールセンターが入っているみたい。

この新しいビルにスタバもできているのだけれど、いついっても人が多い近隣のスタバとちがって、目立たないせいもありお客さんがほとんどいない。

一人では入りにくいと思いながらも、冷たいバニラシェークが飲みたくて入ってみた。

だいたい困窮邦人のくせしてスタバに入ろうかという時点で大間違いなんだけれど、
たまには生きるよろこびも作り出さないとな。

レジにはメガネ美人の店員さんがいて、みすぼらしいなりのジジイにも笑顔で対応してくれる。

胸のネームプレートを見るとHopeちゃんというらしい。

「おー希望が微笑みかけてくれているじゃないか」と勝手な解釈をしてちと幸せな気分になった。

最近新しい仕事の芽が出だした頃で、このまま上手く軌道に乗れば困窮邦人脱出できるかも、という時期なのでちょっとゲンが良かったな。

またブタの貯金箱の5ペソ硬貨貯金がいっぱいになったら行くことにしよう。
それまでHopeちゃんが辞めずにいてくれればいいけどね。

2016-03-25-23-50-06

店内からの我が愛車。

2016-03-25-23-59-32

バニラシェイクをジュルジュルいわせて堪能したあと、帰る前に我が愛車の写真を撮ろうとしていたらガードマンさんが出てきて微妙な距離を保ち出した。

そういえば、入る時にはガードマンいなかったな・・・
多分休憩だったのかトイレだったのか。

私が入るところを見ていないので、多分自転車を盗もうとしているジジイに見えたんじゃなかろうか。

自転車に手をかけたら取り押さえられるんじゃないかとビクビクしながら、なんとか捕まらずに退散してきた。

店内から見えるところだったんで鍵もかけずに停めていたんだけれど、
やはりこういうことがあるので鍵はかけたほうがいいような気がする・・

 

↑このページのトップヘ