海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

2016年01月

フィリピンに10年住んでいるわりにはリゾートらしいところにほとんど行ったことがない。

困窮邦人からこれ以上転落しないように、毎日仕事にいそしんでいるせいだな。

昨日の日曜日はアメリカからのお客さんの要望で、タガイタイというところに行ってきた。
運転してくれるひとが別にいたのでこれは大助かり。

タガイタイというとマニラ中心部からでも車で2時間足らずでいけるところで、
何度か行ったことはあるのだけれど、昨日は今まで行ったことがない火口湖まで行ってきた。

途中誰がどうやって見つけてきたのか知らないけれど、蜂蜜製品を製造直売しているところに寄道。

正確には蜂蜜だけではなく、ビーズワックスやプロポリス、またそれらから作られるシャンプーや石鹸というものを売っていた。
2016-01-24-13-54-49

メインストリートのほうに看板が出ているとはいえ、そこからかなり入り込んだところで、しかも車一台やっと通れるような未舗装の道をたどっていく。

境界がわからないけれど山の中のその場所は結構広いのだろう、鶏や犬が何匹も放し飼いになっている。
2016-01-24-13-55-19

道々路地ものの野菜や果物を売っているところもあった。
日本でいう田舎にある無人販売の趣だけれど、こちらはしっかり店番がいる。

不治の病にでもかかったら、このあたりに移り住んでこういった地物の食べ物と蜂蜜関連の製品で生活すれば治るんではなかろうか、などと考えながらボーっと見ていた。

蜂蜜関連でプロポリスから作られた液体なんか、説明書を見ると免疫力アップとか書いてあるしね。

image


やはり口コミかなんかで広まっているのだろう、ちょっとお金持ち風のヒトや外国人が買い物していた。

そこからまた大通りに戻ってタール湖という火口湖が見えるあたりで昼食。
初めて入ったレストランだったけれど、きれいに掃除と手入れが行き届いているのがよくわかるレストランだったのが印象的。
2016-01-24-15-30-09

2016-01-24-15-27-28


その辺までは何度か来たことがあるのだけれど、今回はそこからさらに下に下って湖畔まで下りていった。
2016-01-24-16-15-36

2016-01-24-16-09-48

プールも砂浜もあり、海辺と錯覚しそうなくらい結構きれいなところだった。
岸に近いところの水面に、水草が長く揺れているので海じゃないのが感じられるくらいか。

2016-01-24-16-22-42

ここもきれいに手入れされているところだった。
宿泊ももちろんできるようだけれど、高いんだろうな。

2016-01-24-17-54-31

近くには観葉植物を売っているところもあり、やしの実から芽が出ている鉢植えがちょっと欲しかった。 

たまには泊りがけでこういうところでリラックスできる身分になりたいものだ。 

image
保存した写真から勝手にアプリがパノラマ写真を合成してくれたんだけれど、
ここに貼り付けたらどうなるんだろう?

あープレビューでみたらただ小さく切られた写真だな。
あたりまえか・・・

こぞーは学校が始まったら毎朝早起きして学校に行くし、
帰ってきても勉強があるとかでなかなか自転車徘徊に付き合ってくれなくなった。

大学生活の経験はないんでわからないけれど、こっちの大学はなかなか忙しいのね。

この間の日曜日は宿題とかで、かえるの骨格の色塗りを手伝わされた。

今日はただのお目汚しです、失礼! 

ちょっと風が強い日になると街のうえに沈殿している排気ガスが吹き飛んでなかなかきれいになる。

ビルの上のほうから遠くを見ると空の下と上の色が違うのがよくわかる。

そういえば初めて東京に行ったときに電車の窓から遠くを見ると、同じような空気の色違いが見えたのを思い出す。
今の東京はいつの間にかきれいになって、そういう光景も見れなくなったような・・・
やはり車の排気ガスなんだろうな。

この日昼間から自転車で徘徊したときは前日の風があって結構きれいな青空が広がっていた。

2016-01-17-15-17-36

こちらは河口から市外を望んだところ。
川自体はくさくて水も汚いのだけれど、青空を写した写真だけで見るとなかなかきれいね。

2016-01-17-13-16-42
 

今週は月曜日からなぜかひどい渋滞だった。
2016-01-20-15-17-56

スマホのグーグルマップがいつの間にか進化していて、渋滞状況も表示されるようになって、
しかも目的地まで最短時間でいけるコースを選んでくれる。

こちらに来たばかりのころは、日本のようにナビゲーションシステムどころか、
紙の地図を買っても結構適当で、道案内の役に立つようなものじゃなかった。

いつの間にかスマホで表示されるマップは結構正確で、最近アップグレードされたのか、
目的地までのルート上の渋滞状況を黄色や赤で表示してくれるようになっている。

これはやはり車を使うものとしてはかなり助かる。

毎日通る通勤の道だけれども、渋滞をなるべく回避するためにいろいろと裏道を探すのによくグーグルマップを使うようになった。

それでも時々勝手に道が閉鎖されていたり、というのがあるけれど、余計な頭を使わなくていいのはいいね。

マニラで運転すると気を許せない場面ばかりで、なるべく頭の負担は減らしたいところ。

月曜日も渋滞を避けていろいろと裏道を選んだつもりだけれど、それでもやはり避けることができない部分が出てくる。

こういうときには道々目に付いたものを写真にとって暇つぶしをするしかない。
2016-01-18-20-06-08
とまっているジープニーの向こう、道端の薄暗い屋台みたいなところで、子供が店番しながらなんか作っていた。

2016-01-18-20-07-02

ラブホテルの入り口。
やはりこのビラビラは定番なのか?

2016-01-18-20-04-52

授乳している若いお母さん。
昔は日本でもこういう光景が時々見られたような気がする。

ごらんのとおり外で生活する人たちなのだけれど、なぜかこのお母さんは始終ニコニコ楽しそうにしていた。
こういう笑顔を見ると何が幸せなのかわからんになってくるね。

仕事があって定収入があっても、毎日プレッシャーにさらされて、通勤は渋滞でいらいら。
やはり失うもののない強さというのはあるみたいね。
 

いつものお気に入りの場所へまた自転車で。

だんだんと知られてきたのか、幾たびに人が増えている、特に夕日が沈むころは結構な人たち。
2016-01-17-18-02-40


途中には遊覧船なのかこういう船も泊まっている。
2016-01-17-17-58-18

 
マニラ湾の入り口、ちょうどコレヒドール島の少し右側に沈んでいく夕日だった。
コレヒドールの島影も肉眼では微妙に見ることが出来る。 

2016-01-17-18-44-19

これだけのきれいな夕日を見せられるとなんかありがたい気持ちになってくるな。
次は道具を持ってきてコーヒーでも淹れてみようか・・・

2016-01-17-18-45-58
 

↑このページのトップヘ