海外逃亡してしまいました

保証かぶれや経営する会社の経営不振。これでもかこれでもかと降りかかる災難の中、自殺まで考えたがフィリピン移住に活路をみつけ第二の人生に邁進中。海外逃亡のいきさつからフィリピン移住の参考にまでささやかなお役に立てますように・・

2015年01月

IMG_4418

最近日本のラーメン店の進出が目覚ましいフィリピン。

だいたいが結構高級な場所に出店しているし、値段もラーメン1杯400ペソくらいだったりする。
今、ペソに対しても円安で、一万円をペソに両替すると3745ペソくらい。

しばらく前までは4200ペソ くらいだったし、記憶の中で一番高かったころは5300ペソという頃もあった。

今のレートでラーメンを換算すると400ペソのラーメンは千円超えることになる。

昨年日本に何度か帰った時にラーメンも食べたのだが、800円くらいだとなんか高く感じたっけ。
トッピングだ替え玉だで1000円超えると自腹では食いたくなくなる領域の値段。 

でも数字のマジックというか錯覚なんだろうけれど、フィリピンでラーメン食べに行って400ペソは何となくだしてしまう。

まあ、こちらで稼いでこちらで消費してるんで円と換算することはあまり意味がなかったりするんだけどね。

でも400ペソというと、フィリピンの中心地マカティの最低賃金も日給400ペソちょっとだったと思う。

400ペソのラーメンを食べている人たちはというと、別に日本人や外国人ばかりではないし、どちらかというとフィリピン人のほうが多いようだ。

もちろんそういう人たちは最低賃金で働いているような人たちでもないんだろうけど、それでもそれなりに裕福な人たちが増えていることの証明になるんではなかろうか。
日本ブームは根強いものがあって、朝から人気タレントが日本に行った紹介なんかを毎日のようにやっている。

日本食やラーメンを食べるのもある種のステイタスみたいになっているのを感じる。

知り合いの華僑系のフィリピン人は日本食材を日本から輸入してモールやスーパーマーケットに卸している。
聞けば週にコンテナで4、5台動かしてるのだとか。

ほんの数年前までは手提げ袋に商品見本をもってジープで得意先を見つけて回っていたのだけれど、現在では億ションを購入してBMWに乗っている。

やはりフィリピンは今バブルまっただなかといってもいいようだ。 

先日日本からレストラン出店の視察に見えていたグループがあって、ラーメン屋も各所見て回ったのだが、人気店は1日に700杯のラーメンを売っているのだとか。

今のレートだと日本のラーメンより単価が高くて、おまけに店舗代、何より人件費が安い。
「なんかいやんなるね・・・・」というのがかの人たちの感想だった。

IMG_4420

最近オープンしたラーメン店に並んでる人たち。
この日は台風で学校や職場はほとんど臨時で休みになったような天気。
幸い被害が出るほどの荒れた天気ではなかったけれど、それでもこの行列。
並んでる人はほぼフィリピン人だった。

100人近く並んでいたっけ、たぶん最後のほうがラーメン食べれるのは1時間後くらいだったと思う。

 

image
前の話題マサオ君のいる駐車場で今朝見かけた子猫。
まだ目も開いていないような子猫で、どっから紛れ込んできたのか車の間を母猫を探しながらさまよっている。

ホント、虫かと思うような小ささでその後どうなったことやら。

今朝自宅を出るときにマサオ君にやろうと犬用ビーフジャーキーを3本持って出たのだが、駐車場に行く途中にもやせ細った子猫がおり、ジャーキーを一本やると途端にかじりついていた。

次にこの虫のような子猫。
さすがにまだ母乳が必要な子猫でジャーキーは食べることができないし・・・

動物好きにはいろいろと見ていてつらい現実があちらこちらにあるフィリピン・・・・・ 

image
 

image
通勤途中信号待ちで並んだ庶民の足ジープニー。
なかなか日本では運転席を見る機会が ないかもだからちょっと紹介。

一日のノルマを稼ぎ出すまではこの運転席から出られないように、鉄格子と南京錠がつけてある。

というのは冗談で、防犯のためなんだと思う。

南京錠自体がよく見ると機能してないしね。

だいたいスピードメーターやタコメーターなんてついてないし、その辺の場所には木の引き出しがつけてあってお釣り用のお金が入っていたりする。

この間タクシーがつかまらなくて試しにジープニーに乗って帰ったのだが、結構乗っていたのに運賃が8.5ペソ。タクシーだと’初乗りが40ペソだけれど、距離的に100ペソは払わないといけないくらいの距離が8.5ペソ。 

今の円との換算レートだとペソを2倍強くらいにすると円になるかな?

ジープニーが庶民の足として欠かせないわけがわかるね。

タクシーでも日本人の感覚からいけばかなり安いんだけどね。

ただホールドアップに合う確率は高くなるのでそのリスクはある。
乗客に交じって乗ってるホールドアッパーが突然銃やナイフを突き付け足り、知らない間にポケットやバッグを剃刀で切られるらしい。

タクシーもよく運ちゃんがホールドアップに豹変する話をニュースでよく見るし、利用する方はご用心。

最近はトヨタの新しい型の車のタクシーも増えてきているのだけれど、いわゆるチャイルドロックを使うのだとか。

タクシーに乗ったら一度ドアが内側から開くか確かめたほうがいい。
変なとこに連れていかれて運ちゃんが狼に豹変したときに内側からすぐあかないとパニックになって逃げられないからね。窓を開けて外からドアを開ける方法もあるけどパワーウィンドウはエンジン切られると働かないし・・・

そういえば以前はタクシーに乗るたびに、韓国人か日本人か中国人かを運ちゃんによく聞かれたっけ。
日本人はチップもくれるしマナーもいいのでいいのだけれど、それ以外は運ちゃん曰くあまり乗せたくないんだとか・・・

最近は国籍を聞かれなくなったのはなんでだろう・・・・・



 

image
絶倫な友人のいうところの天然のバイアグラ
リコピンをトマトよりも多く含むスイカ。

この間出入りのデンタルクリニックお抱え技工士が病欠とかで、急きょ手伝いに行ったのだが、行きがけに見かけた例のスイカ売りが気になったので、ランチはそのスイカにした。

写真のように食べやすく切って売っている。
皮も取ってあるし食べた後はビニール袋だけでゴミもほとんど出ない。
これで25ペソなんで今のレートだと60円くらいだっけ?

これだけで結構腹いっぱいになった。
その日は結局夜10時まで残業だったけれど、スイカのおかげか何とか仕事は終わらせることはできたっけ。

リコピンは仕事で使い果たして下半身までは回らなかった。

絶倫の友人のレシピによると、アーモンドとスイカをジューサーにかけたのがいいのだとか・・・ 

ほぼ一年中、たぶん無農薬のスイカが食べられるのは果物好きとしてはやはりフィリピンは天国だな。

国中いたるところでココヤシの木は見かけるし、非常事態でも飢え死にすることはない最低限の安心感はある。 ココヤシの木からはなんと砂糖も取れるのだとか。しかも血糖値が緩やかに上昇する砂糖でお勧め。

前々回のつづき。

昨日は台風の影響で一日雨がそぼ降るマニラだった。
半袖で外に出ると肌寒く感じるほどで、ローマ法王の野外ミサに参加する人たち、または沿道で一目見ようとする人たちはかなり寒い思いをしたのではないだろうか。
image
写真は沿道の大型スクリーンでミサを見る人たち。
ミサの会場と法王が通る沿道では傘が禁止だったようで、みんなビニールの合羽を着ていた。
普段は雨季でもこの合羽は見かけないのに、よくこれだけ在庫があったものだ。


今日の朝はうってかわって爽やかな朝で 、空港に向かう法王を自宅から見送ることができた。

たまたま自宅が移動する沿道に位置していたので、遠めながら3回拝見することができた。

私はクリスチャンではないけれど、やはりあれだけの人々が集まっての熱気というか波動みたいなものがビンビンに伝わってきて、離れた場所からでも鳥肌の立つ思いをした。

600万人の人出だったとか。
たぶんこれもフィリピンならではなのではないだろうか。

image

日本では正式には教皇とという呼称が正式らしいのだけれど、個人的には法王のほうがイメージあってるね。
 

↑このページのトップヘ